HOME > 質問広場 > 不妊治療 > その他 > 訪問販売にひっかかりまし...

訪問販売にひっかかりました・・・。(続き&長文です。)

2002.11.7 13:20    0 16

質問者: あひるさん(秘密)

先日、お布団のクリーニングをしませんか?と某布団会社が訪問してきました。私は布団には興味がなかった為、追い返そうと頑張ったのですが、子供の泣き声が聞こえてしまったらしく(まだ二ヶ月です)、子供のアレルギーやぜんそくが気にならないんですか?!と言われ、クリーニングならニ・三千円でできますからお布団見せて下さいと言われ、結局見せてしまったんです。だって、「布団にはダニがたくさんいて、卵を二百個・三百個と産むんですよ!そんな布団で毎日寝てるなんて想像がつきますか!?そんな布団で今日の夜も眠れますか!!?」・・・なんて言われれば、気になっちゃうじゃないですか!それで、布団を見てもらったら「この布団はよくないですよ、ポリエステルがはいってます」って言うんです。さらに「ウチならお安くいい布団を売ることができます」と、見本の布団をもってきたではありませんか!!結局ウチにあげてしまい、ずるずると三時間も長い話をして、上手くのせられてしまい、100万もする布団をクレジットで購入してしまいました・・・。布団会社の人は、他のウチでも買ってますが、みんな旦那に内緒で買ってる方が多いんですよ。だから内緒にしておけば大丈夫!と・・・。しかし、こんな私が旦那に隠せるワケもなく、帰ってきたそうそうにばれてしまい、今クーリングオフの手続きの最中というワケなのです。どうやら変な会社ではなかったらしく、払った頭金や、下取りしてくれた布団も返してくれる様なので安心しましたが、こんなコトにひっかかるなんて情けない・・・っと自分に腹がたって仕方ありません。どうして玄関を開けたのか、どうしてちゃんと断れなかったのか・・・と。それに、旦那の実家が目と鼻の先なので、なにがあったかもうバレバレ。義理の母や父にバカ嫁と言われるのが怖いです。確かに、若くして嫁にきて、さらに一児の母となれば、言われても当然のコトかもしれませんが・・・。みなさんはどのように訪問販売断っていますか?なんかうまく話しにのせられてしまう自分がイヤです。なにか良い方法はありませんか??どなたか教えて下さい〜・・・。
では、最後まで読んで下さってありがとうございました。

応援する あとで読む

この投稿について通報する

回答一覧

私は、聞いた事のない名前・布団・掃除・宗教等、もちろん断ります。
断るというか、そういう名前が出た時点で切ります。

インターホンで対応するまでもなく、
「いりません」の一言で切っちゃえばいいんですよ。
私そういうのは冷たいので、ウダウダ話す前に、
インターホンを戻す時もガシャンとがさつな態度で、
話を中断させてしまいます。

あと、ご自宅は社宅? マンション?
新しい入居者が越して来られる時とかには、
幹事からの報告はありますか? 回覧はまわりますか?

昔ウチの社宅であったんですが、
「今度越してきました○○です。」と挨拶を装い、
玄関を開けさせる事もあります。
こっちが断るのが必死なように、向こうも必死なわけだから、
ほんと何でもアリって感じです。

はなから話をしないのが一番ではないでしょうか?
家へ入れるなんて言語道断!とんでもない事です!!

今回の失敗をしっかり学習して、
二度と同じ過ちをしないよう充分気をつけてください!!

