HOME > 質問広場 > 不妊治療 > IVF > ショート法とアンタゴニス...

ショート法とアンタゴニスト法の違い

2012.5.2 10:34    0 2

質問者: ひろさん(39歳)

来周期に4回目の採卵を予定しています。
通院先の病院では、最近、卵巣刺激の注射に自己注射を導入したので、今まで注射での通院が大変だったため、今回は自己注射にすると申し出ました。その時に、今まで排卵抑制にセトロタイドという注射を使っていたけど、自己注射の場合はブセレキュアという点鼻薬に変わるけど、問題ないと言われました。

帰宅して調べてみると、今まではアンタゴニスト法で、次はショート法になるとわかりました。ショート法は卵の質が落ちるとの記述もあり不安です。
卵巣刺激の注射は今までも、次からの自己注射もフォリスチムで変わりはありません。それでも排卵抑制を注射から点鼻薬に変えることで、卵の質が落ちてしまうのでしょうか?もしそうなら、通院注射で今まで通りアンタゴニストにしようかと迷っています。
お分かりの方がいらっしゃいましたら教えてください。

応援する あとで読む

この投稿について通報する

回答一覧

ひろさん、はじめまして。
先日初めてショート法で採卵した者です。

排卵抑制は点鼻薬のブセレキュアでしたが
採卵した卵は全て順調に分割し、凍結できましたよ(^^)

ちゃんとしたお返事になっていないかもしれませんが
点鼻薬だからダメ、ということはないのでは?

ちなみにhmg注射は毎日通院して打ってもらっていました。

2012.5.4 09:30 9

bambi(41歳)

お返事ありがとうございました。

ショート法でも順調に分割して凍結されたのですね。少し安心いたしました。
自己注射で頑張ってみようと思います。
ありがとうございました。

2012.5.6 23:05 8

ひろ(39歳)

1965

この投稿について通報する

この記事に関連する記事

この記事に関連する投稿

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

相談
する

Page
top