福岡県

蔵本ウイメンズクリニック

先生・スタッフ紹介コラム 36Q&A回答 29 病院詳細

先生・スタッフ紹介

院長 蔵本武志 先生


プロフィール

我が国では夫婦の10~15%が「不妊症」であると言われています。不妊であるため不安になったり、周囲からプレッシャーを受けるなど、言葉では表現できない悩みもあると思います。現在では、不妊治療の分野も飛躍的な進歩を遂げ、以前ではあきらめざるを得なかった症状でも赤ちゃんを授かることの出来る時代になっています。

当院は、21世紀における理想の生殖医療を目指し、さらなるレベルアップを図るため、2003年10月に生殖医療センタービルを建設しました。ご夫婦のお気持ちや考えを尊重しながら、患者様お一人お一人に適切な治療を心と体のケアという側面から段階的に行っています。私をはじめとしたスタッフ一同が最高の医療を駆使して治療にあたります。気持ちをリラックスさせて、ご一緒にがんばりましょう。

昭和27年4月29日生まれ。
山口県柳井市出身。
日本産科婦人科学会専門医、日本不妊学会評議員、日本受精着床学会評議員、日本不妊カウンセリング学会監事、アメリカ、ヨーロッパ生殖医学会(ASRM、 ESHRE)会員、博多区医師会理事、JISART理事、福岡生殖医学懇話会 代表世話人、日本生殖医学会生殖医療専門医、福岡県医師会母体保護法指定医師、九州大学特任講師

蔵本ウイメンズクリニックのコラム&お返事


病院詳細

アクセス

住所 福岡県福岡市博多区博多駅東1-1-19
電話 092-482-5558
FAX
WEB http://www.kuramoto.or.jp/index.html

診療時間

受付時間 月・火・木・土9:00~12:00 14:30~17:00 水・金9:00~12:00
休診日 日・祝

診療写真


Webサイト

勉強会・説明会 http://www.kuramoto.or.jp/event/c1_p1.html
スタッフレポート http://www.kuramoto.or.jp/report/index.html
ニュース http://www.kuramoto.or.jp/news/index.cgi

診療案内

欧米では、医師を含めた数名の専門スタッフで医療活動を行う、「チーム医療」としてのスタイルが確立しています。当クリニックも、優秀なスタッフたちのチームワークによるシステム化された医療を目指しつつ、思いやりを持って患者様に接しながら不妊治療に取り組んでいます。

【チーム医療】
医師だけでなく、胚の発生の知識や培養技術を持つ科学者、不妊治療の説明や相談を受け持つ体外受精コーディネーター、ナース、事務スタッフ、さらに多くの不妊患者の皆様が抱えている心の悩みをケアする臨床心理士、全てのスタッフがそれぞれの高度な知識・優れた技術を集結して、一丸となって皆様ひとりひとりにより良い治療を提供します。

●インフォームド・コンセント(診療の内容、目的を十分に説明して、患者さんの納得を得る)を重視した、欧米式のシステムを採用しています。
●超音波画像を見ながら説明を受けますので、自分の体の状況がとてもよく分かります。
●カウンセリングを大切にしていますので、疑問に思っていることは何でもご相談下さい。

地図

※この情報は2015年03月06日に更新した情報です。正確な情報は クリニックのホームページ でご確認下さい。


おすすめ


  • 1/2

人気


  • 1/2


  • 0 Twitterでシェア
  • 0 Facebookでシェア
  • 0 Google+でシェア
  • LINEでシェア