HOME > 質問広場 > 不妊治療 > IVF > 前を向きたいです…

前を向きたいです…

2020.8.9 20:59    9 18

質問者: にじさん(39歳)

もうすぐ40歳になります。
結婚が遅く、37歳になってすぐに、タイミングで妊娠するも初期流産。
それから1年タイミングを続けるも妊娠できず、体外を行いました。運良く1度で妊娠できましたが、6ヶ月の時に、臍帯過捻転で死産をしてしまいました。産休を頂きましたが、心が壊れてしまい、家から出られなくなってしまいました。心療内科にかかり、新年度と共に職場復帰をしました。
そこから、再度、残りの胚盤胞を3度移植しましたが妊娠に至っていません。すべて4A'A'で、ドクターも大丈夫だろうとおっしゃっていましたが、結果がでなかったので、胚盤胞は残っていますが、再度採卵を提案されました。同時に、フローラ検査もします。
1度目、2度目の結果の後に、原因は、染色体異常の可能性は高いが、残りすべての胚盤胞がそうとは思わないから大丈夫とおっしゃっていたドクターでしたが、結果がでなくなってからは、期待させるような言葉はもらえなくなりました。
死産したあの子だけが、生児として産まれる胚だったのではないか…
これから採卵しても、正常胚はできるのだろうか…
前を向かなきゃと思い、気持ちを奮い立たせてきましたが、出産予定日、初盆、そして、不成功の結果が続き、心が折れそうです。
けれど、治療をお休みできる年齢でもなく、今、頑張らないと、もっと後悔すると、頭の中がぐちゃぐちゃになっています。
そんな時に、20年来の友人から妊娠報告がありました。彼女は、この3月に結婚式を予定していましたが、私は、お腹が大きい状態で、県外まで参列できる自信がなく、安定期後の11月に、夫に連れて行ってもらい、お祝いを渡しました。
死産後、彼女に自分の状況を伝えていました。
3月の結婚式の際に、電報を送りました。すると、コロナのことで9月に延期したので、参列してほしいと言われました。家から出られない状況も伝えていましたし、不妊治療を再開したいと思っていたので、先のことはまだわからないので、また返事をさせてねと伝えていました。
胚移植が失敗し、出産予定日に生理がきたことや、コロナが心配だから、体調管理も大変という話もしていました。
6月に、彼女から妊娠報告がありました。今日から8週と…
そんな初期に、わざわざ死産した私に伝えないといけないのか…と苦しかったです。結婚式の頃は安定期なので、コルセットはまかないといけないのかな?という話をしてきたので、私は妊婦さんの結婚式には、ごめんけど行けないと伝えました。
すると、そういうと思ったと言われました。
傷つくとわかって、私に報告したのか…と、苦しくて苦しくてたまらなかったです。

自分自身の今後の不妊治療の心配…
そして友人からの言葉が、頭から離れません…

前を向いて、頑張りたいのです。

どうか、見ず知らずの私ですが、励ましのお言葉を頂けないでしょうか?
よろしくお願いします。

応援する コメントする あとで読む

この投稿について通報する

回答一覧

陰性続きだから欠席だとか妊婦の結婚式には行けないと言うのは、言い方が失敗で、深い話をする友人でも、建前を言った方が良い場面があり、ここは、コロナ理由で欠席にした方が良かったと思いますよ。
ご友人の妊娠話を聞いたのは辛かったでしょうが、コルセットについては、自分は結婚式の時に妊娠していないからわからないな〜で良かったのではないでしょうか。

