HOME > 質問広場 > 不妊治療 > IVF > 高刺激での連続の採卵をし...

高刺激での連続の採卵をした方いますか?

2012.2.20 22:05    0 1

質問者: うさぷりんさん(41歳)

 去年の7月から体外受精をしています。今までの経過は、次の通りです。
●7月・・・一回目採卵ロング法(23個、うち12個受精)、      新鮮初期胚移植→陰性
○9月・・・凍結初期胚移植→陰性
●11月・・・二回目採卵ロング法(12個、うち7個受精)、      新鮮胚盤胞移植(4AA)→陰性
●1月・・・三回目採卵ロング法(10個、うち8個受精)、
      新鮮胚盤胞移植(5AB)→陰性
 次の予定は、3月末なんですが、採卵するか、残っている凍結卵二分割(3×3、2×2)を使うか迷っています。
 理由は、「なるべく早めに採卵したい」、「3月末は仕事の都合が付く」、というのと、「毎回卵巣が腫れたままの新鮮胚移植だったので、凍結胚移植の方がよいのではないか?」「三回連続のロング法採卵には無理があるのではないか?」です。中でも一番気になるのは、「ロング法で連続の採卵は可能か?」ということです。もし経験のある方、情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、教えてほしいです。





応援する あとで読む

この投稿について通報する

回答一覧

私も昨年3回高刺激で採卵しました。

1回目:2月ロング法 胚盤胞4個 4ab 4cc3個
    すべて凍結し2回に分けて移植するも陰性

2回目:6月アンダゴニスト法 9個採れるが3個しか受精せず。
    G2 8分割・10分割胚移殖→陰性 凍結胚盤胞4ab→陰性

転院しAMHを初めて測定し卵巣年齢40代と判明

3回目:10月ショート法 初期胚盤胞1個 G1 4分割胚1個。    2つとも凍結し、今年の1月に2段階移殖を試み妊娠。


病院で言われたのは、卵巣の負担を考えると最低でも3か月は間隔をあけて採卵した方がいいという事でした。私の場合毎回刺激法を変えていますが、立て続けの採卵はやっぱり卵巣に負担をかけていたようで、受精卵の質も悪くなっていきました。ただ転院先では卵巣齢に合った刺激を選択してもらって妊娠に結び付いたのかと思います。

うさぷりんさんは毎回比較的グレードのいい胚盤胞ができていらっしゃるようですので、ロング法は合っているのかもしれませんが、ロング法は卵巣年齢が若い方向けと言われていますし、妊娠に結び付いていないなら誘発方法を変えてもらってもいいかもと思います。また前回が1月で次3月というのは間隔が短すぎるのではないでしょうか?私なら思い切って半年くらい伸ばして、その間漢方などで体を整えてから次の採卵に臨むと思います。(実際3回目がダメならそうしようと思っていました。)


卵巣が腫れているなら、凍結してホルモン補充周期で移植するなど、最善の環境で受精卵を迎えてあげた方がいいとも思います。


少しでも早く採卵したいというお気持ち分かりますが、回数を重ねてきているのなら、少し時間をおいて万全の状態で臨むという選択肢もあると思いますので、参考にしていただければと思います。

2012.2.21 17:16 22

じじ(36歳)

1965

この投稿について通報する

この記事に関連する記事

この記事に関連する投稿

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

相談
する

Page
top