HOME > 質問広場 > くらし > 家事 > ローズマリーを枯らしてしまう

ローズマリーを枯らしてしまう

2018.7.30 16:27    0 1

質問者: ハーブ好きさん(38歳)

詳しい方いらっしゃったら教えてください。
ローズマリーの苗(20センチくらいに育ったもの)を買ってきて、
手持ちの鉢に植え替えました。鉢底石を入れ、ハーブ用の土を使いました。
外があまりにも暑く照り返しもひどいため、ガラス越しに火があたる明るい玄関内に置きました。「水は少な目で」との注意書きがあったので、土の表面がじゅぶんに乾くまで水は与えませんでした。土の表面がカサカサになったころ、一度だけ水を与えました。それまで葉が生き生きしていてよい香りで元気に見えましたが、水やり3日後くらいから苗の先端の葉が萎れ、その後ほとんどの葉の葉先が黒くなっていき、結局水やりから1週間たたずに枯れてしまいました。これは、根腐れなのでしょうか・・・・。
水をやるタイミングが本当にわからず、とても悩んでいます。
ローズマリーへの水やりタイミングを教えてください。

応援する コメントする あとで読む

この投稿について通報する

回答一覧

根腐れですね。
土の表面は雨続きでもなければ2日もあればカラカラに乾くのが普通です。ですが、大事なのは土の表面ではなく根っこが触れてる土中が濡れてるかどうかです。
中が濡れてるかは表面からは見えませんので、まずは一番最初の水やり後に鉢を持ち上げて重さを覚えていてください。水やり後に3日~4日くらい経って、もう一度鉢を持ち上げてみて。重さが全然違うはずなので。水やり少な目でいいという事は、多少の水切れは大丈夫って意味なので、カラカラに乾いて(鉢がすごく軽くなって)2日くらい経ってから水やりしてもいいですよ。
どうしても自信がなければ、割りばしを鉢の淵から差し込んで中の土が濡れてるか確認してみてください。

植えてある鉢は素焼きとかテラコッタでしょうか?もしくはプラスチック?鉢の素材でも土の乾きやすさはかなり違うので気を付けてくださいね。もちろんプラスチックの方が乾きづらいです。
あとは置き場所。ガラス越しで日が当たるのはいいのですが、風通しが悪いと確実に根腐れを起こします。虫やカビの原因にもなります。
植え替え直後と水やり後は風通しのいい半日陰に置いて、土が乾くまで真夏の直射日光は避けた方がいいです。半日陰が難しいなら寒冷紗などで遮光しましょう。苗がしっかり土に根付いたら徐々に日に当てる時間を長くしていきます。ちゃんと根付いてきたら元は強い性質の植物なので(庭に植えたら巨大化するくらい強健です)多少の高温や水切れは平気です。

水やり後の幼苗を玄関内の無風の場所で日に当てたら乾いてない土の中は蒸れてサウナ状態、まだ根付いてなく水をうまく吸えない根はすぐに腐ります。
今回は水やりのタイミングも置き場所もNGだったと思います。ローズマリーは多湿が苦手なので、できれば鉢は素焼きかテラコッタの方が育てやすいと思いますよ。頑張ってくださいね。

2018.7.30 20:14 6

カラミンサ(39歳)

コメントする

1917

この投稿について通報する

この記事に関連する記事

この記事に関連する投稿

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

相談
する

Page
top