主さん的にはこれだけ自分は辛いって言っているのに、と思っているでしょう。
でも立場が変われば、
これだけ深い話をする友人の結婚式。コロナで結婚式を延期にしたけど、これがどういう気持ちか考えてくれたのかしら。不妊治療再開で結婚式の出席の返事を待ってってどういう事?妊活中の女性だって結婚式に出てるわ。しかも、妊婦の結婚式には出られないって、じゃあ自分が妊娠して出産するまで行かないの?仕事には復帰しているのに。自分が出産したら都合よく仲良くしてくるの?
傷つくとわかって言ったというより、「(自分のことばかりだから)そう言うと思った」ということかと思います。
ただ、2019年11月に直接友人宅までお祝いを渡しに行っているし、2020年3月の結婚式は延期にはなったけど電報もうってあげていたし、しっかりお祝いはしてあげていると感じます。
ご友人の人となりを知らないんですが、良い子だとすると、主さんを特別な友人だと思っていたから強く来てほしいと思ったんでしょうね。
結婚式は一生に一度というか、そうそう何回もするものではないですから。
あとは、死産がどれほどの悲しみかピンときていない可能性もあります。
近い人の死と我が子の死は別次元だと、私は思っています。

治療は年齢からすると、のんびりしたくないですね。
胚盤胞3回の陰性は、年齢的なもので染色体異常があったせいか、別の原因なのかわかりませんので、残りの胚盤胞の移植か採卵にするかは、検査結果をみて決めても良いかもしれません。

2020.8.10 21:48 19

上杉(秘密)

コメントする

ギュッと抱きしめて、話をたくさん聞いてあげたいです。

類似の経験から、他人に何を言われても慰めにはならないことが多いと思っています。
必要なのは、こんなことがあって辛い、こんなこと言われて悔しい、悲しい、虚しい、そうした気持ちをあなたが素直に口にしたり認めることで、安心して表現できる場ではないでしょうか。
ブログなどをそうした場にしている方も多いです。。

匿名のこういう場で顔も知らない人にだから言えますが、自分よりも大変な経験をされた方のエピソードは、唯一慰めになることもあったかな…。

私にも抱くことのできなかった子たちがいます。
とても苦しみましたし、今も世の中の大勢が「普通」と感じて発する言葉に傷ついたり凹んだりすることはあります。時間ぐすりの効果もあり引きずる時間は短くなりましたが、ひっかかりをなくすことは無理だと思っています。
その経験も私の一部なので。

そのお友達の意図はわかりませんが、もしあなたに彼女に対して酷い目に遭えばいいのにという気持ちがないのなら、結婚式には(事情はどうあれ)欠席するお詫びと身体を大事にしてね、とだけお伝えして距離を置くのがベストだと思います。言葉は少ない方がいいです…考えるほど苦しくなりますから。

癌に罹患した友人とも話すのですが、それまでどんなに縁のあった人でも、離れた方がいい人が出てくるものだよね、と。そのお友達のことも、あまり引きずらずに。

長くなりましたが…抱けなかった子たちもいる私ですが、その後も夫と治療を続けた結果、今2人目を妊娠中です。
色んな過去は他所の人には見えないので、あなたにも羨ましいと思われるかもしれません(同じような経験をする人は少ない方がいいと思っていますが)。

さて、あなたはどうしますか…?

2020.8.11 00:55 15

tete(38歳)

コメントする

上杉さま

私のためにお時間を使って頂き、ご返信して頂いたこと、心より感謝申し上げます。ありがとうございます。
別の人の立場にたって考えることができていなかったのだなと、実感しました。今もそれができない心の状態なんだと再確認しました。それではもちろんダメなので、今は、治療の方に力を入れて、友人とは距離を置こうと思います。「自分自分」となってしまいそうなので。
文章で、時系列を表現するのは難しいと反省しました。
具体的に、私の状況をかみくだいて、アドバイスいただき、ありがとうございました。
見ず知らずの私に、こうして返信をくださる人がいるだけで、励まされました。頑張ります!

