HOME > 質問広場 > 不妊治療 > その他 > 胎児の頸部浮腫

胎児の頸部浮腫

2003.10.7 15:10    1 5

質問者: ねこさん(26歳)

以前にも同じような投稿があったかと思います。
検索して拝読させていただきましたが、私も別途投稿させてください。
今日で10週と3日。今朝健診に行くと、胎児の首の後ろに2.9mmの浮腫があるとのことでした。
先生は「3mm以上あると、胎児に異常が見られる場合がある。
でも、まだ、赤ちゃんも小さいし1ヶ月様子をみましょう」とのこと。
今回は二人目の妊娠で、一人目のときはつわりも軽く何のトラブルも
なかった分、心配と不安でたまりません。
今後どんなふうになって行き、どんなことが予見できるのでしょうか?
どんなことでも、かまいません。教えてください。
何もできない自分がまた、憎くてたまりません。
宜しくお願いします。

応援する あとで読む

この投稿について通報する

回答一覧

胎児についての御心配なら国立成育医療センターの特殊診療部にTEL相談されてみては如何でしょうか。
ホームページhttp://www.ncchd.go.jp/
診療科のご案内の特殊診療部をご覧になってみて下さい。

17

ななりん(37歳)

こんにちわ。
参考になるかどうかわかりませんが、不安なお気持ちがすごく
わかるので、お返事させていただきました。
私は現在14週の終わりなんですが、11週目の検診の時に、
先生から「頭の後ろに水が溜まってるような影がある」と指摘
されました。その時は「まだ異常と判断するようなものでは
ありませんが、二週間後にもう一度見てみて、大きくなるような
ことがあれば、考えましょう」といわれました。
私はこちらに記事を載せていらっしゃる方たちのようにはっきりと
「頚部浮腫」などと診断されたわけではないので、もしかしたら、
ケースが違うのかもしれないのですが・・・・

そして、二週間後の検査では溜まっていた水は少しあったものの、
だいぶ小さくなっていました。先生に「羊水検査の必要はないですか」
と聞きましたら、「このくらいの大きさなら(3mmくらいだった
ようです)このまま消滅していくと思いますし、必要ないでしょう」
と言われました。そうは言われても、もちろん不安はありましたが。

そしてつい先日、15週目の検診に行ってきました。結果は何事も
なかったように水は消えていました。先生も「もう何も心配はない
でしょう」とおっしゃってくださいました。

私の場合、先にも書いたように、「頭の後ろ」とか「水が溜まっている」
というように先生が表現され、「首の後ろのむくみ」とか「頚部浮腫」
と呼ばれるのとはもしかしたら違うのかもしれません。

もし、どうしても心配でしたら羊水検査をしてみたらいかがでしょう?
但し、100%安全な検査というわけではないようですし、万が一異常が
見つかった時に、どういう判断をするのかを事前に考えて置いた方が
よさそうです。
経験もないのに、偉そうなことを書いてしまってすみません・・・

13

たまこ(30歳)

以前、同じような相談をさせて頂いた「あくび」です。
ねこさんの気持ちすごくよくわかります。
私も説明を後、心配と不安でいっぱいで、母子手帳でさえ
もらいに行くのに躊躇したり
妊娠を知られるのがいやで、保育園やお稽古事の送迎を控えたくらいです。
参考になるのかわかりませんが、私が主治医から受けた
説明等書きますね。(ちょっと長くなるかも)

私の場合、11週で4ミリ。12週で3.2〜3.6ミリ。14週には消えていました。
最初は「首の後ろに水?リンパ液?がたまっています」と
説明されたように思います
「頚部浮腫」は、10〜15・6週に見られるもので、
正常な場合でも、見られるようですが、
染色体異常や心臓奇形等の可能性がある場合、見られることがあるようです。
また、上記にも書きましたが、見られる時期は決まっているので
染色体異常があっても、自然に消えてしまうため
消えたからと言って、染色体異常がないとは言えないようです。
(反対に、頚部浮腫がなくても300分の1の確率で染色体異常はあると
言われました。)
そのため、一般的に3ミリ以上を可能性が高いとして
染色体検査を説明されることが多いようです。
(実際、私もトリプルマーカー検査、羊水検査を説明され、
17週の時に羊水検査をしました)

3ミリ以上の場合、数百分の1の確率。4ミリ以上になると十数分の1の確率
になる(高いのか低いのかよくわかりませんが)ので、私の場合
「たぶん心配ないと思うけど、保険のようなものだね」
と、羊水検査中に言われました。
私の主治医は、染色体異常等の可能性・確率、羊水検査についての
説明はしてくれましたが、強く検査を勧めるようなことはしませんでした。

