HOME > 質問広場 > 不妊治療 > その他 > 不安なんです・・・

不安なんです・・・

2002.11.12 13:21    0 3

質問者: 臆病者さん(26歳)

子供が欲しくて、いろいろなサイトを見ていたらここに辿り着きました。
皆さんのスレやレスを読んで、また色々なことを考えさせられました。
私の話も皆さんに聞いて欲しくて、今回スレを立てさせて頂きます。

私は結婚して1年2ヶ月の兼業主婦です。
結納が終わったあと、夫と「早く子供が欲しいね」と言いそれから避妊をしないことにしました。
避妊するのをやめてから、もうすぐ1年半になります。
ただ、避妊をやめたと言うだけで、基礎体温を付けて排卵日を狙ったり病院に通ったりというような努力をしている訳ではありません。

この間、夫から「基礎体温付けてみれば?」と言われました。
夫の友人の奥さんは、基礎体温を付けるようになってからすぐに妊娠したんだそうです。

私も、子供が欲しかったので、いろいろなことを自分なりに調べていました。
本当に子供が欲しいなら、基礎体温を付けるのは基本中の基本で、本当なら今すぐにでも実践しなければいけないことの1つだと思っていました。
だけど、いろいろなことを調べれば調べるほど、基礎体温を付けるのが怖くなっていました。
私は普段から生理痛がひどかったり、冷え性だったりするので
もし、排卵していなかったら?
もし、排卵していたとして、頑張ってみてもダメだったら?
もし、病院へ行って、私や夫のどちらかに原因があったとしたら?
などと、悪いことばかりが浮かんでしまい、事実を知るのが怖いのです。

夫とは、結婚前に一度「もし子供ができなかったら」ということを話あったことがあります。
例え私に原因があっても、子供を作るために結婚する訳じゃないし離婚はしない。
もし俺に原因があっても、同じだろう?と言われました。
本当にその通りだと思います。
でも、私に原因があった時、夫は本当に私を責めないだろうか?
夫に原因があった時、私は夫を責めないだろうか?
考えれば考えるほど、自信がありません。
夫のことは大切です。
子供が出来る出来ないに関係なく一生側にいたいです。
でも、子供が欲しいのも事実です。

こんな「もし」「もし」などと繰り返していても、何も解決しないのはわかっています。
意を決して基礎体温をつけようと考えています。
こんな大袈裟なことではないのかもしれないけれど、不安な気持ちは拭い去れません。

応援する あとで読む

この投稿について通報する

回答一覧

お気持ちお察しします。
私も、去年の9月に結婚したものです。子供はいません。
基礎体温をつけて、狙って子作りすれば、確実だと頭ではわかっていても、
もしそれで出来なかったら?今までは、できなくても「狙ってるわけじゃないからたまたまハズレたんだ」という言い訳が自分にできる。でも基礎体温を測ってねらっているのにできなかったら・・・と思うんですよね。
でも、まだ不妊と決まったわけじゃないので、落ち込むのは早いですよ!
理解ある、いい旦那さんをお持ちなのですから、一緒にがんばりましょう。

7

jerry(30歳)

そんなに気にしない方が良いですよ。
ストレスは妊娠の妨げになります。
凄まじい冷え性と生理痛(救急車で数回病院行き)の持ち主である友人が、結婚2年目に自然に妊娠して無事に出産しました。

と言いつつ、不安な気持ち良くわかります。
生理不順に不正出血を繰り返していながら、ビビッて1年くらい病院は勿論、基礎体温すら拒んでいた事がありました。
不正出血が1ヶ月以上続いて、さすがに恐くなり病院に行って排卵障害が発覚しました。
あんなにビビッていたのに、かえって妊娠しない原因がはっきりしてスッキリしましたよ。
治療を始めて3年になりますが、もっと早く病院に行けば良かったと後悔してます。

あまり先の事を悪く考えて、落ち込まないで下さい。
ストレスが一番の大敵ですよ。

6

もっと気楽に(29歳)

暖かいレスありがとうございます。

私は、普段から気が強い上に
明るく振舞っているので、友達はもちろん
両親や夫も私がこんな風に、妊娠に対して
恐ろしくマイナス思考であることを知りません。
人に弱音を吐くことで、更に
事実を知らなければならない状況に
追い込まれるかもしれないことが怖かったからです。

友達や同僚から「子供まだ?」と聞かれても
「ホントにねぇ。私も聞きたいよ」と笑ってみたり
両親や夫には「また生理来ちゃったよ〜」と
明るく振舞ってみたり・・・
人知れず涙を流すこともしばしばです。


でも、暖かいレスを読んで、
私もせめて夫には弱音を吐いてみようかな、
と思うことができました。
事実を知って、結果がどうであれ
それと向き合って、これから自分がすべきことを
キチンと把握しなければ、と思いました。

私と同じように苦しんで、でも努力して
頑張っている皆さんがいることを忘れないで
私も頑張ってみようと思います。

また、何か壁にぶち当たってしまった時は
ここで力になってもらいたいし
私も力になれることがあれば、全力で応援したいと思います。

顔が見えない、相手だからこそ
弱音を吐かせてもらえたこと、
こういう場所があって本当に救われました。

ありがとうございました。

5

臆病者(26歳)

1975

この投稿について通報する

この記事に関連する記事

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

相談
する

Page
top