10

みか(秘密)

あひるさん、こんにちは。

そう落ち込まないでくださいね。
わたしも何度も経験していくうちに、なんとかうまく断れるようになってきましたから。

「これで絶対断れる!」っていう方法はわからないですが、電話なら訪問を、訪問なら玄関を開けるのを、開けてしまったら家にあげるのを、徹底阻止です。

とにかく、要らない・興味ないの一点張りか、家族親族が同業なのでそちらに頼むことにしているとか、「この家の者ではない」と言うのも有効のようです。

何か言い訳をすると、向こうはツッコミマニュアルが豊富です。
「今忙しい」→「いつならよろしいですか?」
「主人に相談」→「内緒で」
        「これくらいの買い物奥さんの判断で
               できないんですか!?」
などと言ってきますので、あいまいな言い訳・理由付けはしないのがよさそうです。

>子供のアレルギーやぜんそくが気にならないんですか?!
と言われたら、「ならないです」と答えたいところですが、ものすごい嫌味を言われそうですね。「なっても○○は要りません。」と答えるのがいいのかな。

わたしなど、出張エステの電話セールスで「ウエスト回りや太もも気になりまませんか?」と言われても「なりません。」と答えます。「素敵なプロポーションなんですねぇ〜。」と嫌味っぽく言われますが、「それほどでもないんですけど〜、オホホホホ。」と答えてます。電話だからこそですね(^^;)。

玄関はインターホンですか?インターホンだと断りやすいです。

クーリングオフを受けてくれたからといってまっとうな会社とは限りませんよ。受けなきゃ法的処分を受け、営業停止かもしれませんから。本当に100万円の価値のある布団を売っているのかは???です。

世の中海千山千がたくさんです。始めからうまくあしらえる人なんて少ないですよ。今回のことは勉強と思って、次何かあったときの肥やしにしてください。

9

あっしゅ(秘密)

あひるさんこんにちは
訪問販売ってしつこいですよね
我が家はインターホン用のモニターがあって顔も見えるので
絶対に玄関の戸はあけません。
今手が離せませんとかこれから出かけますのでとかといって断っています。
でも、断ってもすごくしつこくてドアをドンドンとたたかれたこともあります。でも、その時はそのままにしておいていなくなるのを待ちます。
布団のクリーニングも頻繁に来ますが
新しい布団を買ったばかりだからといって断ります。
うそも方便ですよ
訪問販売かな?と思った時は絶対にドアを開けないことです。
もし開けてしまって、しつこくされたら
近くに義理の両親がいるのならそのことを利用してはいかがですか?
私一人では決められないので近くに両親がいるので今から呼んできますとか
言ってみてはどうですか
1人だと訪問販売の人はどんどん付け入るので
誰かを呼ぶことですね。これがなかなか断ることの出来ない人には一番ですよ
実は私も一度友達に電話で呼ばれたことがあります。
そして、私がその家に着いたのを理由に断りました。
友達も私がいると断れるといっていました。
お子様もいるようですからお義母様に来てもらってはどうでしょうか

9

おりす(秘密)

こんにちは。
私も訪問販売については気をつけているのですが、時々魔が差したように、ついドアを開けてしまう時があります。
開けてはいけない長話しては逃げられないと思いながら何かの拍子に乗せられてしまうことって年齢に関係なくありますよ。

ただ、高額な商品の場合はその場で契約は絶対しないようにいないと危ないです。
怪しい会社だとクーリングオフが出来ないように会社ごと逃げてしまったり脅しをかけてくる場合があります。
「お金の管理は主人がしているので主人に相談しないと買えません」とか「他にローンがいっぱいあって買う余裕が無いです」とか言ってその場で契約しないのが安全策です。
でもドアを開けないというのが一番良い方法だと思いますよ。
たとえチェーンをかけていても長く粘られて話を聞けばドアを開けないといけなくなったりしますから最初からドア越しに「結構です!」と冷たく断って、後の話は聞かないで無視するのが良いようです。
チャイムが鳴っても相手が何の目的で来たかハッキリするまでドアを開けないのが防犯の意味でも大切なことですよ。

9

まきまき(33歳)

インターフォンはないのでしょうか?誰かが来た時に直接顔を合わせて応対してしまうと、断りにくいですよね。
私はインターフォンで何かの勧誘だと分かったら即、「申し訳ないんですが全く興味がありませんので、これで失礼しますね〜〜♪」と一方的にですが、にこやかに爽やかに(笑)言ってすぐに受話器を置くことにしています。電話でも同じです。しつこくその後も呼ばれることは今のところないですし、あっても出なければいいですよね。頑張ってください!

