お知らせ・イベント・特集

特集 子どもが欲しい42歳からの選択

特集 子どもが欲しい42歳からの選択
特集 子どもが欲しい42歳からの選択

不妊治療の公的助成制度に、「42歳まで」という年齢制限が加わりました。
これらはおもに医学的な有効性と安全性からの判断でした。
実際に、高齢になると不妊治療をしても出産できる可能性がかなり低く、妊娠後のリスクも高まります。
 
厳しい選択にはなりますが、これまでとは違った方法や選択肢も考えていかなくてはならない時期です。
そこで今回ジネコでは、考えられる3つの選択について取り上げます。

 
 
 

 
 
 
 

子どもが欲しい42歳からの選択

 
 
 
 

special feature article

  • 0 Twitterでシェア
  • 0 Facebookでシェア
  • 0 Google+でシェア
  • LINEでシェア