2020.8.11 10:04 3

にじ(39歳)

コメントする

teteさま

私のためにお時間を使って頂き、ご返信して頂いたこと、心より感謝申し上げます。ありがとうございます。
心優しく、私に寄り添って頂き、涙がでました。もともとお優しい方なのでしょうが、ご自身の経験からか、私の気持ちを代弁してくださっているようで、本当に嬉しかったです。
今まで縁があった人でも、状況が変わると、距離を置いてもいいんだと思えました。今は、自分の正直な心を認めるために、そうしたいと思います。
そして、teteさまの今を聞いて、過去の苦しみを抱きしめながら、私も頑張ろうと思えました。
つらい経験をされたteteさまは、苦しさがわかるから、そんなにお優しいのですね。
時間ぐすり、信じて、前を向きます!
本当にありがとうございました。

2020.8.11 10:21 2

にじ(39歳)

コメントする

的外れな慰めだったらごめんなさい。
コロナ、地球温暖化、災害、失業、今の世の中で子供を持つことが幸せだとは感じません。
自分の人生、自分のためだけに生きられると前向きに考えるのも良いと思いますし、まだ40歳。高齢出産している方沢山います。
友達関係も整理して自分が生きやすい、ストレスが無い生活をしたらいいと思います。

ご友人に対しては子育てで苦労でもしたらと腹黒く思います。

2020.8.11 15:34 7

絶対匿名(43歳)

コメントする

絶対匿名さま

的外れなんて、とんでもないです!
ご返信ありがとうございます。
いっぱいいっぱいで、視野が狭くなっている私には、いろんな方面でご助言を頂けるのは、感謝しかありません。
とっても嬉しいです。

2020.8.11 19:39 1

にじ(39歳)

コメントする

もう見ていないですかね?

主さんは、たくさん友人にお祝いしていると思います。
心優しい人だと思います。
9月の結婚式も、まだコロナ中にやるのはビックリですね。
世の中、中止の人が多いのに。
ちょっと非常識かな?って思います。
きっと呼ばれた人そう思っていると思いますよ。
自己中な人だと思いますね。
来てくれる人の安全を考えてないですね。

女性って、若い頃から嫉妬が沢山あると思います。彼氏がいるいない、結婚式、妊娠、出産といろいろやっかみ、僻み、沢山あると思います。
口にしなくても旦那の職業や年収、どこに住んでる、など。
今回のことも少なからず主さんの友達も、ちょっとイジワルと思ってしまいました。
「そういうと思った」、コルセットの発言、
コルセットの話なんて、死産した友達に言うなんて無神経か意地悪としか思えない。
ひどいですね。
もしかして、友人は主さんに対してライバル心などがあったのかな?

私も友人といろいろあり、私から付き合いをやめました。
最初は、「友達少なくなっちゃった」と落ち込んだりしたけど、その方が楽になりました。
無理して友達でいることに疲れましたから。
友達って大事だけど、
「上辺だけの付き合いの友達なんかいらない」って思ったら楽になりましたよ。
最初は気になったりしたけど、「これでいいんだ」と自分に言い聞かせて。
本当に大事に思ってくれる友人とだけ今は付き合っています。
とっても楽です。
お互い分かり合えるから。
女同士の腹の探り合いの付き合いはやめてもいいと思います。
体と心に良くないですよ。
あまり無理せずにお過ごしくださいね。

2020.8.16 22:40 11

よしこ(43歳)

コメントする

よしこさま
私の「ひっかかり」を、こんなにもご理解頂けるなんて、まるで直接お話を聞いてもらっているかのようです。本当にありがとうございます。
今後、友人とは距離をおこうと決意はしましたが、よしこさんがおっしゃるように、それでも割り切れていない自分がいて、ついつい気になっていました。
3月初旬の結婚式に電報を送り、その時に延期になった旨を聞きました。まだ治療も再開しておらず、ひきこもっていました。9月のことを言われても、家から出られない当時は先が見えず、また、もし再度赤ちゃんを授かることができたら、無理は絶対にできないと思っていたので、結婚式の返事はギリギリにさせてもらえないかとお願いしました。7月までに返事をしたらよいということでした。と、その前6月に、彼女から妊娠報告を受け、コルセットの話が続き、思わず感情的になって「ごめん、いけない」と咄嗟に言葉が出てしまっていました。それから、1ヶ月以上悩んでいたところに、治療の結果がでて、誰かに聞いてもらいたくて投稿をしたところでした。
またまた長くなりましたが、よしこさんの「本当に大事に思ってくれる友人とだけ今は付き合っています」
まさしく、その通りだと思いました。
今はまだ気にしてしまっている自分もいますが、見ず知らずの方が、こんなにも親身にご助言くださった言葉の方が、彼女と話すより何倍も嬉しいです。心より感謝申し上げます。