12

ベテラン(秘密)

私は専業主婦で家にいるので、よく訪問販売が来ます。私の撃退法は次の通り。

1,チャイムが一回しか鳴らなければ、居留守を使う。(宅配便などは不在連絡表を入れていってくれるか、たいてい2回以上チャイムを鳴らしてくれるものです。)
2,我が家は玄関にチェーンがついているので、安心できる人以外はチェーンを外さない。怪しい人の話は真剣な様子では聞かず、「うちはそういうの全く興味ありません」という。
3,相手がなんか長々と説明しだしたら、「すいません、いまからすぐ出かける用事がありますので、忙しいんです。」と言ってドアを閉める。
4,「○○の検査でやってまいりました」とか「○○の交換にやってまいりました」と言われたときは、上記3のセリフ+「そういうこは事前に連絡下さい」という。(その時に電話番号や名前を聞かれても言わないこと!「会社でわかるでしょ。調べて下さい。」って言ってやる。)
5,アンケートなどは書かない方がいいが、もし書く場合は、名前や連絡先は書かず、匿名にする。
6,とにかく家に入れない!これが一番大事です。こちらがしっかり受け答えすれば、相手も早く引き下がります。ただし、「結構です」や「いいです」などという、肯定とも否定ともとれる言葉は使わないようにする。

今思いつくのはこのくらいです。でも確かに布団のセールスはしつこいですよね。私の場合は、前に布団屋さんが来たときに、嘘をついて、「布団はこの前買ったばかりなんですよ」とか「もうすぐ主人が帰って来て、すぐ出かけなくちゃいけないんですよ」など言ってみました。それでもしつこかったので、「また何かありましたらお宅さんにこちらから連絡するので、名刺かチラシを下さい」って言ったら、「あ、今日は持ってないんで・・・・・」と言葉を濁して帰っていきました。
世の中ウソはついちゃいけないけど、時には「嘘も方便」で、適当にあしらっちゃいましょう。電話での勧誘は「うちはそういうの興味ありません」と言って、相手がそのあとしゃべってきても、めっちゃ丁寧に(嫌味を込めて)「どうもありがとう」って言ってブチッと電話を切ってやります。
長くなってしまってごめんなさい。でも今回のあひるさん場合はクーリングオフできるんだし、いい勉強になったと思って前向きにいきましょう。義理のご両親も今後あひるさんが、まじめに主婦業&子育てしていけば、バカになんかしませんよ〜。若くしてお嫁に来て、子育てもして、私よりずっとエライですよ。(私はあひるさんの年の頃はのんびり独身だったし、現在まだ子供いませんもの)あまり気にしないでがんばってね。

4

なおち(秘密)

うちにもこの間来ましたよ
某有名な布団会社じゃないですか?
あそこって布団クリーニングと称して買わせる所で有名なので
私チェーン越しに「布団買い換えたばかりです」
相手「全部ではないですよね」
私「全部です」
と追い返しました。

訪問販売って確かにいいところもあるのかもしれないけど、私は訪問販売にいいイメージがないので即効お断りしています。
チェーン越しで、これから出かけますので・・・と言えば帰りますよ。
ちょっとだけなので・・・という会社もありますがちょっといいかなと思ってしまったら最後です。

とにかく話を聞くと相手はプロで話上手なので買いたくなりますので話を聞く前に追っ払った方がいいですよ。

あとは事前に大体の悪徳会社を頭に置いておくと便利です。
今回はクーリングオフに対しても良い会社だったので良かったですけど訪問販売会社全部が全部そんな会社ではないのでお互い注意しましょうね。

5

さしゃ(25歳)

