• みんなの広場
  • 専門家Q&A
  • コラム

  • すべて

  • くらし身近な話題

  • 不妊治療治療と生活・健康

  • 妊娠・出産健康と生活

  • 子育て成長・教育・家庭

  • その他医療婦人科等の悩み

  • (駄)ココロと身体

  • すべて

  • 不妊治療Q&A

  • 漢方・鍼灸Q&A

  • 婦人科Q&A

  • すべて

  • くらしコラム

  • 不妊治療コラム

  • 妊娠・出産コラム

  • 子育てコラム

  • その他医療コラム

  • すべて
  • 人間関係
  • 健康
  • 仕事
  • 美容
  • ファッション
  • 家事
  • お金
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 漢方・鍼灸
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4〜6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月〜
  • その他
  • すべて
  • 0〜6ヶ月
  • 7〜11ヶ月
  • 1歳
  • 2歳
  • 3歳
  • 4〜6歳
  • 6歳以上
  • その他
  • すべて
  • すべて
  • 雑談
  • 独り言
  • 愚痴
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • すべて
  • すべて
  • 人間関係
  • 健康
  • 仕事
  • 美容
  • ファッション
  • 家事
  • お金
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 漢方・鍼灸
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4〜6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月〜
  • その他
  • すべて
  • 0〜6ヶ月
  • 7〜11ヶ月
  • 1歳
  • 2歳
  • 3歳
  • 4〜6歳
  • 6歳以上
  • その他
  • すべて
コラム   >   不妊治療の広場   >   その他   >   妊娠に重要な役割を担う、黄体ホルモン補充が便利に

妊娠に重要な役割を担う、黄体ホルモン補充が便利に

妊娠に重要な役割を担う、黄体ホルモン補充が便利に

日本の生殖補助医療分野にも天然型の黄体ホルモン腟座薬が登場。専用器具(アプリケータ)の先端に錠剤をはめ込み、腟内に自分で挿入するだけ。通院の必要がなく、注射剤のような痛みや腫れなどの負担を軽減。使いやすいと話題に!

妊娠環境を整える黄体ホルモン補充

黄体ホルモン(プロゲステロン)は卵巣から分泌され、妊娠との関わりが深い女性ホルモンの一つです。子宮内膜を整えて受精卵の着床や妊娠維持に重要な役割を担っています。生殖補助医療では黄体ホルモンを使った治療がおもに二つあります。

その一つが排卵誘発後に行う黄体ホルモン補充です。排卵誘発は一度に複数の卵胞の発育を促し、複数の卵子を採取して妊娠率を上げることが目的です。排卵誘発剤を使用すると卵巣から卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が活発になり、血液中の卵胞ホルモン濃度が通常より高くなります。すると体は卵胞ホルモンが十分にあると判断し、脳に活動を休止するよう命令を出します。その結果、黄体ホルモンの分泌が減少し、黄体機能不全を起こしやすくなります。これを予防するために黄体ホルモン補充を行います。 補充は採卵後、胚を移植してから妊娠判定までです。妊娠判定後は毎週1回血液検査を行い、投与が必要な場合は最長8週間まで補います。

もう一つは受精卵を移植する時に行う黄体ホルモン補充です。最近は凍結した受精卵を融解して移植する凍結融解胚移植が主流になってきました。凍結受精卵を移植するためには、排卵させない状態で卵胞ホルモンと黄体ホルモンを順次投与して、子宮内膜を人工的につくる必要があります。基本的に当院では月経の2日目から卵胞ホルモン(貼り薬)、15日目から黄体ホルモン(腟座薬)を投与して子宮内膜をつくります。この期間をホルモン補充周期といい、黄体ホルモン投与を始めて5日目に受精卵(胚盤胞)の移植を行います。