2020.8.17 12:16 2

にじ(39歳)

コメントする

その友人は、主さんの結婚式に出席してくれたのですか?
出席してくれたのなら、出席してあげた方がいいと思います。
礼儀として。
ただ、コロナの時期に結婚式をする人の神経もわからないですけどね。
自己中だと思います。

私は、結婚式に出席してもらえなかった立場です。
高校時代仲良かった友人3人も欠席でした。
とてもショックでした。
たぶん嫌われていたのでしょう。そう思います。
理由は、子供が1歳で(3人とも1歳の子供がいました)預かってくれる人がいないからと。
実家は近所なんですけどね。でも事情があったのでしょう。
私は、子供も連れてこれるようにベビーベットを用意したりいろいろ考えていました。
そのことを伝えると、「出席」のハガキが来ました。
しかし、結婚式の1カ月前になって「やっぱり行けない」と連絡が来ました。
私は、「たぶん来ない」と思っていましたので「やっぱりそうか~」と思いましたよ。
口にはしなかったけど。
ものすごくショックでした。3人共です。
別々に欠席の連絡きましたけどね。
「私、嫌われているんだな~」って思いました。
母に相談したら「子供がいると、その家庭によって事情があるからしょうがないわよ」と言っていましたが、私はモヤモヤしていました。
ものすごく本心を知りたかったですけどね。
それでも、みんなの集まりには誘ってくるので、嫌いなのに何で誘うのか不思議でした。
とりあえず声を掛けているだけなのかな?って思います。
でも、私は行きませんでした。
嫌われているのに、のこのこ行くのバカみたいだし。
3回くらい断ったら誘われなくなり、それからずっと疎遠です。

主さんは、その友人の事好きですか?嫌いですか?
本心が知りたいです。

主さんの辛い気持ち、わかります。
友人も配慮がなかったと思います。コルセットの話も無神経ですね。
わざと?だったら怖いですね。
自分が幸せじゃない時って、他人の幸せ祝えない気持ち、誰だってあると思います。
他の方のコメントにもありましたが、
>立場が変われば・・・だと思いますね。
妊活中でも、仕事は行けるのに結婚式は来れないの?ってなります。
結婚式って一生に一度だし(だいたいの人は)友達なら来てほしい。
断られるのってショックです。

でも、今回はコロナの中でやるのは少し非常識かと思いますけどね。
主さんの言った「妊婦さんの結婚式には行けない」じゃなくって、
「コロナで行けない」がよかったかな?って思います。

でも主さんはお祝いはしているのだし、結婚式まで出席しなくても義理は返しているでしょう。
お祝いもらって、結婚式まで出てという友人がずうずうしいと思いました。




2020.8.20 13:53 3

夏バテ(32歳)