あひるさん、始めましてこんにちわ。
クーリングオフができて良かったですねー
家にもよくセールスがやってきます。
先日私も新聞の契約をおばちゃんにさせられ
(何かどんどん話を進められて)クーリングオフしたばかりです。
とりあえず玄関には出ないというのが一番です。
出てしまったらインターフォンごしに断るですね、
今手が離せませんと言えばいいですよ。
子供がいるならなおさらそのうち手が離せなくなりますし、
そのうちお子さんに対してのセールスも来るかと思いますが
うちも子供がいますが、居ませんと答えることもあります。
とにかく出ないと言うことが一番ですね。
あと主人に相談しなくては決めれませんと言ったり・・・
この訪問販売で失敗したことにより勉強になったと思って
元気出してください。
お互い子育てがんばりましょうねー

4

まこ(秘密)

災難でしたね。
でも、よかったです!クーリングオフ?できて。
でも、常識的に考えて100万のお布団なんてあまりないですよね?
高級羽毛布団でも30〜50万ぐらい?伊勢丹で見たんですけど…。
若くてもしっかりした人はいますし。。。一児のママだったらなおさら
しっかりしないとね。
ちなみに!私の従姉妹はあひるさんと同年代ですが2児のママでとてもしっかりとしてますよー。勧誘なんて絶対に家に入れないし。。。
がんばれー。

4

ちいちゃん(29歳)

大変でしたね。クーリングオフの手続きもうまくいきそうで、
今後のためのいい勉強ってことでしょうか。
「変な会社ではなかったらしく」とありますが、
あなたの不安をあおって、しかも最初の説明では「布団のクリーニング」でしょ?
結局本当の目的は「高い布団の押し売り」じゃないですか。
十分「変な会社」だと認識したほうがいいですよ。今後のためにも。

兄の会社(4,5人の小さい事務所なんですが)で一緒に働いていたころ、
「会社名など名乗らずに勝手にドアの中に一歩踏み入れるヤツは、
 まず、ロクなとこじゃない」というのが今でも頭にしっかり残っています。
そして、ことごとくそれは当てはまっていました。
「こんにちは〜(^^)」とか「○○の方はいかがでしょうか(^^)?」と
まるで知り合いのような笑顔で入ってきますが、最初に名乗ることはありません。
逆にマットの交換など契約して月に2回来てくれるとこなどで、ちゃんとした会社の人は
一歩踏み入れる前に「こんにちは。○○です。マットの交換に参りました」ときちんとしてましたよ。

この前、うちにもまさに布団のクリーニング来ましたよ。
インターホン越しに「どちら様ですか?」と何度聞いても
「いえ、ご挨拶に参りました(^^)」というだけで、布団の“ふ”の字も出しません。
らちがあかないので、ドアチェーン越しに聞いてもやっぱり同じ。
名乗らないうちに布団のクリーニングとか言い出したので、
「こちらがどちら様ですか?って聞いてるのに名乗らないのは失礼じゃありませんか?」
と言葉は失礼にならないように、でも口調はかなりきつく言いました。
それでもやっぱり「いや、ご挨拶に…(なぜか満面の笑み)」。
「そんな失礼な方とはお話できませんので」とドアを閉めました。

またそういう場面に出くわすことになったら、
ヘンな業者をどうやって追い返すか楽しんでみたらどうですか?
「うちは貧乏で家族全員布団なしでダンボールに寝てるんです。
ダンボールって意外と暖かいんですよ」
とか真顔で言ってみたら、ウソとわかっててもアホらしくて帰りませんかねぇ(^^;?
ダメかな(^^)?

4

きお(29歳)

あひるさん
こちらに続きがあったのですね!
大変でしたね!!悪徳商法なので、消費者センターに相談してみてはいかがでしょうか?
クーリングオフ出来るはずです!
私は、訪問販売の時は必ず、これから出かけるところなので、
時間が無い!って断ってます!結構簡単です!
電話セールスでも同じです!

