• みんなの広場
  • 専門家Q&A
  • コラム

  • すべて

  • くらし身近な話題

  • 不妊治療治療と生活・健康

  • 妊娠・出産健康と生活

  • 子育て成長・教育・家庭

  • その他医療婦人科等の悩み

  • (駄)ココロと身体

  • すべて

  • 不妊治療Q&A

  • 漢方・鍼灸Q&A

  • 婦人科Q&A

  • すべて

  • くらしコラム

  • 不妊治療コラム

  • 妊娠・出産コラム

  • 子育てコラム

  • その他医療コラム

  • すべて
  • 人間関係
  • 健康
  • 仕事
  • 美容
  • ファッション
  • 家事
  • お金
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 漢方・鍼灸
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4〜6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月〜
  • その他
  • すべて
  • 0〜6ヶ月
  • 7〜11ヶ月
  • 1歳
  • 2歳
  • 3歳
  • 4〜6歳
  • 6歳以上
  • その他
  • すべて
  • すべて
  • 雑談
  • 独り言
  • 愚痴
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • すべて
  • すべて
  • 人間関係
  • 健康
  • 仕事
  • 美容
  • ファッション
  • 家事
  • お金
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 漢方・鍼灸
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4〜6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月〜
  • その他
  • すべて
  • 0〜6ヶ月
  • 7〜11ヶ月
  • 1歳
  • 2歳
  • 3歳
  • 4〜6歳
  • 6歳以上
  • その他
  • すべて
コラム   >   不妊治療の広場   >   その他   >   通水検査の結果が微妙。自然妊娠は可能ですか?

通水検査の結果が微妙。自然妊娠は可能ですか?

通水検査の結果が微妙。自然妊娠は可能ですか?

伊藤 哲 先生(あいウイメンズクリニック)

相談者:まこさん(35歳)

今後の治療法について

妊活を始めて8カ月目。タイミング法だけではなかなか授からず、先日クリニックで卵管通気通水検査を受けました。通気は問題なくできたのですが、通水で重い生理痛のようなうずくまりたくなる感じが襲ってきて、途中でやめてもらいました。先生の診断は「通気では聴診器で左右とも聞こえているので○、通水は6ml入れて3ml戻ってきたが、3mlは入っているので△」とのこと。「とりあえず、このまま少し様子をみましょう。もし気になるようならレントゲンの造影検査を受けてみては?」といわれたので、生理がきたら受けようと思っています。今の状態で自然妊娠するのは難しい? 3mlの水が戻ってくるというのは、どのような原因がありますか?

 

通気通水検査というのはよく行われる方法なのでしょうか。

通気検査は子宮口からカテーテルなどで炭酸ガスを注入し、圧を見たり音を聞いて、卵管の詰まりを判定するもの。子宮卵管造影検査ができないヨード剤過敏症の人でも受けることが可能ですが、左右差をはっきり特定することができないのが難点です。

通水検査は超音波下で卵管の状態を見ながら通水する方法ならいいのですが、ただ水を入れるだけの通常の通水は診断的な価値があまりないので、最近はほとんど行われていないと思いますね。

まこさんが診断された結果についてどう思われますか。

通気検査は問題なくできたということですから、担当の先生がおっしゃるように、卵管は通っていると考えられるかもしれません。

通水検査は「水を入れた時に通っていればお腹の中に出るから戻ってこない、ある程度水が戻ってくるなら卵管が詰まっている可能性がある」という単純な判定法なので、本当に詰まりがあるのか、左右どちらでどの程度の閉塞なのかははっきり診断できません。

ですから、これを確定診断だと思って気にすることはないと思いますね。もう少し詳しい状態を知るためには、子宮卵管造影検査を受けたほうがいいと思います。この検査なら左右の卵管の詰まりや、奇形がないかなど子宮内腔の状態もチェックすることができます。

当院では子宮卵管造影検査は最初に受けていただく必須の検査で、それをしてからでないと不妊治療をスタートすることができません。まこさんは妊活を始めて8カ月ということですが、できればもう少し早く受けていただければよかったですね。卵管の異常に気がつかないままタイミング法を続けていたら、貴重な時間が無駄になってしまうこともあります。

通気通水検査だけでこのまま様子をみるのではなく、なるべく早く子宮卵管造影検査を受けることをおすすめします。

自然妊娠できる可能性はありますか。

前述したように、まずは子宮卵管造影検査で確定的な診断をつけていただくこと。片方の卵管だけ詰まっていた場合、もう片方から排卵すれば自然妊娠の可能性もあると思います。

両卵管が詰まっていて、それでも自然妊娠を希望するということであれば、FT(卵管鏡下形成術)という方法で閉塞や癒着を治療してからタイミング法に臨むという選択肢もあるでしょう。

AMH(抗ミュラー管ホルモン)や精子の状態など、卵管以外の不妊要因を調べて、ほかに問題があるようなら体外受精に進むというケースもあるかもしれません。今の体の状態をもう少し詳しく調べて、最良の治療法を選択していただきたいと思います。

伊藤先生より まとめ

●画像で確認できない通水検査では確定診断は難しいでしょう。
●子宮卵管造影検査なら卵管に加え、子宮内腔の状態も確認できます。

 


[無料]気軽にご相談ください

 

お話を伺った先生のご紹介

伊藤 哲 先生(あいウイメンズクリニック)

順天堂大学医学部卒業、同大学院修了。順天堂大学医学部産婦人科学講師、国際親善総合病院産婦人科医長を経て、1999年あいウイメンズクリニック開院。日本生殖医学会生殖医療専門医。最新の採血計測機器を導入。これまで1時間近くかかっていたホルモン値の測定結果も20~30分と半分に短縮。患者さんの時間的負担が減り、子宮外妊娠の疑いなども迅速に調べられるように。

≫ あいウイメンズクリニック

出典:女性のための健康生活マガジン jineko vol.35 2017 Autumn
≫ 掲載記事一覧はこちら

 

おすすめ


  • 1/2

人気


  • 1/2


  • 0 Twitterでシェア
  • 0 Facebookでシェア
  • 0 Google+でシェア
  • LINEでシェア