• みんなの広場
  • 専門家Q&A
  • コラム

  • すべて

  • くらし身近な話題

  • 不妊治療治療と生活・健康

  • 妊娠・出産健康と生活

  • 子育て成長・教育・家庭

  • その他医療婦人科等の悩み

  • (駄)ココロと身体

  • すべて

  • 不妊治療Q&A

  • 漢方・鍼灸Q&A

  • 婦人科Q&A

  • すべて

  • くらしコラム

  • 不妊治療コラム

  • 妊娠・出産コラム

  • 子育てコラム

  • その他医療コラム

  • すべて
  • 人間関係
  • 健康
  • 仕事
  • 美容
  • ファッション
  • 家事
  • お金
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 漢方・鍼灸
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4〜6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月〜
  • その他
  • すべて
  • 0〜6ヶ月
  • 7〜11ヶ月
  • 1歳
  • 2歳
  • 3歳
  • 4〜6歳
  • 6歳以上
  • その他
  • すべて
  • すべて
  • 雑談
  • 独り言
  • 愚痴
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • すべて
  • すべて
  • 人間関係
  • 健康
  • 仕事
  • 美容
  • ファッション
  • 家事
  • お金
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 漢方・鍼灸
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4〜6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月〜
  • その他
  • すべて
  • 0〜6ヶ月
  • 7〜11ヶ月
  • 1歳
  • 2歳
  • 3歳
  • 4〜6歳
  • 6歳以上
  • その他
  • すべて
コラム   >   不妊治療の広場   >   その他   >   特別企画〈家族の未来を考える〉 不妊治療の原点から考える里親・養子縁組制度

特別企画〈家族の未来を考える〉 不妊治療の原点から考える里親・養子縁組制度

特別企画〈家族の未来を考える〉 不妊治療の原点から考える里親・養子縁組制度

宇津宮 隆史 先生(セント・ルカ産婦人科)

 

不妊に悩む夫婦の年齢が年々上がっている今、新たな選択肢の一つとして注目されつつある里親・養子縁組制度。生殖医療の観点からセント・ルカ産婦人科の宇津宮隆史先生にお話を伺いました。

 

厚生労働省のデータで里親等委託率の全国平均は16・5%です(平成26年度)。大分県は平成16年度の7・4%から平成26年度の28・5%へと大幅に増加。理由として何が考えられますか?

私の印象ですが、児童相談所の運営・連携クオリティの高さが大分県の委託率向上につながっているのではないでしょうか。体制が整っているからこその結果と推測できます。

私は別府市にある児童養護施設の理事長を兼務していて、当院のスタッフも施設運営に力を貸してくれています。子どもたちと向き合っていくなかで、施設のスタッフ、子どもたちとはとてもいい関係性ができています。なぜなら我々が考える不妊治療は「不妊の夫婦のため」ではなく「生まれてくる子どものためにある」ということが原点にあるからです。不妊に悩むご夫婦の大半は、夫婦のために治療を受けていますが、生まれてくる子どもは「人」そのもの。この世に生を受けて本当に良かったのかが最も重要であり、それに基づいた治療を提案します。どんな時でも子どもが最優先にされるべきという思いが、皆の共通認識なのです。

子どもを授かることが難しいご夫婦の不妊原因が明確な場合、治療はある程度限定され、やめるタイミングも比較的早い段階で訪れます。助成金を受ける女性の年齢が43歳未満なので年齢の条件も一つのきっかけになるでしょう。治療を終える時に子どもを授かっていればいいのですが、そうでない場合もあります。もし、そのご夫婦が40代前半で治療を終えたなら、そのあとにまだ40年は夫婦二人での生活があります。その年月を、夫婦でどのように生きていくのか。子どもを諦めざるを得ない時、夫婦で考え、決断しなければならないのです。そのようなことを多角的に考え、サポートする取り組みとして、当院では40歳以上の方を対象にした座談会や、二人だけの生活を選んだご夫婦の体験談を話してもらう会を定期的に開催しています。

どうしても自分たちの子どもが欲しいという思いで卵子提供を希望される方もいますが、当院では卵子提供を実施していません。希望されれば他院を紹介することもありますが、これは不妊治療のステップアップとは別次元の話としてとらえていただきたいです。

出自を知る権利の現状は?