ねこさんの場合、2.9ミリと言うことなので、先生としても
判断しにくいのかもしれないですね。
(計測の仕方で0.1ミリくらいの誤差は考えられるから)
やはり、様子を見ていくしかないのかもしれませんが、
2週間後くらいにもう1回診てもらえるといいのにと思ってしまいます。
セカンドオピニオンという事で別の先生に見ていただくとか
染色体異常が心配であれば、羊水検査を受けるという選択になるのかな?
(トリプルマーカーは確率で出てくるので、異常の有無はわかりません
白か黒かはっきりしたければ、羊水検査を勧めます)
ただ、羊水検査は、染色体異常のみの検査です。
心臓奇形やその他の奇形の有無はわかりません。

私も一人目、二人目ともこんな事いわれなかったので
三人目で頚部浮腫を指摘されなんで?と思い
夫とも羊水検査について悩みました。
異常があって中絶する気がないなら検査の必要はないと言う人もいますが
産むにしても、出産するまでずっと不安に思っているより
心構えをもって生みたかったので検査をすることにしました。
昨日結果が出て、異常がなかったのでほっとしているところですが
何らかの奇形があるかもと覚悟はしています。

とりあえず、主治医の先生から納得のいくまで説明してもっらって
(11週の時は一人でしたが、12週からは夫にも一緒に受診してもらいました)ご主人とよく相談して決めることが一番だと思います。

何の異常もなく元気な赤ちゃんであることを祈ってますね。
長くなってすいません。


18

あくび(秘密)

はじめまして(^^♪以前にも何人か同じような感じでここに、投稿している方がいて私もそのうちの一人です。今私は23週でまだ胎児の首が1cm腫れています。でも、それ以外は何度診察しても心拍正常・成長過程も順調・胎動もしっかりしていて問題はなく、今だに原因もわかりません。今回で同じ経験をして2回目です。前回はおろしてしまいました。でも、今回は産んでみようと思い今も原因がわからないままとうとう6ヶ月後半まできています。正直、この胎児頚部浮腫という症状のことは色々調べてみました。でも、みんな十人十色で生まれてみたら何ともなかったとか、結局死産したとか、先が不安だから中絶を選んだとか、どこかに障害があったとか、さまざまでどんな結果になるのかは産んでみなきゃわからないのが大半をしめているそうです。それに、ねこさんは今の時点では2.9mmでしたよね?大体の婦人科では3?をこえた時点から異常と診断するそうです。でも、どんな出産でも生まれてくるまでは障害があるかとか、ちゃんと産まれてくるのかはわからないものだと思います。エコーでは確認出来なかったのに産まれてきたら障害があった…っていうことも、結構あるようですしね(>_<)不安な気持ち痛いくらいわかります。でも、どんなに不安に思っても今結果としてわかっていることは首が腫れているということにはかわりありません。その腫れがひいていくかもしれないし、大きくなっていくかもしれない…。私のように腫れが引くことも大きくなることもなく生まれてみるまでは、何も分からないままかもしれない…。でも、考えすぎてもこればっかりはきりのない事だと思います。それよりも、今後の結果次第でどうしていくのかが大切だと思うので旦那さまとじっくり相談してみた方がいいと思います(^_^)v私は2月9日が出産予定日でそれまでは、どう転がっていくのかわかりませんが産むときめたからにはどんな結果になろうと覚悟をきめて、今はあまりクヨクヨせずに前向きに考える事にしました。中には同じ症状でも生まれてみたら正常だった…とか、生まれてから子供の首の腫れがだんだん引いて、今では何もなく元気に過ごしているっていう方も、たくさんいるそうです。せっかく授かった命だからいい結果を信じて出産をしたいものです。私も最初の頃はただただ、頭の中が真っ白で動揺していましたが今では、こんなに前向きに考えられるようになりました。ねこさんも旦那さんと話し合って、後悔することのないように結果を出せることを応援しています。長くなってごめんなさい。

46

まゆみ(22歳)

お返事を下さった皆さん、
本当にご親切に有難うございました。
拝読させていただき、皆さんのママとしての心構えの
大きさと強さに感心してしまいました。
それと、同時に私もしっかりしなきゃと思った次第です・・・

正直、11月1日までの健診まで心配でなりません。
でも、どこかで赤ちゃんを信じるというか、
「きっと大丈夫。ママと一緒にいるんだから・・・」と
変な安堵感もあります。
次回の健診には主人と一緒に行って経過を伺うこととともに
今後のことも踏まえて先生にいろいろ聞こうとも思っています。
私も「胎児頸部浮腫」についてはできるかぎりいろいろ
調べました。ご意見は本当に十人十色です。
私の場合がどうなるのか、断定はできないにせよ、
主治医・夫婦間でいろいろ話し合って方向性を見出していこうと
思っています。
せっかく授かった大切な命なので、信じて本当に
大切に育んで行きたいと思っています。
また、次回健診後に投稿させていただきたいと思います。
皆さん、本当にありがとうございました。

26

ねこ(26歳)

1975

この投稿について通報する

この記事に関連する記事

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

相談
する

Page
top