コメントする

夏バテさま

投稿後時間が経過しているにも関わらず、引き続き励ましの言葉を頂けるなんて感激です!夏バテさん、つらい経験までお話くださり、ありがとうございます。
鋭い質問に、客観的に考えさせられました。
結婚式のことですが、彼女には出席してもらえませんでした。学生時代の友人なので、卒業後付き合いが減り、すでに共通の友人がいませんでした。私の結婚式には、彼女が話せる知り合いがいないということで、お断りされ、お祝いのみを郵送で頂きました。仕方ないとは思いつつ、とても寂しかったです。なので、私は精一杯のことをしたいと思い、お祝いを直接届け、ぬいぐるみの電報を送り、当日式場に飾ってもらえればと考えていました。
今回のことがあるまでは、友人のことは大切に思っていました。
ただ、延期した結婚式には、正直出席するつもりはありませんでした。自分本位ですが、結婚式に出席するということは、妊娠中にお祝いをしに行ったあの幸せだった時のことを思い出して苦しくなってしまう… これが一番の理由です。それと、また赤ちゃんを授かることができたら、コロナを心配してまで県外に行きたくはないと思っていました。根底に、自分の結婚式にも出席してもらっていないし、すでにお祝いもしているので、そこまで彼女のためにはできないと思っていたのかもしれません。
結婚式が延期になって悲しんでいるところ断りづらく、最終段階で、「やっぱり…」と伝えようと思っていましたが、その前に彼女からの妊娠報告があり、思わず「行けない」と言ってしまいました。感情的になってしまったことは反省しています。
安定期過ぎての死産を経験し、出産は本当に奇跡の連続なんだねと話していたのに、結婚式の頃は安定期だからと無邪気にコルセットの話をしてきた友人の言葉を、聞くに耐えられませんでした。
ここまで読んで頂きありがとうございます。
長くなりましたが、自分の心に正直になるチャンスを頂き感謝しています。
友人のことはさておき、これからは、自分自身が赤ちゃんを授かるために、治療とたたかっていくのみですね!

2020.8.20 20:56 2

にじ(39歳)

コメントする

お気持ち分かります。
私も喉から手が出るほど赤ちゃんが欲しくて妊活頑張っていました。何年も頑張ってようやく陽性反応があったかと思ったら子宮外妊娠で今すぐにでも卵管を摘出しなければいけない状態でした。術後数日後、私も義理の姉に同じ様なことをされました。妊娠の報告、欲しくないのにできちゃって、そんなに赤ちゃん欲しかったら私の作ったおにぎりを食べれば?陣痛きたら赤富士かいてあげる、等なんで心ない事ばかりいうのかと思いました。そして目の前で涙が溢れるほど泣きました。
安定剤を飲んで過ごす毎日、それでも赤ちゃんが欲しかったので妊活はやめられず、また妊娠反応があり流産、内容物を出すために薬を飲んだり、そうしているうちに事情を知っている友達からの妊娠報告。
本当に本当に辛い毎日でした。
妊娠マークを見る度に辛い気持ちになったり、高齢の女性ですら妊婦にみえました。
何度も体外受精に失敗し大泣きしてを繰り返しているうちにそんなことにも疲れ、そうだ、運気を上げるようにしてみよう!と思うようになりました。
ディズニーランドに行って思い切り遊ぼう!食べたいものを食べに行こう!懸賞に応募してみよう!下着も替えてみよう!運気をあげるには気の巡りをよくしないと!早朝にウォーキングしよう!せっかくなら気血水の巡りをよくしてみよう!朝鮮人参茶飲んでみよう!水たくさん飲んでみよう!疲れたからマッサージ受けよう!と。
そんな私はこの世の中から抜け出したいので朝早い時間、まだ星が空にあるときにウォーキングをして、公園で股下から空の星をみたりしていました。(変な人にみえたと思います)
そうしたら忘れた頃に運気も巡ってきて懸賞にあたったりするようになり、諦めかけた赤ちゃんも出来ました。それも体外受精の妊娠と卵管がない方からの排卵でまさかの自然妊娠での双子でした。
未だに義理の姉とは会っていませんが、これも人生を変える出来事のきっかけかもしれないと思っています。あまり1人で頑張らないでリラックスして自分が楽な様に考えていいと思います。
今は辛くて辛くて生きているのがやっとかと思いますがきっと報われる時はくると信じています。どうか無理をなさらずに。

