HOME > 質問広場 > 不妊治療 > その他 > 旦那の”いびき”で困って...

旦那の”いびき”で困っています。

2003.9.2 12:19    0 4

質問者: さくらさん(34歳)

今、旦那の”いびき”がひどくて8ヶ月前から別々に寝ています。結婚5年目になりますが、まだ子供はできません。別々に寝るようになってからSEXも無くなりました。別に仲が悪くなた訳でもなく、仲は良い夫婦だと思っています。このままだと子供もできないし、年齢のことを考えると早く子供が欲しいのですが・・・。8ヶ月も別々だと今更なかなか言い出せなくて一人で悩んでいます。何か良いアドバイスを頂ければと思って書き込みました。同じ悩みの方いませんか?

応援する あとで読む

この投稿について通報する

回答一覧

うちもいびきがひどくて新婚時代はよく眠れませんでした。
うちの場合は枕をかえて
寝ているときの頭の角度を変えると
いびきが軽くなりました。

いびきの原因はいろいろだと聞きますが
鼻のつまりからくるいびきだと
枕の高さを調節すると
効果があるみたいですよ。

13

姫しゃら(秘密)

はじめまして。私も同じ状態でした。
つい最近まで!!!
私も仕事を持っているので仕事のときは夫のイビキでイライラして
寝室を別々にしました。
確かに夫婦生活なくなりますよね。当然のことながら!
私も半年近くなかったですが、子供どうする?と切り出したら
夫からHしていないのに、できるわけ無いじゃん。と
言われて、月に2−3回は夫からも私からも
寝室に『おじゃましまーす♪』といって通う?ようにしました。
最初は余りの照れくささに、ドアの前で私1人恥ずかしがってました。
だっていかにもHしまょ。まってましたーって感じだったし。
なので、飼い猫抱いて一緒に寝るようになりました。
ただH後は更にイビキ煩いから、私だけ自分の寝室に戻る状態で
4ケ月後に妊娠しました。
凄い最初は照れますが、1度やってしまうと大丈夫ですよ。

12

私もぉ(秘密)

ベッドに戻るキッカケという事であれば、、少し長いですが興味があれば
一読下さい。
私は軽度の「睡眠時無呼吸症候群」という病気です。
これについては、最近いろいろHP等で詳しく出てますので見てみて下さい。
要は、寝ている時に何らかの理由で呼吸が止まり睡眠が何度も中断或いは
、浅くなってしまう。という症状です。
それにより昼間異常に眠いとか、重症であれば糖尿や脳血栓など様々な病気を引き起こす恐れがある。というものです。
そしてその「無呼吸症」を疑う要素の1つに「ひどいイビキ」があげられます。実際私もひどいイビキをかいているらしく、呼吸も時々止まっているようです。(その回数や停止時間で、軽度or重度が決まります)
それを防ぐ1つの方法として、あお向けではなく横向きに寝るというのが
あります。(おまたせしました!ここからがキッカケ作りです。)
ので、主人が夜中に目を覚ましたときに、私がイビキをかいていたら、
「よっこいしょ」と横向きにしてもらうようにしているんです。
なので、さくらさんも、「こういう病気があるみたいだから、心配だから
私、時々夜あなたの様子気をつけて見ておこうと思う。」って
言って見たらいかがでしょうか?
少し、脅してしまったようで申し訳ないけれど、御主人は私のように
軽度でさほど問題ない程度かもしれませんので、(誰しも無呼吸になること
は大なり小なりあるようですし、治療を必要とする場合は少ないようです)
過度に心配することはないですが、知識として知っておいてもソンはない
とおもいますから、キッカケ作りが目的ではあるものの、本当に仲良し
のダンナ様の様子を見てあげるのも私としてはおススメしたいです。


11

清和(33歳)

お気持ち痛いほどわかります。ウチの場合ですが、あまりにうるさいと枕投げたり、ちょっとつねったりして刺激を与えると静かになります。壊れた家電みたいです。(>。<;)
ただ、「いびきうるさいな〜」で済まさないほうがいいかもしれません。病気からきている場合もあるそうです。睡眠障害だったり、無呼吸症候群だったり、肥満で気道がふさがっていたり等。もし、近くの病院に「相談に乗りますよ〜」って書いてあったら相談してみるのもいいかもしれませんよ。

あと、うちは一緒にお風呂に入ると効果ありです。男性は視覚も感じるスポットだと聞いた事があります。(だからAVとかエロ本が売れるらしい)「Hして!」って露骨に言うのもなんですから、「一緒にお風呂はいろ!」って誘ってみてはどうでしょう?あまり恥ずかしがって言うと下心みえみえになってしまうので、さりげなくがいいかも!!

10

たむ(秘密)

1975

この投稿について通報する

この記事に関連する記事

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

相談
する

Page
top