HOME > 質問広場 > 不妊治療 > その他 > 両卵管閉鎖と診断、ラパロ...

両卵管閉鎖と診断、ラパロかIVFか

2002.7.24 10:52    0 5

質問者: きむらさん(27歳)

先日、卵管造影、通気検査などから不妊の原因が両側卵管閉鎖と言うことがわかりました。
先生のお話によると
「右は完全に閉鎖、左は本当にわずかばかり隙間があるようだが、
 自然妊娠はほぼ無理。
 ラパロで卵管の通過性を見てみるか、もしくは即IVF」
と言うことでした。

今、とても迷っています。
旦那はIVFに抵抗があるようでラパロを希望しています。
でもラパロをしたとしても、卵管が開く可能性は五分五分だし、
卵管が開いたとしても術後閉じてしまったと言う話も聞くので
結局IVFをやることになるのではと感じているため、
私自身はIVFをしたい気持ちなのです。

私と同じような選択を迫られた方はどちらを選んだのですか?

応援する あとで読む

この投稿について通報する

回答一覧

こんにちは。同じような症状を持つもので、少しでも参考になればと思いカキコしました。
即、IVFと言われたのですが私の場合卵管水腫状態(卵管が完全にふさがれ先端に水が溜まっている)で、IVFでも着床率も劣ると知り、IVF前にラパロしました。卵管の軽い癒着でしたらこの手術で剥離もできると思いますが、多くの場合卵管内の繊毛(受精卵を子宮に運ぶ役割)がダメになっているのでやはり自然は難しいらしいです。私は先生にラパロやって良かったよと言われました。卵管ばかりか、卵巣の周りも癒着がひどかったので、前のままだとIVFの時に卵が取れにくかったみたいです。両管とも通してもらい、子宮環境を良くしてもらいました。
心のどこかで自然妊娠できるかもって思わずにはいられませんが、受精卵を作り育て運ぶ器官に異常があるというのは、あまりにも致命的で待ってもいられず、9月に初IVFに挑むつもりでいます。ラパロは普通の開腹手術よりは体の負担が少ないのですが、やはり痛いですし、お金もかかります。その点をお考えになって、選択してみるといいと思います。
お互いがんばりましょうね。

5

みこ(34歳)

初めまして。
私は子作りをはじめて1年3ヶ月たった今年6月、勇気をだして病院デビューしました。2度目の通院で卵管造影をし両側卵管閉塞がわかりました。しばらくは涙がとまらなかった。手術とか体外とかそんな言葉は自分に関係ないと思ってた。だけど先生とよく話し、何度も説明を聞いてるうちに現実を受け止め、落ち着いて前向きになれた。手術も考えたけどうまくいくかわからないし、今は少しでも早く欲しいーという気持ちが止められなくて、私は思いきって体外を選びました。今もう点鼻薬始めてます。旦那も同じ気持ちで理解してくれてます。もう頑張るしかない!そんな感じです。
お返事やアドバイスというより、自分の決意を語ってしまいすみません。でも
あまりに同じ状況だったので思わず・・・。
どちらを選択するにしても頑張ってくださいね!

8

かぼちゃ(29歳)

きむらさん、こんばんわ。
私も不妊原因は、両側卵管閉塞と診断されました。
私の場合は卵管水腫で、卵管内の繊毛がなく、卵管采も閉じていたので、ラパロや卵管形成手術は無駄という事で、IVF(ウチは主人の状態もよくなかったので結局ICSI)をすすめられました。
主人が、「ラパロをして自然妊娠の可能性にかけるより、IVFでの妊娠の可能性を信じたい。まめっこが手術をするのはイヤだ。」と言いましたし、私の年齢の事(30歳)もありましたので、ウチはIVFを選択し、妊娠に至っています。
年齢が若ければ、採卵数も多く、妊娠率も高いので、私はIVFをする事を早めに決断してよかったと思っています。

6

まめっこ(秘密)

きむらさん初めまして。私は3月にラパロで卵管水腫(両側)が発見され、開窓術と左卵管の癒着剥離を受けました。術後2周期目に卵管造影を受けた際、再癒着の可能性を指摘されましたので、7月にIVFすることを決断しました。
でも、ラパロ後4周期目(先月)に、自然妊娠しました。5週で流産してしまい、悲しい結果でしたが、自然妊娠の可能性があるとわかったので、前向きになれました。
年齢的なこともあり、今年中に自然妊娠できなければIVFにステップアップする予定です。
私自身はラパロして良かったと思っています。
ラパロを選択していなかったら、未だに私の卵は精子と会えずにいたでしょう。
これは私の個人的な意見というか体験談です。
ご主人ともよく相談して、後悔しないよう選択してくださいね。

6

らら(秘密)

みこさん、かぼちゃさん、まめっこさん、ららさん、貴重な貴重な体験談ありがとうございました。
思案・旦那との相談に当ってとても参考になりました。

結論から言うと、ラパロをやってみることに決めました。

担当医からも「術後、自然妊娠する可能性はほんの少しだよ。」
とも言われ、一時はIVFに決めかけていたのですが・・・・。

年齢的に猶予があることや、不妊治療をしていた友人に相談してみたところ
「私も両側卵管閉鎖で、駄目だったらIVFと思ってラパロをうけたら
 開腹になって卵管をつなぐ手術をなった」と言うんですね。
(そこまでやっていたとは知らなかった。)
実はその人その後年子で2人の子どもに恵まれているんですよ。
旦那はその話を聞いて「手術を」と感じたらしく、
私も賭けてみる気持ちになったのです。

ただ、旦那も皆さんのレスから
ラパロの可能性の低さやIVFへの期待の高さを感じ、
今まで闇雲に「IVFはイヤ」と言っていたのを、
「術後それでも授からなかったらIVFにしてもいいよ」
といってくれたのです。
まだまだ道のりは長いですけど、原因とこれからの方針が決まったので
今とてもさっぱりとした気持ちです。
ありがとうございました。m(__)m

7

きむら(27歳)

1975

この投稿について通報する

この記事に関連する記事

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

相談
する

Page
top