HOME > 質問広場 > 不妊治療 > IVF > 低刺激法・自然周期法で排...

低刺激法・自然周期法で排卵抑制すること

2012.2.24 22:44    0 2

質問者: ごりりん星人さん(37歳)

体外受精で低刺激法や自然周期法で誘発した場合、自然排卵が起きて採卵がキャンセルになることがあるのがデメリットである、とよく聞きます。

でも私はアンタゴニスト注射1回とボルトレン座薬で排卵抑制をして採卵に挑みました。実際、初回は排卵済みという事態が起きたのでそれを回避するためだとは思うのですが。それならばなぜ初めから排卵抑制をしなかったのでしょう?なぜ高刺激の時は排卵抑制をするのに低刺激ではしないと一般的にいうのでしょう?自然でなくなるからですか?素朴な疑問です。どなたか教えて下さい!

応援する あとで読む

この投稿について通報する

回答一覧

なかなかお返事がないようなので・・・
といっても、私も答えになってなくて、申し訳ないのですが・・・

今回は、採卵できたのですか?

私も有名な所に転院して、1回目排卵済みだったので、
最初から座薬出してくれたらよかったのにな~
とちらっと思いました。

過ぎたことはもう戻れないので、前に進め!って気持ち切り替えないと。

次はうまくいきますように。。。

2012.2.27 10:59 11

みい(41歳)

みいさま
唯一のレスありがとうございます。御礼が遅くなりごめんなさい。
はい、2度目はちゃんと採卵できました。先日病院に行った際、医師にも聞いてみました。どうやら薬を何でもかんでも使えば良いというほど簡単なことではなく、使うタイミングなども全て計算して使わないと未成熟や空砲になってしまうので非常に難しいとのことでした。新鮮胚移植なのか凍結なのかによっても変わってくるそうです。難しいけど医師を信じるしかないようです。頑張りましょう!

2012.3.1 22:16 13

ごりりん星人(37歳)

2035

この投稿について通報する

この記事に関連する記事

この記事に関連する投稿

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

相談
する

Page
top