お知らせ・イベント・特集

グリスリンの効果について現場の医師にインタビュー

グリスリンの効果について現場の医師にインタビュー

原因不明の不育症にも“グリスリン”の効果を期待! 妊娠後も服用できる天然成分なので安心です。

「グリスリン」についてのさらに詳しいデータはこちら

マイタケから抽出された天然成分のサプリメント“グリスリン”。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の改善効果が期待され、多くのクリニックで使用されています。今回は、レディースクリニック北浜の奥 裕嗣先生にお話を聞きました。

  • レディースクリニック北浜 奥裕嗣先生レディースクリニック北浜 奥 裕嗣先生
    1992年愛知医科大学大学院修了。蒲郡市民病院勤務の後、アメリカのDiamond Instituteにて体外受精、顕微授精など最先端の生殖医療技術を学ぶ。帰国後、IVF大阪クリニック勤務、IVFなんばクリニック副院長を経て、2010年レディースクリニック北浜を開院。医学博士、日本産科婦人科学会専門医、日本生殖医学会生殖医療専門医。

多嚢胞性卵巣症候群の2つのタイプ

多嚢胞性卵巣症候群について教えてください。

 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の中でも、インスリンの抵抗性がある人と、抵抗性がない人の大きく2つに分かれます。多嚢胞性卵巣症候群の診断基準は、(1)月経不順がある(2)多嚢胞性卵巣症候群がある(3)テストロン値が高い。または、LHが高値でSFHが正常で診断されます。PCOSの中でも男性ホルモン値が高いタイプはインスリンの抵抗性を認めることが多く日本人のPCOSの約20~30%がこのタイプにあたります。

インスリンの抵抗性がある人に有効

“グリスリン”は、どのような方に有効ですか?

 当院では、“グリスリン”を多嚢胞性卵巣症候群の中でもインスリンの抵抗性があるような方に使用しています。具体的なインスリンの抵抗性を知るために、インスリン抵抗性指数とよばれる、HOMA-R(空腹時インスリン×空腹時血糖値÷460)を算出します。正常値を1程度とし、日本糖尿病学会の基準では、HOMA-Rの値が2.5以上の場合、インスリンの抵抗性があるとしています。ただ、日本人の多嚢胞性卵巣症候群は、HOMA-R2.5以上のインスリンの抵抗性がある人は少ないため、HOMA-R1.6以上の方におすすめしています。

排卵障害や卵子の質の改善に期待!

先生は現場でどのように使用されていますか?

 “グリスリン”は、排卵障害を改善する糖尿病の治療薬「メトフォルミン」と同じような働きをすることがわかっています。例えば、当院ではインスリンの抵抗性があり、排卵障害でクロミッドを服用されている方や、体外受精の時の卵子の質を改善させるためにグリコランを使用しますが、同時に“グリスリン”を併用していただくことがあります。
 とくに、HMGやクロミッドなどの排卵刺激に反応しやすいPCOSの方は、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)になりやすい傾向があります。このような方にグリコランを使用すると、採卵数は少し減りますが、OHSSのリスクが減少し、卵子の質が良くなることがあります。このような場合、“グリスリン”にも同様の効果を期待できるのではと考えています。

食品なので妊娠後の服用も安心

さらに“グリスリン”に期待することはありますか?

 原因不明の流産は、PCOSと関係しているとの報告があります。当院では、不育症検査をしても原因不明でPCOSが隠れているような方に、グリコランを処方して妊娠された例が複数あります。その中で妊娠後のグリコランの服用に抵抗がある方が“グリスリン”に切り替えて出産に至ったケースもあります。抗リン脂質抗体、血液凝固系、抗DNA抗体などの不育症検査をしても原因不明の不育症の方に“グリスリン”の効果が期待できるかもしれません。ちなみに、グリコランは米国のFDA基準では服用可能ですが、日本産科婦人科学会では服用が認められていません。その点で“グリスリン”は天然成分でできたサプリメントなので、副作用の心配がなく、薬の服用に抵抗がある方にも安心しておすすめできます。

「グリスリン」についてのさらに詳しいデータはこちら「グリスリン」についてのさらに詳しいデータはこちら


  • 0 Twitterでシェア
  • 0 Facebookでシェア
  • 0 Google+でシェア
  • LINEでシェア