HOME > 質問広場 > 不妊治療 > IVF > ショート法に使用する点鼻薬

ショート法に使用する点鼻薬

2018.1.5 10:33    0 2

質問者: わんさん(39歳)

私は低AMH、高FSHで、長年妊娠せず、不妊治療を開始し、これまで体外受精は2度トライしていますが、1度目の体外受精は卵胞が育たず採卵前にキャンセル。その後、転院しFSHを抑えるローションを処方され、高FSHは落ち着き、再度体外受精にトライしました。しかし今度は採卵前に排卵してしまいキャンセルとなりました。この時はクロミッドとHMG注射のアンタゴニスト法でした。排卵はしてしまいましたが2度目は順調に卵胞は育っていました。
現在は生理待ちですが、すでにショート法で体外受精をトライすることが決まっているという状況です。
そこでお聞きしたいのですが、ショート法では排卵をおさえるために点鼻薬を処方されています。卵巣機能が衰えていると、この点鼻薬を使うと卵胞が育たないということをネットで見ました。前回点鼻薬を使用せず順調に卵胞が育っていたこともあり少し心配になってきました。
どなたか何かアドバイスあればいただけますでしょうか。

応援する あとで読む

この投稿について通報する

回答一覧

データ上では同じような卵巣機能の人でも反応は様々ですので、やってみないとわかりません。

主さんのデータはわかりませんが、私はAMHは1.4くらい、FSHは変動はありますが10くらいです。5年ほど変化はありません。
今まで内服のみの自然周期2回は2回とも採卵のタイミングがつかめずにキャンセルでした。
低刺激でのアンタゴニストは4回チャレンジして3回は採卵でき、1回はやはりキャンセルになりました。採卵数は3〜5個でした。
点鼻や内服によるブレーキをかけながら連日注射を打つショート法は5回して5回採卵できましたが、採卵数は5回とも1個でした。

私の卵巣機能だとショート法では1個しかとれませんが、排卵抑制がしっかりかかるので採卵キャンセルはありません。
自然や低刺激が良いのですが、キャンセルになることも多く、それならばとショートを数回しました。

私はショートの点鼻や内服でも、アンタゴニストで使う排卵抑制剤でも、卵胞の成長が阻害されてしまうようです。
移植のたびに採卵しないといけないですし、連日注射をするとうまくいかなくても次の周期はお休みしないといけないので、もっとも効率の悪い方法ですが、とにかく採卵キャンセルを避けるためにやっているだけです。

キャンセルを含めこれだけ採卵していると、一度失敗した方法に戻らざるを得ないこともありますが、主さんはまだ2回ですので、一度ショートを試す価値はあるかと思いますよ。

2018.1.5 21:48 1

あんみつ(36歳)

あんみつさん

ご返信ありがとうございました。とても参考になりました。
私はAMH0.2なので少々心配ではありますが、やったことのない方法をトライしてみるのは良いということですね。
ありがとうございました!
お互いに良い結果となりますように。。!

2018.1.6 13:14 1

 わん(39歳)

2028

この投稿について通報する

この記事に関連する記事

この記事に関連する投稿

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

相談
する

Page
top