HOME > 質問広場 > 不妊治療 > その他 > 妻は検査しても夫はしないのは

妻は検査しても夫はしないのは

2002.8.23 20:05    0 4

質問者: mさん(秘密)

結婚して2年子どもなしです。
最初の一年は仕事の都合で子どもを作るつもりではなかったのですが
そろそろほしいと思っています
基礎体温をつけてタイミングをはかっているのですがなかなかできません。
産婦人科の先生に「夫婦のことだからあなただけ検査するより
旦那さんもしてもらいなさい」といわれました。
(私は生理は順調で生理痛もなく基礎体温表も綺麗なもので
先生には「あなたは心配しなくていいでしょう」と言われてます)
私が初めて妊娠するための相談で産婦人科にいったときったとき
夫は「俺もなにかすることはない?」といったくせに
いざ「検査にいって」というと「俺のこと信用してないの?」と
いい乗り気でありません。子どもをほしがっているのは夫なのに
どうして女性だけ通院するのはあたりまえなんでしょうか
皆さんのところはどうでしたか
ご意見をおききしたいです。

応援する あとで読む

この投稿について通報する

回答一覧

mさん、こんにちは。
うちの場合は、ちょっと特殊なケースですが、事情があって主人に2度検査してもらいました。(^^;
二度は行う必要は無いと思いますが、一度は行う必要はあると思います。

二箇所の医療機関に行きましたがどちらでも、検査の初期段階で夫の検査が依頼されました。
その理由は、早い段階で男性因子を消すことで、(つまり男性側には異常なしと判ってから)女性側の検査を薦めて行く方が効率的だからです。
男性側の初期検査は、精液検査のみですが、
女性側は、検査項目が沢山ありますよね?
(検査はやればやるほどコストもかかるし・・・(苦笑))

そんな理由で、旦那様に話をしてみては如何でしょうか?
(納得してくれるかな?)

うちの主人も、さすがに二度目の時は、ちと嫌がってましたが、
妻である私も検査当日協力してね、との依頼があり、それらを了承しまして
無事乗り切れました。

mさんご夫婦なりの打開策が見つかると良いですね。

8

おかき(35歳)

mさん、こんにちは。

男性は、子供は欲しいけれど自分の検査は嫌と思われる方が多いようですね。
実際周囲の人達は、「子供が出来ないのは女性が原因の事がほとんどである」とか、「最初に女性側が検査して原因がなければ、男性側が検査したらいいんじゃない?」と思っている方が多いのが現実ですよね。

しかし、実際には不妊の原因は男性側にあるということも半数近くあるのが現実です。
おかきさんの仰っている通り、女性の検査はたくさんあり、時間もお金もかかるし、辛い検査もたくさんありますので、病院では男性側の検査を早い段階でするという事が一般的です。

子供が授かれない原因にはどういった事が考えられるのか?といったキチンとした知識を旦那様にも理解してもらって、精液検査をするという事の大切さを理解してもらうしかないのではないでしょうか?
不妊についての本を読んでもらうのもいいでしょうし、病院によっては不妊学級がありますので、夫婦揃って聞いてもいいと思います。

ウチの主人には妊娠のしくみや不妊の原因として考えられる事など、分かるまで詳しく説明したので、普通の女性よりもしかしたら詳しいかもしれません。(ちょっと恐いかも``r(^^;))でもお陰で嫌がらずに協力してくれます。

病院に行くのが抵抗があるようでしたら、自宅で採取したものを検査するという事も出来ますしね。

ぜひご夫婦協力して、早く良い結果が得られるといいですね。

10

はるい(30歳)

お返事ありがとうございます!
きちんと理論だてて検査の大切さを夫に説明してみようと
思います
またいろいろ教えてくださいね

9

m(秘密)

mさん、はじめまして。私は、水を差すようで悪いのですが、慎重に行動したほうが良いと思います。
と言うのは、実は以前こちらに、悩みとして、投稿させて貰いました。
主人にも、不妊検査を受けてもらい、原因が主人にあると判ってから、セックスレスになり、不妊治療の事でもめるようになったからです。
よく考えてね。後から後悔しないように。
とても、辛いことですよ。私は今、あの時連れて行かなければとか、後悔しています。主人のショックも、そうとう大きかったみたいで、未だに・・・。
男性要因の場合の、精神的ショックは、医者曰く、計り知れないとの事でした。今、私は悩める毎日、寂しい毎日を過ごしています。お盆前に投稿しているので、良かったら、読んでみてください。お互い、頑張りましょうね。


11

とろりん(秘密)

1975

この投稿について通報する

この記事に関連する記事

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

相談
する

Page
top