HOME > 質問広場 > 不妊治療 > その他 > 死産からの回復 社会保険病院で

死産からの回復 社会保険病院で

2003.9.14 16:52    0 3

質問者: さくらさん(秘密)

昨年里帰り直前の30週に検診先の新宿の社会保険病院で死産といわれました。初めての妊娠で来週には実家に帰れるつもりでいたのでショックは相当でした。不思議と冷静に子宮を広げる処置(痛かった)を受け陣痛を起こしたのですが本当にその間自分を責めたり家族やお腹の赤ちゃんに申し訳ない思いで苦しかったです。なによりも胎動を一緒に感じいつも声をかけてくれていた主人はその事実を中々受け入れられずにいました。
そのときに担当した助産婦の心無い対応が今も私を苦しめこれでいいのだろうかと悩みます。Sという小柄できつい顔つきの助産婦でした。希望のない陣痛に耐え我慢できず「痛い」というと「静かにして、どうせまだ出ないから」と言われました。出ないって。確かに赤ちゃんは死んでしまったかもしれないけど生まれるはずの命をそんな物のように言われてショックでした。おどおどしている主人を面倒そうに見て部屋を出ましたが外で「だめね、男は弱くて。私死産によく当たるのよ」と言う話をしているのが聞こえました。
確かにこんな患者は迷惑かもしれないけど、あまりのひどさに愕然と赤ちゃんがあの助産婦の手に渡るのかと思うと粗末に扱われるんじゃないかと心配でした。そして赤ちゃんが出そうな感じがしたので呼んでも「まだです」と放置されとうとう頭が半分出かけた状態でやっとあわてて分娩室に運ばれ赤ちゃんを出されました。もちろんねぎらいの声をかけてもらえず葬儀の手続きの事務的な話をされて終わりでした。
あれから約1年経ちようやく私の心も回復してきました。同じような体験をした人の話をきいたり情報交換をしましたが病院で私のような体験をした人はほとんどいませんでした。当時は赤ちゃんの事でいっぱいでしたがあの酷い助産婦のことは一生忘れないと思います。

応援する あとで読む

この投稿について通報する

回答一覧

赤ちゃんの事は、かなりのショックな出来事と思います。
一年たって、少し心の整理ができたのですね。
勿論、一生忘れられないし、忘れては、いけないけれど。前向きに生きて下さい。
私も、昨年切迫流産、早産で上の子を産んだ病院に、入院しましたが、産む直前に、病院を変えました。
助産婦さんや、先生は、一年に何百人もの赤ちゃんの手伝いをしてるでしょうけど、私達一人一人は、一生のうちにそんなに体験できることではないし、前回難産でも、2人目は安産とか、その反対もありますし、妊婦がどれだけ、ナイ−ブになっているか、そんな事は、病院側も基本中の基本で、みんなが気をつけるべきです。
色々と、心の葛藤があるでしょうけど、菊池桃子さんも前向きにお子さんを授かりました。
こればかりは、縁ですが、先を見て生きて下さい。
偉そうにごめんなさいm(..*)m

16

saita443(35歳)

私も去年32週で死産になり、さくらさんと全く同じ処置を受けました
希望の無い出産は辛いですよね
同じ痛みをして出産するのに、生まれても
「おめでとうございます」
の言葉も無く、淡々と処置が行われていました
私は、何故か冷静でした
夫はずーっと泣いていて、それが辛かったですね
出産後、赤ちゃん抱かせてもらいその時初めて涙が溢れてきました
看護師さんも一緒に泣いて下さって、悲しんでくれる人が家族以外にも
いたんだと思うと嬉しかったです
その助産婦さんの言葉は、暴力ですよね
そんな人が医療現場にいるなんて、信じられない
今に天罰が下されるでしょう・・・
私も、今妊娠に向けてTryしているところです
お互いに、がんばりましょうね

17

satuki(32歳)

さくらさん、こんにちは!
辛い時に嫌な思いされたんですね。読んでて自分の事、思い出してしまいました。私は長い不妊治療の末、IVFでやっと妊娠したのですが
約二年前、7ヶ月の時、死産しました。その時の助産婦さん・・
一人の方は子宮を広げる処置の時など自分の手を握らせてくれました。不安で怖くてたまらない私に体に力が入らない様に優しくです。人の温かい手に触れているだけで緊張が多少、うすれた様に思います。
今でもありがたく思っています。そして、もう一人の方です。先生の
助手をする訳では無く、ただ私の左上半身の方に立って居ました。その看護婦さんの手が私の方にきたので手を握らせてもらえるのだと思い
手を握ろうとした所おもむろに私の手は払い退けられました。
なんか悲しさが倍増しまた。その後もただ私のそばに立っているだけ。ただでさえ不安で辛くて悲しい時にあの態度は今でも心に残っていす。本当に辛い時だから少しでも優しくしてほしいのに、さくらさんは私
以上に傷ついたと思います。心無い看護婦・助産婦に悲しくなります。
さくらさんは、あれから一年経過したとのことですが、お体大事に!

13

かぼちゃん(34歳)

1975

この投稿について通報する

この記事に関連する記事

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

相談
する

Page
top