• みんなの広場
  • 専門家Q&A
  • コラム

  • すべて

  • くらし身近な話題

  • 不妊治療治療と生活・健康

  • 妊娠・出産健康と生活

  • 子育て成長・教育・家庭

  • その他医療婦人科等の悩み

  • (駄)ココロと身体

  • ジネコ神社妊娠・安産祈願

  • すべて

  • 不妊治療Q&A

  • 漢方・鍼灸Q&A

  • 婦人科Q&A

  • すべて

  • くらしコラム

  • 不妊治療コラム

  • 妊娠・出産コラム

  • 子育てコラム

  • その他医療コラム

  • すべて
  • 人間関係
  • 健康
  • 仕事
  • 美容
  • ファッション
  • 家事
  • お金
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 漢方・鍼灸
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4〜6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月〜
  • その他
  • すべて
  • 0〜6ヶ月
  • 7〜11ヶ月
  • 1歳
  • 2歳
  • 3歳
  • 4〜6歳
  • 6歳以上
  • その他
  • すべて
  • すべて
  • 雑談
  • 独り言
  • 愚痴
  • その他
  • すべて
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • すべて
  • すべて
  • 人間関係
  • 健康
  • 仕事
  • 美容
  • ファッション
  • 家事
  • お金
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 漢方・鍼灸
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4〜6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月〜
  • その他
  • すべて
  • 0〜6ヶ月
  • 7〜11ヶ月
  • 1歳
  • 2歳
  • 3歳
  • 4〜6歳
  • 6歳以上
  • その他
  • すべて
専門家Q&A   >   漢方   >   漢方はホルモン値に影響しますか?鍼灸は着床を助けますか?

JINEKO事務局ジネコ事務局 / 17歳以下

31 / 14

会員


お返事する

漢方はホルモン値に影響しますか?鍼灸は着床を助けますか?

アンケートにてお寄せ頂いたご相談について、ジネコが先生に聞いてきました。

【ihuruさん(38歳)】
今年7月からIVFを開始しています。
9月中旬からフェマーラを内服し、現在採卵と凍結胚盤胞移植を予定しています。
3年前に子宮外妊娠と流産をしていて、PCOと判明したのは今年に入ってからになります。
体外受精専門クリニックの医師はツムラ23を内服することを拒んでいます。
ホルモン値に影響するという理由からですが、煎じ薬でもないのに本当に影響がでるのでしょうか。
また、採卵前日に鍼灸をしたら採卵当日は排卵済みで採卵できませんでした。
鍼灸との関連はありますか。
胚移植24時間以内の鍼灸は着床を助けると聞きました。効果はあるのでしょうか。

主な症状
・低温期の体温が高め
・高温期の上昇が遅く、途中で陥落が見られる
・いつ排卵したかわかりにくい
・高プロラクチン血症である
子宮筋腫内膜症、卵巣膿腫、子宮ポリープ、卵管癒着などがある
PCOS と言われている
・月経前はイライラしやすく、怒りっぽい。落ち込みやすい

2013.12.20 14:15

私も知りたい1

漢方一覧へ

大塚みどり 先生こだいら漢方堂


漢方はホルモン値に影響しますか?鍼灸は着床を助けますか?

3年前に辛い出来事を繰り返したことでストレスを抱え、慎重になっている印象を受けました。
それが基礎体温や症状に現れているようです。
中医学では陰陽バランスの理論から、低温期は陰、高温期は陽と分類します。卵胞ホルモン、黄体ホルモンも陰と陽の関係です。
このバランスがとれていることが子宮内膜の環境を整え、妊娠の近道になると考えます。

当帰芍薬散の服用を医師が拒んでいるとのことですが、当帰芍薬散は血を補い、めぐりを良くする補血薬としてよく使われます。
ihuru さんの場合、低温期の体温が36.5℃以上と高めなので、滋陰薬との併用がおすすめです。
いつ排卵したかわからない、低温期から高温期への移行に時間がかかっている点、排卵誘発剤を繰り返し使ったことなどで、陰血不足になったことも考えられます。
この時期は、血と陰を補う当帰、熟地黄などの補血薬と滋陰薬を併用することで、月経期に失われた血液量の回復、子宮内膜の増殖と卵胞の成熟をうながします。 
また、排卵期は陰が陽に変わる時期、滋陰薬を服用することで、低温期に陰が充実して卵胞の発育がよくなり、排卵がスムーズに行われ、陽に転換しやすくなります。

PMSや高プロラクチン血症があると、高温期の途中で陥落したり体温が不安定になります。
これを肝鬱気滞と考え、気のめぐりを良くする疏肝理気薬を服用すると緊張感がほぐれ、気持ちが安定し眠りの質が良くなります。
プロラクチンの分泌を抑える炒麦芽を併用すると、さらに性ホルモンの分泌が改善されやすくなります。
子宮筋腫内膜症、卵巣膿腫、子宮ポリープ、卵管癒着など、瘀血体質が原因で起こる疾病があるために、子宮内膜の環境が悪く、着床しづらいことも考えられますので、移植まで準備期間があるなら、適切な活血薬を加えてできるだけ瘀血をとり除くことが重要です。
適度な運動をし、体を冷やすような飲食は控えましょう。
これらを総合して、ihuru さんには月経のリズムに合わせて漢方薬を飲み分ける周期調節法をおすすめします。
血を養ってめぐりを改善する補血薬、婦宝当帰膠をベースに服用されるといいでしょう。
漢方、鍼灸、どちらも専門家によく相談していただくことが大事だと思います。

2013.12.20 14:17

参考になった1

漢方一覧へ

この投稿について通報する

おすすめ


  • 1/2

人気


  • 1/2


  • 0 Twitterでシェア
  • 0 Facebookでシェア
  • 0 Google+でシェア
  • LINEでシェア