5

みかん(秘密)

こんにちは♪

読んで、ちょっと笑っちゃいました ごめんなさい

わたしの断り方・・・「お父さんと、お母さん、居ないからわかりません」って断ります。
普段から、ちょっと子供っぽい声なので、ほとんど帰ってくれます
たまに、引かれる事もありますが・・・
玄関は、テレビ・ドアホンにするといいですよ。顔が見えるから、居留守が使えます。最低でもインターホンですね。玄関さえ開けなければ、なんとでも断れますから。とにかく、玄関に出ない事。それが1番だと思います

5

かかし(34歳)

あひるさん、契約解除が出来て本当に良かったですね!訪問販売はマニュアルも徹底していて言葉巧みに攻撃して来ますよね。今回はトラブルにならずに済みましたけど、悪徳業者はとーっても多く存在していますから気を付けて下さいね。訪問販売に限らず、電話の勧誘なども要注意です。必要ないものははっきりと「いりません」って断っちゃいましょう!年齢なんて関係ないですよぉ。私は十代の時に宗教関連の押し売りを追っ払いましたし。「自分の欲しい物は自分から出向いて目で見て買います。わざわざ家まで来ないで下さい。」くらい言っちゃいましょう。「アレルギーが…」なんて言われても余裕を見せて「必要ありません」と断っちゃいましょう。「○○の方から来ました」と、いかにもどこかのちゃんとした会社から来たような口調でやって来る業者もいますので、その時は「身分証の提示」や「会社に確認取らせて下さい」と言うと良いらしいですよ。相手は断られてもちっとも傷ついたりしませんし、曖昧な態度だと隙を与えて付け入られちゃいますからねー!他の方も書いていらっしゃいますけど、「時間がない」「来客中」「電話中」と言ってしまうのも一つの手ですね。

5

ねっこ(27歳)

まだ読んでもらえるかな?あまりにあひるさんのお話の最初から最後までが私と同じなので思わずお返事しました。本当に訪問販売者の方の言葉が全く一緒です!私がひっかかってしまったのはもう半年以上前なんですけど、多分同じ会社なんじゃないかなー。私の場合、まだ結婚したばかりでおまけに引っ越してきたばかりだったのでこれが訪問販売だとか何にも分からず尋ねてくる人ぜーんぶ疑わず玄関開けてました!
私も世間知らずですよね・・・。うちの場合はお昼の1時から夕方6時まで帰ってくれなくて最後には疲れてきてサインしてしまいました。それからすぐにもうどうしよう状態。結局次の日すぐに旦那がクーリングオフしてくれ、助かりました!それでもまた今度は人が違うだけで同じとこの人がセールスに何度もきますよ!本当に一日家にいるといろんな訪問者が来ますよね。ひっかかてしまってからは懲りたのでインターホンで断るようにしています。それでも結構私には勇気がいりますが。
がんばっていますよ!どうせ断ったところで何かあるわけじゃないし二度とあわないんだから!と自分に言い聞かせてます。あひるさんも今回で身にしみたと思うので勇気だしてがんばりましょうー!

5

とと(秘密)

たくさんお返事下さってありがとうございました。
クーリングオフも無事完了し、払った頭金も戻ってきました。これからは、みなさんのお話をひとつひとつ参考にして、これからは絶対に訪問販売にひっかからないように気をつけたいと思います。今思い出しただけでも、ホント馬鹿なコトをしたな〜・・・とつくづく思っちゃいます。子供もこれからだんだん大きくなってくるし、頼れる母親になれるように頑張りたいと思います!

5

あひる(秘密)

あひるさん、こんにちは。
大変でしたね〜。わかります。

私もここに越してきた頃、布団の業者が
来たんですよ。
で、なぜだか上手く乗せられて
ドアをあけちゃったんです(これは今でも自己嫌悪です)
そして長々と話をされて
胸ポケットから汚い綿を取り出して
「これは向かいのアパートの方の使ってらした布団の綿です」
とかなんとか言ってみせるんですよ。
まぁ、これはさすがにうその小道具だろうとわかりましたけど。

布団を持ってきて見せろと言われ、いとも簡単に見せてしまい
散々けなされたので
カチンときて追い返しました。

これを教訓に滅多にドアを開けない「開かずの部屋」と化してます。

7

トルコ(秘密)

1975

この投稿について通報する

この記事に関連する記事

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

相談
する

Page
top