• みんなの広場
  • 専門家Q&A
  • コラム

  • すべて

  • くらし身近な話題

  • 不妊治療治療と生活・健康

  • 妊娠・出産健康と生活

  • 子育て成長・教育・家庭

  • その他医療婦人科等の悩み

  • (駄)ココロと身体

  • ジネコ神社妊娠・安産祈願

  • すべて

  • 不妊治療Q&A

  • 漢方・鍼灸Q&A

  • 婦人科Q&A

  • すべて

  • くらしコラム

  • 不妊治療コラム

  • 妊娠・出産コラム

  • 子育てコラム

  • その他医療コラム

  • すべて
  • 人間関係
  • 健康
  • 仕事
  • 美容
  • ファッション
  • 家事
  • お金
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 漢方・鍼灸
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4〜6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月〜
  • その他
  • すべて
  • 0〜6ヶ月
  • 7〜11ヶ月
  • 1歳
  • 2歳
  • 3歳
  • 4〜6歳
  • 6歳以上
  • その他
  • すべて
  • すべて
  • 雑談
  • 独り言
  • 愚痴
  • その他
  • すべて
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • すべて
  • すべて
  • 人間関係
  • 健康
  • 仕事
  • 美容
  • ファッション
  • 家事
  • お金
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 漢方・鍼灸
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4〜6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月〜
  • その他
  • すべて
  • 0〜6ヶ月
  • 7〜11ヶ月
  • 1歳
  • 2歳
  • 3歳
  • 4〜6歳
  • 6歳以上
  • その他
  • すべて
みんなの広場   >   すべての広場   >   生命保険どこにはいっていますか?

ムック主婦 / 秘密


お返事する

生命保険どこにはいっていますか?

はじめまして。
この春結婚したばかりの新米主婦です。掛け捨ての夫の生命保険に入ろうと思っているのですが皆さんいくらぐらいの保障のものに入っているのでしょうか?また、お勧めの保険がありましたら教えてください。

2003.9.9 23:45

私も知りたい0


すべての広場一覧へ

ゆゆ専業主婦 / 22歳


わたし、以前の仕事が保険の営業でしたので、勤めていたところ以外はあまり詳しくありませんが、簡単な保険の種類や選ぶ際のポイントをお話します。
掛け捨てと言うことですが、本当に掛け捨てなら県民共済があります。月2〜4000円で保障型と万一型が選べます。(名前はわかりやすいように勝手に書いてます。)保障型は病気や怪我で入院したときの保障を大きめに、万一型は死亡した時大きめにってことですよね。あらかじめ、月々の保険料によって、保障額は決まっていますが、もっとここを厚くしたいと言う場合は、もういくらかの金額増しで大きくすることもできます。一年更新です。インターネットで資料請求できるはずです。
あとは、郵便局の簡易保険。簡易保険は必ず保険期間終了後に満期が来ます。でも、保障を手厚くすると保障分の掛け捨てはいくらか出ます。期間は保険種類によって10〜30年、終身もあります。最高保障は病気死亡で1000万の入院一日15000円。
どちらも、大体の病気怪我に対して支払われます。
ここまでは、一般の人がほとんど知っているもしくは入っているポピュラーなものと言えます。
あと、各保険会社の生命保険ですが、保障額はほぼ際限無しです。単純に言えば、掛け金が大きければ大きいほど、保障額も大きく出来ます。死亡したときに億の設定ももちろんあります。あと、どんな内容かは各保険会社に聞いたほうがいいと思います。
若い今は、保障は大きくなくていいから、あったら安心、家計に負担の無いものなら県民共済。
お金を貯めつつ、保障も欲しいのであれば簡易保険。
ちょっと大きく掛け捨ててもいいから、十分安心できる額の保障なら保険会社の生命保険。今は種類も豊富で、格安で大きな保障もいっぱいありますが。
デメリットもひとつ。
もし、入院や万が一亡くなってしまった時、もちろん、これらはないに越したことは無いですが、各保険を扱っている会社に支払いを請求しますよね。請求手続きが早いのは郵便局です。なにも問題がなければ、即時か一週間以内でお金が受け取れます。ただし、だいぶ前に書いたとおり、保障額はちょっと低いです。一家の主が家族を残して亡くなってしまった時、今のご時世、最高でも1000万では暮らしていけないですよね。
一方、請求してからお金を受け取るまでゆうに一ヶ月以上かかってしまうのは、各保険会社の保険です。それは前に書いたとおり、保障金額が大きいから。何千万、何億と言うお金を「わかりました。はい、どうぞ」という訳には行かず、何種類もの書類を出し、且つ加入していた保険に、請求してきた病気や事故が支払いの条件に当てはまるかなどを監査して、支払える場合、その度合いによって金額ががらっと違うからです。各保険会社の保険種類が多岐に渡るのは、支払いの条件が保険によって違うためです。例えば、ガン保険は、ガンをわずらった際にしか支払われないことが多いようです。つまり、普段罹るような虫垂炎や骨折当の入院手術では支払われない保険と言うことです。
長くなって申し訳ありません。最後にもうひとつ、保険は健康でなければ加入できません。これはどの保険にも言えることです。どこかの会社は病気をしても加入できると謳っている会社もありますが、知り合いが薬を飲んでいて頼みの綱で聞きに言ったら断られたそうですよ。
もともと病気持ちの人が保険に加入するってことはほぼ確実に、そして何回も支払いを請求されるって目に見えてますからね。あくまでも会社は経営が命ですから、みすみすお金が出て行くような保険は作りません。

2003.9.12 04:25

私もそう思う12

すべての広場一覧へ

この投稿について通報する

おすすめ


  • 1/2

人気


  • 1/2


  • 0 Twitterでシェア
  • 0 Facebookでシェア
  • 0 Google+でシェア
  • LINEでシェア