HOME > 質問広場 > 不妊治療 > 顕微でも可能性が低いと言...

顕微でも可能性が低いと言われました。。。

2007.12.21 12:02    0 3

質問者: タコ助さん(34歳)

はじめまして。いつもジネコで勉強させていただいています。ちょっと長文ですがすみません。

もうすぐ結婚7年目に突入。これまでは仕事の都合で病院に行ったり行けなかったりで長続きしませんでした。これではいかん!と治療に専念するために、ハードでストレスの多い幼稚園教諭を退職し、有名な不妊専門病院に転院しました。

私は、卵巣機能が悪く、3年ほど前から40日〜50日も整理が来ないないことがざらになりました。
現在の病院での検査の結果FSH50〜80↑です。(3年程前からこの値です)なのに卵胞は大きくなり、この値なのに卵が育つのは、う〜ん…と、先生も首を傾げています。が、排卵はしません。

先日夫の検査結果が出ました。運動率0%
2回目の検査は1匹も確認できませんでした。
予想はしていましたが、0%の文字と男性不妊のハンコをカルテに押され肩が落ちました。
その日の夫は一日涙の日でした。何故かその日は私は泣いてはいけないと、必死で先生にも「動いてないけど居るんですよね?居たら何とかなりますよね?」なんて言ったりして…
でも2回目は話にならない状態でした。
夫のFSHも72と高く、自然妊娠はもちろん無理。顕微でも難しいと言われました。
先生の豊富な経験上でも、ここまで悪い条件のケースには出会ったことがないらしく渋い渋い表情で言われました。でもやってみないと卵の様子がわからないとのこと。精子が採取できた時に凍結保存し、一度挑戦してみないかと言われました。
私たち夫婦の気持ちも、もちろん挑戦はしてみようと思っています。
でも何とも言えない不安があるんです。今までも夫婦二人で生きていく道は、常に頭の片隅においていましたが、現実に真剣に考えなくてはいけなくなりました。
顕微授精について勉強不足なので、必死でいろんな事を見たり調べたりしていますが、予想以上の展開に頭がついて行けてないと言う感じで、ふと涙が出るころもあります。

夫はとても協力してくれますし、子供もほしいけど、治療においての私の身体を心配し、無理をしてまで欲しいとは口に出しません。
金銭的なことも考え、春から幼稚園に戻ろうかか悩んでいます。でも治療との両立の自信もありません。

みなさんはキツイ治療にも耐えてこられてるのに、こんなへなちょこ言ってる私なんてホント情けないと思います…、
こんな質問でもなんでもないような長文を、とりとめのない乱文を最後まで読んでいただいてありがとうございました。少しでも似たような経験をお持ちの方の話しが聞けたら嬉しいです。

応援する あとで読む

この投稿について通報する

回答一覧


タコ助さん初めまして。
タコ助さんの文章を読んで涙が出ました。
夫婦二人のお互いを思いやる気持ち、でも自分達ではどうしようもできない子供を持つというまでの道のり。
去年までの私達夫婦のようです。(と言ってもタコ助さんご夫婦ほどお互いに思いやっていませんでしたが)
私達夫婦は主人の精子数かかなり少なく運動率もかなり低かったんです。
顕微授精を勧められ3回しました。
でも受精せず私が精神的に参ってしまったため、主人と話し合った結果去年治療を止めました。
私達は夫婦二人で生きて行くことを決めました。
でも今でも「もっと治療を続けていたらこの手に我が子を抱けたんじゃないか」「私はまだ頑張れたんじゃないか」と思ってしまいます。
私達夫婦は子供が大好きなので・・・。
またもし気持ちの整理ができたら顕微授精に挑戦するかもしれません。
タコ助さん月並みな言葉しか言えませんが、不妊治療は先が見えません。
でもどんなに大変でも辛くても我が子を抱ける日が来るかもしれません。
その時は今の苦労を笑って話せるのかもしれません。
子供を諦めた私が言うのもおかしいですが、今の辛さがあるから未来は楽しいんだと思います。
頑張ってください。
そして、もしそれでも辛くなったら頑張らないでください。
私もいっぱいいっぱい泣きましたが、今はとても幸せです。

2007.12.21 22:19 15

ののん(36歳)


タコ助さん、こんにちは。
私の夫も、無精子症と判明したとき本当につらかったです。私も最初は、涙に濡れました。でも夫はなぜかあきらめず自分で情報を探し始めたのです。私もいろいろな本を読みあさりました。

夫のFSHの値が高かったですが半年のはり治療で改善がみられました。(残念ながら精子の数はゼロのままでしたが…)
私も一緒に通って子宮の様子を整えました。
半年後の精巣の手術で精子細胞がみつかり、凍結保存(10数回分)。3回目の顕微受精で今妊娠5ヶ月です。結婚して10年以上たってます。

いい、はりの先生(日本はりセンター)と、男性不妊に強い病院(セントマザー)に恵まれたことがよかったと思います。地元(東京)の病院で注射を打ってもらい体外受精や胚移植は九州へ通いました。

精子細胞で受精できる病院は日本でも限られていると思いますが(私もセントマしか知りませんが)、よかったら相談してみてください。

セントマにはじめて電話したときは院長先生に直接「だいじょうぶ!妊娠できますよ!」と明るくいわれました。自信があるんだなあって思いました。
著作「マンガでわかる男性不妊治療法 あきらめないで!赤ちゃん」もよかったですよ。

私は凍結した精子細胞を使い切るまでは続けるつもりでした。九州へ行くときは一人でしたが旅行気分でおいしいものを食べにいったりして、大変なだけじゃなく、なるべく楽しむようにしていました。
治療にお金がかかって贅沢はできなくてもより夫婦の絆が強まったような気がします。それって赤ちゃんを迎えるためにもいいことだったと思います。

一体験談ですが、もし参考になれば…

2007.12.22 14:45 10

雪゜。°。(38歳)


タコ助です。貴重なお話ありがとうございました。

ののんさんへ
私もののんさんのお返事を読んで涙が出ました。ツライ決断されたんですね。
今までは「できなかった時は二人の人生を楽しむわ」なんて友達に言ったこともありました。今考えると、よくそんな軽々しく言ってたなぁ…と思います。
その決断に向けて夫婦でよく考え、気持ちを整えながらも、ひとまず一度挑戦してみようと思います。
ののんさんの「辛くなったら頑張らないで」という言葉、心にしみます。温かいお気持ちありがとうございました。

雪゜。°。さんへ
いろいろな情報ありがとうございました。そして、妊娠おめでとうございます。
ただでさえ大変な治療を、遠くまで行かれたり、夫婦でいろいろなことに挑んだり…きっと他の誰にもわからないご苦労をされていると思います。でもかわいいかわいい宝物を授かると、吹っ飛んでしまうんでしょうね。
鍼治療はいいと聞くので、やってみようかなと思っています。そしてどうしようもなくなった時、二人で生きていく決断ができない時は、セントマザーのことを頼ってみるかもしれません。
ご主人の話を聞いて少し希望が持てました。ありがとうございました。お体大事になさってくださいね。

2007.12.23 01:59 13

タコ助(34歳)

1964

この投稿について通報する

この記事に関連する記事

この記事に関連する投稿

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

相談
する

Page
top