2020.8.20 21:20 1

まめごはん(39歳)

コメントする

まめごはんさま

共感とともに、具体的な取組をお話しくださりありがとうございます。
義理のお姉さんの発言には絶句しました。故意かどうかはわからない…ではなく、明らかに人を傷つける言葉を投げかけるなんて。とてもとても苦しかったでしょう…
まめごはんさんの「生きているのがやっと」という表現、まさしくその通りです。仕事復帰はしましたが、未だ心療内科のお世話になっています。「それでも、赤ちゃんがほしいので妊活はやめられず」も同じ状況です。妊活にも心が不安定な状態はよくないとはわかっていますが、年齢的なこともあり、早く赤ちゃんを授かりたいという気持ちばかりで焦っています。
まめごはんさんがおっしゃるように、運気を上げる!という考え方いいですね!!
気がつくと、お母さんになりたいと口癖のように呟いている自分がいます…
コロナで我慢が強いられていますが、その中でもリフレッシュですね。報われる日を信じて…

2020.8.21 15:08 0

にじ(39歳)

コメントする

夏バテです。
再度しつこくてすみません。

友人は結婚式に来てくれなかったのですね。
だったら行かなくていいですよ。
理由も「知り合いがいない」という事で欠席なんて、よく言えるな?って思います。
私は、知り合いがいない友人の結婚式1人で出ましたよ。
その友達が好きだから。
そもそも自分は欠席しておいて、主さんを呼ぶなんてずーずーしいですね。
それで主さんが「行けない」と言うと「そういうと思った」って、友人はちょっと嫌な人ですね。
主さんは、わざわざお祝い届けてるしそれで十分だと思います。
嫌な思いしましたね。
心に引っかかっていることかと思いますが、
これからはご自分のこと考えて過ごしていかれてはと思います。
友人の事、気になるかもしれないけど嫌なことは忘れた方がいいですよ。
気にしない、気にしない。
女の友情なんて本当にもろいと思います。
私もいろいろ経験してわかりました。
文面だけでしかわかりませんが、主さんはきっと素敵な人なのでいいことありますよ。
いいとことが訪れるといいですね(o^^o)

2020.8.21 15:49 1

夏バテ(32歳)

コメントする

夏バテさま

しつこいなんて、とんでもありません!むしろ、返信を読んでくださったんだなぁと、とても嬉しく思います。
こういった掲示板に投稿すること自体初めてで、見ず知らずの方が、こんなにも親身になってたくさんの助言をくださり、私のために時間を費やしてくださることに、心からありがたく思っています。
みなさんのおかげで、前の向き方がわかってきました‼︎本当にありがとうございます^ ^

2020.8.21 18:55 0

にじ(39歳)

コメントする

にじさま
にじさまの文面を読んでいるとお優しい方なんだろうなと思います。にじさまの辛い経験もこれからにじさまの人柄をつくる1つの要因となると思います。
人の気持ちを推し測って行動できる事はこれから赤ちゃんが出来て、その子が段々と成長して何か悩みができてた時、そっと寄り添ってあげられる力になると思います。
いいお母さんになると思います。
私は不正出血が続いたときに親から子宮癌を疑われ心配されました。その時に孫なんていらない、あなたが生きていてくれればそれでいいと言われ、少し楽になりました。
その後職場で同じ様な経験をした方がいたので婦人科受診をするよう勧め、結果は子宮癌でした。私より若く、今の彼氏と結婚して子供を産みたいと聞いていたので涙がとまりませんでした。
人生何があるか分かりません。

私は心が折れそうになると、心と体は連動しているから心がダメになりそうなら少しずつでも体を動かしていけばいい、という言葉を信じています。試しに少しずつ体を動かしてみてください。
にじさまにいいことがたくさんおこりますように。

2020.8.25 09:36 1

まめごはん、(39歳)

コメントする

まめごはんさま

何度も温かく、励ましのメッセージを頂き、恐縮しております。ありがとうございます!
今は出口の見えないトンネルの中のような気持ちですが、これが将来の自分を創る価値のある経験だとすると、無駄なことなんてないですね。一つ一つのお言葉が心にしみます。
人生は、ホントに何があるかわからない。そう思うと、今できることをコツコツと…
頭ではわかっていても、なかなか…
というところですが、せめて身体からハツラツに!ついついひきごもり気味になってしまいますが、できることから始めますね^ ^
まめごはんさまにも、ステキなことがたぁ〜くさんやってきますように!

