前置胎盤

2003.8.19 14:35    0 2

質問者: ゆーなさん(33歳)

妊娠25週目で前置胎盤といわれ、このまま治らない可能性が高く、帝王切開になると言われました。 出血する可能性が高く、気をつけてくださいと言われ、とっても不安です。里帰り出産を希望していましたが、30週ごろから入院しなければいけないようで、無理なようです。(里帰りを希望するならば、もう帰らないといけないし、輸血等、すぐできる病院でないとダメだと言われました) 前置胎盤だった方で無事出産できた方、よかったら体験談を教えて下さい。

応援する あとで読む

この投稿について通報する

回答一覧

私は胎盤が完全に子宮口にかかる「全前置胎盤」でしたが入院・帝王切開の
末、半年前無事出産、現在は子供も健康に育っています。
22週から注意するように言われ、28週から安静のため入院しました。
お腹の張りを抑えるためという点滴を受け続けました。
トイレ以外はベッドから離れてはいけなくて例えば売店などに
行きたい場合は車椅子使用でした。とにかく「安静安静」でした。
大量出血に備えて自分の血液を輸血用にとっておいたりもしました。
それでも足りない場合は他人の血を輸血することもあるといわれてました。
幸い手術予定日までに出血することがなく、帝王切開の手術時も輸血を必要
とする程の大出血に至らず無事出産しました。
どこか痛いとか具合悪いとかの自覚症状がないので最初は入院自体抵抗を
感じなくはなかったし、つらいこともたくさんあったけど、病室が一緒
だった人と友達になるなど、いいこともありましたよ。
私と同じ前置胎盤で入院し、お腹が大きくなって胎盤があがり退院して
いった人もいました。まれにそういうこともあるみたいです。
「赤ちゃんの心音を毎日聞ける」「小さな疑問でもあればすぐに先生や
看護士さんに聞ける」など入院のいい点を見つけながら出産の日までを
乗り切ってください。無事出産されますようにお祈りします。

23

さくらっこ(秘密)

ゆーなさん、こんにちわ。
病名を聞いてきっと驚いていらっしゃると思います。
私も前置胎盤でしたが先月無事出産しました。

入院には2つの意味があります。
ひとつは、母体の大出血への対処が目的です。
例えば輸血のための自己血を事前にとっておくこと、
出血そのものを起こさないように安静を保つことなどが
そうです。
ふたつめは、子供が外に出てもいい大きさになるまで
妊娠を保つことが目的です。
張り止めの24時間点滴や安静の指示などがこれです。
私の経験では、やはり入院することを絶対おすすめします。

前置胎盤でも出産まで何も兆候がない人もいるようですが、
多くの人がそれまでに出血を経験します。
一番怖いのが、母体が出血しすぎて危険になるというものです。
そのため、予備的に入院させる病院もあるようです。
リスクは母体と子供の両方にありますが、
母体は出産まで大出血の可能性があるのに対して、
子供は何か障害などがあるわけではないので、お腹で大きくなって
くれば大丈夫です。その点では子供は、単なる切迫早産の人と
危険性は同じと考えればいいと思います。
つまり、大出血を起こしたときに、
赤ちゃんが外の環境に適応できる大きさかどうかがポイント
なわけです。
私は子供の推定体重が1500gを越えたと知った時、
ここまで持たせれば万が一大出血がおきても赤ちゃんは助かる!
と思ってとてもうれしかったです。
ゆーなさんは28週、そろそろ赤ちゃんも1500gくらいには
なってきているのではないですか?

私は20週のとき出血して入院したのですが、
最初は「まずは赤ちゃん1000gを目標に頑張りましょう」と
言われました。そして、大出血を起こす可能性があること、
その場合は母体保護のため、赤ちゃんを出すこと、
出血が止まらない場合、母体の命を守る目的で子宮摘出も
ありうることなどを説明されました。
正直かなり動揺しました・・・。

結局妊娠20週から出産までずっと入院して
24時間点滴(張り止めと止血剤)+絶対安静でした。
私は元気で痛くもないのに、安静を強いられることが最初はとても
苦痛でしたが、赤ちゃんのために最初に私がしてあげられることと
思って耐えました!

病院や前置胎盤の状態によって安静の度合いも異なります。
まだ出血がおきていないのでそれほど厳しい安静ではないかも
しれませんが、私の場合には出血するたびに安静の度合いがひどく
なって、トイレも禁止で寝たきり、導尿、食事も寝たまま、お風呂は
もちろん、洗髪も禁止でした。
最初のうち、出血がとまってきたのでトイレだけでも行こうと
したらまた出血して、とそういうことを繰り返すうちに
自分でも「動くと出血する」というのを学習し、
徐々に厳しくなる安静の指示を守るようになりました。

ところが出産直前まで何の兆候もなく
入院もしなかった前置胎盤の人もいました。
でも、助産師さんや医師からは、
前置胎盤である以上、兆候はなくてもリスクはあるので、
むしろそれに気付いて入院している人の方がずっと安全だ、
と説明されました。

私が見つけた病院のHPに詳しく前置胎盤のことが出ています。
参考にしてみてください。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~hhhp/fetal-appendage/placenta-previa.htm

ゆーなさん、心配でしょうがぜひ入院して
元気な赤ちゃんを産んでください。
子供は、安静を我慢したあとの最大のごほうびの気がして
喜びもひとしおでしたよ。
応援していますね!

46

はなまる(33歳)

1975

この投稿について通報する

この記事に関連する記事

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

相談
する

Page
top