黄体ホルモン剤の種類と補充方法

黄体ホルモンの補充方法には内服薬、 筋肉注射、腟座薬の3通りがあります。
また黄体ホルモン剤は合成型と天然型にわかれます。さらに合成型には1日3回投与する内服薬と、週1回投与する筋肉注射があります。一方、天然型には1日3~4回の投与を必要とする筋肉注射と腟座薬があります。合成型と天然型は作 用が微妙に異なり、それぞれメリットとデメリットがあります。

当院では14年前から自家製または輸入による天然型の腟座薬を主体に使用しています。天然型の黄体ホルモンは内服薬にすると肝臓で代謝され効果が減少します。そのため、それ以前は天然型の黄体ホルモン補充には筋肉注射が良いとされ、当院でも筋肉注射を使用していました。しかし、天然型の黄体ホルモンは油性の粘液であることから、筋肉注射をする時に非常に強い痛みを感じたり、注射部位に腫れを伴うことがあります。そのうえ作用時間が3~4時間と短いため、 1日3~4回の投与が必要になります。このような患者さまの身体的、精神的苦痛をやわらげたいと思い、腟座薬に切り替えました。さらに当院の長年の臨床データをみると、天然型の腟座薬を投与した患者さまの妊娠率が高いことも採用の大きな理由です。妊娠中に使用するものですから、より自然に近い成分にこだわりたいと考えています。ただ、天然型の腟座薬を投与しても作用には個人差があります。なかには血液中の黄体ホルモン値が当院の基準(9ng/ml)を下回る患者さまもいらっしゃいます。このような場合は妊娠率が低下し、流産率が上昇すると判断して、天然型の腟座薬に合成型の黄体ホルモン剤を追加することもあります。

ちなみに合成型と天然型にかかわらず、一般的な黄体ホルモン剤は基礎体温を上昇させる作用があります。基礎体温を計測しても高温相ができるので患者さまも安心されます。例外として、合成型のジドロゲステロン(デュファストン®錠)は体温を上昇させる作用が弱いため、高温相になりにくい特徴があります。この薬剤を使用されていて、高温相にならなくても薬剤の効果はあります。心配されることはありません。

より使いやすくなった腟座薬に注目!

最近は国内でも腟座薬が発売されています。当院の自家製のような従来の腟座薬は油性ですから、腟内で溶けた後、腟外に漏れ出して患者さまが不快な思いをされることがありました。また薬剤は自分で腟の奥に挿入しなければなりませんが、自分の指で奥まで入れるのが怖く難しいといった声もありました。それにくらべて国内初の腟座薬は微発泡タイプです。腟内で速やかに溶け、腟内に漏れ出しにくいよう工夫されています。また専用器具(アプリケータ)を使って座薬を腟の奥まで簡単に自己挿入することができます。これは当院の女性ドクターにも使いやすいと好評です。

黄体ホルモンは着床や妊娠の維持をするうえできわめて重要なホルモンです。天然型の腟座薬は、天然型であり注射剤ではないというのが大きなメリットです。腟座薬は腸や肝臓、心臓、血管を経由して作用する内服薬にくらべると数十倍の効果があるといわれています。腟から子宮までの距離が近いので、最も効果を上げたい子宮にダイレクトに届けることができます。その結果、子宮内膜に黄体ホルモンが非常に高い濃度で届き、高い効果が期待できます。

海外ではすでに天然型の黄体ホルモン剤が主流になっています。これから日本にも天然型の黄体ホルモン腟座薬の時代が来るかもしれません。

出典:女性のための健康生活マガジン jineko vol.25 2015 Spring
≫ マガジンの記事がすべてご覧いただけます!

塩谷 雅英先生【英ウィメンズクリニック】
島根医科大学卒業。卒業と同時に京都大学産婦人科に入局。体外受精チームに所属し、不妊治療の臨床の傍ら研究を継続する。1994年から神戸市立中央市民病院に勤務し、顕微授精による赤ちゃん誕生に貢献。2000年3月、英ウィメンズクリニックを開院。

おすすめ


  • 1/2

人気


  • 1/2


  • 0 Twitterでシェア
  • 0 Facebookでシェア
  • 0 Google+でシェア
  • LINEでシェア