2020.8.25 19:01 0

にじ(39歳)

コメントする

こんにちは。まだ見られているかわかりませんが、応援したくて今さらですがコメントさせていただきます。

まず治療おつかれさまでした。お身体大事になさってください!
にじさんの投稿を読んで、私も顕微鏡受精を三度失敗しその間に親戚や友人の出産で気持ちをかき乱されて自己嫌悪のループにはまってしまった経験があるので、にじさんのお気持ちすごくわかります。

個人的にはそのお友達、全然気を使ってくれないんだなぁと私だったら思ってしまいますね。
にじさんの治療のこと知っていてなおのふるまい、よけいに嫌だなぁと思ってしまいました。


私の個人的な私の場合で恐縮ですが、私は結果的にすべてから逃げました。移植後陰性判定が出た直後の友達の出産報告にも白々しい淡白な「おめでとう。よかったね」で済ませ、義理妹の出産後は連絡どころか未だに(5ヶ月前ですが)顔を見にもいっていません。

本当に失礼なことをしているな、自分は人の幸せを祝えない、なんて醜悪な人間になってしまったんだろうと自己嫌悪ですし、友人、義妹には申し訳ない気持ちでいっぱいですが、でも後悔はありません。
自分を守ってあげられるのは自分だけなんです。
受け入れられないものは受け入れないんです。
その気持ちを否定する必要ないと思います。いい人でいなくてもいいんです。
あの場で無理して全力で祝って、友達の大きいお腹や生まれた赤ちゃんの写真を見て盛り上がっていたら、私はきっと壊れていたと思います。

治療自体は私は苦痛ではなく、陽性判定はでないものの次回がんばろう!と思っている時に友人の出産報告等の情報が入ってくると、どうしても「なんで自分はできないんだろう」と比べてしまって気分が沈んでしまっていました。
前向きな気持ちもすっかりしぼんでしまい、また自己嫌悪のループです。

にじさんの「前を向いて、頑張りたいのです」の言葉で、私も同じように思っていたのでつい涙がでそうになりました。

にじさんはもう十分がんばっておられますよ。
今の一番の優先事項は治療に専念することだと思うので、それ以外の事はちょっと横に置いとく気持ちで、ご自分の心の負担を減らしてあげてほしいです。

自分の事ばかりで相手の気持ちになれていないのではという人もいるかもしれませんが、それの何がいけないんでしょう?みんな自分の事ばかりですよ。特に心の余裕がないときまで、人の心配なんてしなくていいんです。
がんばっているご自分いたわってあげてください。
にじさんが少しでもストレスなく治療に励まれることを心から願っています。

2020.8.30 04:26 2

もも(35歳)

コメントする


ももさま

コメントありがとうございます。
事務局からお知らせのメールが届くので、しっかり読ませていただいております!
私が感じていた自己嫌悪、ももさんも同じように感じていらっしゃるんだなと思いました。一人じゃない!同時に、「自分を守れるのは自分だけ」というお言葉、私も、治療に専念できるように、今は他のことは少し考えずにいたいです。それでなくても、治療のことで一喜一憂することばかりなので…
ももさん、自分の心を大切に、お互い頑張りましょうね!ありがとうございます^ ^

2020.8.30 12:10 1

にじ(39歳)

コメントする

1965

この投稿について通報する

この記事に関連する記事

この記事に関連する投稿

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

相談
する

Page
top