お知らせ・イベント・特集

最高グレードの胚盤胞を育てたグリスリンとの出会い

グリスリンのユーザーさんにインタビュー 最高グレードの胚盤胞を育てたグリスリンとの出会いグリスリンのユーザーさんにインタビュー 最高グレードの胚盤胞を育てたグリスリンとの出会い

2年間の不妊治療の末、第1子に恵まれた舞さん。2人目で“グリスリン”を飲み始め、さまざまな困難を乗り越えて見事妊娠を実現しました。仕事に子育てにと大活躍の舞さんに、治療の経緯と“グリスリン”との出会いについて伺いました。

  • “グリスリン”とは?“グリスリン”とは?
    マイタケから抽出される、グリコプロテインという天然由来の成分。不妊症の原因のひとつであるPCOSを改善する働きがあることがわかっており、現在さまざまな不妊専門クリニックで、この“グリスリン”のサプリメントが使用されている。

「グリスリン」についてのさらに詳しいデータはこちら

思い切って不妊治療を公表 周囲を味方に

1人目のお子さんを妊娠した時も、不妊治療をされたそうですね。

「子どもは自然に授かるもの。結婚当時はそう考えていて、まさか不妊治療を受けることになるなんて思ってもいませんでした。3人姉弟の長女で弟夫婦には子どもがあり、家族は不妊とは無関係。自分も軽度の子宮内膜症があるぐらいで、それも治療する必要がないほどでした。20代ということもあり、普通に妊娠できるつもりでいたんです。
でも以前から月経周期は長めで、今考えると、兆候はあったのかもしれませんね。仕事が忙しく、あまり気にはしていなかったのですが…。
結局、不妊の原因はわからないまま、1人目から不妊治療を行いました。当時は卵管造影検査も怖くて受けられなかったので、タイミング法のみ。今になって思い返せば、もっと早く次のステップに踏み切っていればよかったですね。2年近く治療を続け、流産も経験しながら2013年6月に出産することができました。
主人が長男なので、子どもに対する周囲の期待は少なくありません。近所の方からも『子どもはまだなの?』とよく声をかけられました。1人目ができればなくなるかと思いきや、『2人目はいつ?』に変わるんですね。好意からいただく言葉なのですが、私にとってはプレッシャーでした。なので、1人目の時から、不妊治療をしていることは公表するようにしていました。声に出すと、おもしろいことに味方が増えるんです。同じように不妊治療をしている方がいたり、市の助成金制度があることを教えていただけたり。それに加えて、主人の応援も大きな支えになりました。『治療して授かるのも、自然に授かるのも、どちらも変わらない。何も憚ることはない。大変なのは女性だから、やりたいだけやればいい』といってくれたのです。主人が肩身の狭い思いをしないかと心配していたのですが、今では家事や生活面でもサポートをしてくれます。本当に感謝しています」

“グリスリン”が元気な卵を育ててくれた

お2人目の治療は、どうやって進めていかれたのですか。また、“グリスリン”はどこで知ったのですか?

「なるべく早く2人目が欲しかったので、産休中の2013年11月から不妊治療を開始しました。この時も自己タイミング法から始めて、1年ほどして人工授精に。排卵誘発剤を飲みながら6周期行いましたが、良い結果にはつながりませんでした。周囲から『そこまでしなくても』といわれたり、このまま治療を続けるなら、その分のお金と時間を長女にかけてあげたほうがいいのかも… と悩んだり。気持ちが不安定になり、クリニックの先生にきつく当たってしまうこともありました。でも、何度か化学流産を経験して、ちょっと吹っ切れたのです。排卵はできるんだ、着床が続かなかっただけなんだ、と。それで、頑張ってきた排卵誘発剤を減らして、自然周期でリラックスして取り組むように方針を変更しました。
“グリスリン”のキャンペーンに応募したのは、そんな時期でした。『自然のものだし、いいかも』という軽い気持ちからだったのですが、見事当選。まさに運命の分かれ道です。3カ月分いただいたので、2015年10月から1日3回、3錠ずつきっちり飲み始めました。体外受精に踏み切ったのは、その1カ月後です。不妊治療を開始してちょうど2年が経過していたので、これが終わったら少し休憩しよう、という考えもありました。それが1回目で7個採卵でき、そのうち4個が受精。2個を凍結胚盤胞にし、11月22日に移植のため融解しました。その結果にびっくり。なんと、融解した胚盤胞が最高グレードの5AAだったのです。排卵せずに苦しんでいた頃が嘘のよう。“グリスリン”が元気な卵を育ててくれたのか、移植後は無事着床し、現在は妊娠10週目に入っています。それから、予期せぬ副産物もありました。以前から病院に行くほどひどい便秘に悩まされていたのですが、すっかり解消したのです。これも“グリスリン”効果と、さっそく友人に勧めました(笑)」

子どもがのびのび育つ未来をつくりたい

現在は、すでに3人目のことを考えていらっしゃるとか。にぎやかで楽しいご家庭になりそうですね。

「2人目を無事に出産することができたら、3人目に向けて再び不妊治療に取り組もうと思っています。その時はまた“グリスリン”にお世話になりますよ。今だからいえることですが、1人目の時に“グリスリン”を知っていたら、もっと早く妊娠できていたかもしれません。もしかしたら、体外受精までせずに自然妊娠することも夢ではなかったかも。それほどの衝撃でした。
不妊治療は決して楽なものではありません。排卵誘発剤の影響で体重は増えるし、体はだるくなるし。体力的にも精神的にもつらい治療を、“グリスリン”に助けてもらうことができればありがたいですよね。そして何より、子どもは治療のつらさを忘れてしまうほどの喜びをもたらしてくれます。ひとりでも多くの人とこの喜びを分かちあい、子どもたちがのびのび育つことのできる環境をつくっていければと思っています」

「グリスリン」についてのさらに詳しいデータはこちら「グリスリン」についてのさらに詳しいデータはこちら


  • 0 Twitterでシェア
  • 0 Facebookでシェア
  • 0 Google+でシェア
  • LINEでシェア