愛してます。

2001.10.3 17:20    0 6

質問者: ととのすけさん(秘密)

こんにちわ。

彼がリンパ腫瘍になってしまいました。
薬の副作用で子供はできない。といわれました。
それ以前の問題で、精巣を摘出するかもしれない。しかも両方・・・

私は彼の子供がほしいです。
でも、このままだと諦めるしかありません。
ま、いいや。って思っていても、小さい子、妊娠してる方をみると、
いいなぁ、私もほしいなぁってどーしても思ってしまいます。
でも、現実は無理なんです。
彼の命のほうが大事。
そーやって自分に言い聞かせてるんですが・・・

彼の事を愛してる、ずっと一緒にいたいです。
でも、子供ができないという寂しさと、悲しさ、
彼がこの先どーなるかわからないという不安と寂しさ、
別れればこの状況から逃げる事はできる。
けど、別れたくない。
毎日毎日、夜になると泣いてます。
朝になるとま、いっかぁーって思うんですが、また夜になると…
親にこの事を話せば 別れろ と言われるだろうし・・・

誰にもこの不安を言う事できなくてつらいです。



応援する あとで読む

この投稿について通報する

回答一覧

初めまして。家では今、母が子宮癌になってしまい、その事でバタバタしています。私が一番最初にそれを聞き、他の家族に打ち明けられない母と、いきなりの病気の発覚で大変混乱しました。最初は一人で泣きましたが、それどころではなくなり、今は長女である自分がしっかりしなくてはと思っています。
やはり、ととのすけさんが今はなんとか頑張って彼を支えてあげられたらいいなと私は思いました。だけど、まだ若いあなたが色んな物を諦める事になるかもしれないから、じっくり考えてくださいね。後悔しない様に・・・。辛いと思いますが、頑張って!!       

5

miu(24歳)

以前聞いた話なのですが、治療前に精子を取っておいて冷凍保存するという方法があるそうですよ。あくまで聞いた話なのですが、精子バンクというのがあって、アメリカでは病気は事故などで精巣を摘出せざる得ない時によく行われるそうです。日本にあるかどうかも分かりませんが、今やいろいろなバンクがあるので、もしかしたら日本でも保存可能かもしれません。彼に相談して、ドクターに聞いてみるといいかもしれませんよ。病院によって取り扱ってるところとそうでないところもあるかもしれませんし、それなりの料金を取られるかもしれませんが・・・。
不確かな話しでごめんなさい。

7

み〜♪(28歳)

辛い経験をされていますね。読んでいる私も辛くなってしまいました。
私は結婚もしていないので、何を言っても説得力がないかもしれませんが
今は、子供が欲しいという自分の要求を強くするよりは、
手術を受けなければならない彼のことだけを考えてあげてみてはどうでしょうか。
彼にとっても、この手術は精神的にも大打撃だと思います。
あなたが一緒にいてあげて、愛情をそそいであげてほしいです。
大好きな彼のために、一緒に困難を乗り越えてあげてくださいね。

4

カウ(26歳)

ととのすけさん、こんにちは。
彼が手術で精巣摘出あるいは、抗がん剤など副作用が強い薬を使用する場合は、事前に精子を保存しておくかの説明があるはずですよ。
施設によって違うと思いますが、1ヶ月1万円くらいで保存することができるようです。
知り合いに彼氏が精巣癌になって精子保存しているカップルがいますが、めでたく結婚するそうです。
ととのすけさんも辛いと思いますが、本人はきっともっと辛い立場にあると思うので支えてあげてくださいね。

7

ひな(29歳)

こういう事態において子供を欲しいと望むのは、ととのすけさんの身勝手ではなく、人間としての本能なのではないかと思います。

現代の医療は、時に想像を絶する奇蹟を起こしてくれることがあります。彼とじっくり相談なさった上で、み〜♪さんがおっしゃられていた方法を始めとした、あらゆる手段をご検討なさってみてはいかがでしょうか?

なにもしないまま諦める手はないと思いますよ!

5

くりす(35歳)

ととのすけさんこんにちは。
とても辛い状況ですが、希望は全くない訳ではないかも
しれない事をお知らせしたくて、レスします。
実は2年前、私の友人の旦那さまが精巣ガンを患われて、精巣の
摘出手術を受けられました。
その方が摘出したのは片方だけだったのですが、1年後
また再発し、今度は抗ガン剤と放射線での治療を受けられました。
今は良くなって、元気にお仕事に復帰されているようです。
しかも!その友人夫妻には、来月赤ちゃんが産まれます。
ひなさんのおっしゃる通り、治療前に精子を採取・保存しておき、
体外受精での妊娠だったそうです。

わたしは医学的な事や、専門的なことはわかりません。
友人から聞いただけですので、ととのすけさんのケースとは
全然違うかもしれません。
ですから、担当のお医者様と相談なさってみてはいかがでしょうか。

友人の旦那さまの治療は、とても辛いものだったと聞きます。
ととのすけさんも、彼と一緒にがんばって乗り越えて下さいね。
一日も早い回復をお祈りしています。

3

匿名(秘密)

1964

この投稿について通報する

この記事に関連する記事

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

相談
する

Page
top