非配偶者間人工授精(AID)が日本で認められる際、精子提供者の情報は一切秘密とされました。戸籍上、何も記載はないので告げられなければ子どもは永久に知ることができません。しかし、ほとんどの場合は、ある日突然に、しかも家族の一大事というタイミングで知らされるのです。両親が離婚する時、親が危篤または亡くなった時。それでなくても大変な状況なのに、「お父さんの子どもではない」「知らない人の精子で産んだ」などと告げられた時の動揺、その後の葛藤や悲しみは想像をはるかに超えるものでしょう。

海外での卵子提供により誕生した子どもたちは年長の子ですでに5・6歳に成長しています。彼らに出自を知る権利が保障されているかというと、残念ながらそうではありません。議論の途中で卵子提供がスタートしたため、クリニックや患者さん各々の解釈で「知らせる」「知らせない」と大いに異なるのです。また、子どもの成長を20年間フォローアップするのも確実に実施されるかは疑問で、現状は子どもの立場、権利が置いてきぼりにされていると言えるでしょう。

里親・養子縁組についても、最優先されるべきは子どもです。養親が必要な子どもも不妊の夫婦も増えているのが現状ですが、そのうえで考えたいのが「特別養子縁組」について。戸籍の記載が実子なので、夫婦としては、子どもができる、親になれたという喜びがあるでしょう。しかし、実の親との関係が継続する「普通養子縁組」に比べ、「特別養子縁組」は実の親との関係を完全に断つものです。戸籍に民法上の一文が記載されて自分が養子だと知る機会が訪れても実の親=ルーツを知ることができない可能性が高いです。結果は出自を知る権利が奪われることになるのではないでしょうか。

 

最後にメッセージをお願いします。

大抵のことは実現できる時代ですが、何でもやっていいわけではありません。また、そういう決断をする時に本来はその子どもの気持ちを聞くべきなのですが、それができないのですから大人が責任をもって保障してあげなければならない。不妊治療中の皆さんも、今しようとしているのは何のためか、夫婦で向き合い、思いを一つにして最善の道を選択していただきたいと切に願います。

 

 

大分県の取り組みと、10年の不妊治療を経て特別養子縁組を選択したFさんご夫妻の体験談を聞く「里親・養子縁組の説明会」を院内で開催。治療経験から語られた「お互いをいたわり、夫婦二人で決断する」というFさんの言葉が参加者各々の心に響きました。

 


[無料]気軽にご相談ください

 

お話を伺った先生のご紹介

宇津宮 隆史 先生(セント・ルカ産婦人科)

熊本大学医学部卒業。1988年九州大学生体防御医学研究所講師、1989年大分県立病院がんセンター第二婦人科部長を経て、1992年セント・ルカ産婦人科開院。国内でいち早く不妊治療に取り組んだパイオニアの一人。開院以来、妊娠数は8,000件を超える。O型・おひつじ座。プライベートな休日が取れないほど多忙な日々を送る宇津宮先生。体力を維持するために寸暇を惜しんで運動することを心がけていて、「学会で上京した時は皇居を走ろうかな」と笑顔で語ってくださいました。

≫ セント・ルカ産婦人科

 

 

出典:女性のための健康生活マガジン jineko vol.35 2017 Autumn
≫ 掲載記事一覧はこちら

 

おすすめ


  • 1/2

人気


  • 1/2


  • 0 Twitterでシェア
  • 0 Facebookでシェア
  • 0 Google+でシェア
  • LINEでシェア