• みんなの広場
  • 専門家Q&A
  • コラム

  • すべて

  • くらし身近な話題

  • 不妊治療治療と生活・健康

  • 妊娠・出産健康と生活

  • 子育て成長・教育・家庭

  • その他医療婦人科等の悩み

  • (駄)ココロと身体

  • すべて

  • 不妊治療Q&A

  • 漢方・鍼灸Q&A

  • 婦人科Q&A

  • すべて

  • くらしコラム

  • 不妊治療コラム

  • 妊娠・出産コラム

  • 子育てコラム

  • その他医療コラム

  • すべて
  • 人間関係
  • 健康
  • 仕事
  • 美容
  • ファッション
  • 家事
  • お金
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 漢方・鍼灸
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4〜6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月〜
  • その他
  • すべて
  • 0〜6ヶ月
  • 7〜11ヶ月
  • 1歳
  • 2歳
  • 3歳
  • 4〜6歳
  • 6歳以上
  • その他
  • すべて
  • すべて
  • 雑談
  • 独り言
  • 愚痴
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • すべて
  • すべて
  • 人間関係
  • 健康
  • 仕事
  • 美容
  • ファッション
  • 家事
  • お金
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 漢方・鍼灸
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4〜6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月〜
  • その他
  • すべて
  • 0〜6ヶ月
  • 7〜11ヶ月
  • 1歳
  • 2歳
  • 3歳
  • 4〜6歳
  • 6歳以上
  • その他
  • すべて
コラム   >   不妊治療の広場   >   IVF   >   できるなら、妊活期間を“楽しく”!

できるなら、妊活期間を“楽しく”!

悩んで過ごすか、明るく過ごすか、不妊治療中の過ごし方は、自分しだい。だから、楽天的に!

 

もしも赤ちゃんを授からなかったとしても、人生はこれからも続きます。「子どもがいなくても、幸せ!」と思える人生、生き方だってあるのです。まずは、自分の人生を楽しむこと! “生き甲斐”を見出してみませんか?

“やり甲斐のある仕事” ママになってもしたい!

「不妊治療に専念しよう!」と心に決め、きっぱりと仕事を辞めたミルクさん(31歳)でしたが、その喪失感は想像をはるかに上回るものでした。憧れていた職業、やりがいもあり、これまで真摯に取り組んできただけに、「育児が一段落したらまた職場に戻りたい」との気持ちが日増しに強くなり、それと同時に「その日はいつ来るの?」という漠然とした不安が。

「赤ちゃんを授からない限り、職場復帰は見込めない」けれど、いつ妊娠するか、妊娠できるかさえも定かではありません。仕事ではきっちりと年間プランを立て、着実に実行に移してきたミルクさんにとっては、先の見えない不妊治療はストレスそのものでした。

「だから、決めたのです。不妊治療は1年間だけにしようと。また、治療がストレスにならないように、妊活中は思い切りわがままに振る舞い、妊活期間を大いに楽しみ、有効に過ごそう! と」。

 

元キャリアウーマンだから、考えた“効率”

ミルクさんがご結婚されたのは2014年11月。お相手は職場の先輩のご友人で、知り合ったのは6年ほど前。その後も食事などをご一緒するお仲間の一人としてのお付き合いがあり、それがいつしか恋愛に発展。すでに気心が知れた仲だったため、真剣交際を始めて半年でのスピード婚でした。挙式は、さらにその1年後。

「私の仕事のスケジュールを優先してもらい、挙式は先延ばしにしました。その代わり、挙式の段取りなどはすべて私が綿密に仕切りました。プランを立てるのは、得意なんですよ」と澄んだ声で笑うミルクさんは、ご年齢よりずっと若く見える可愛らしい女性。おっとりした印象ですが、「性格的には、かなりせっかちですよ」とご本人の弁。その当時は、仕事のスケジュールに追われる毎日で、就寝は23時過ぎ、起床は5時。土日も段取りよくスケジュールがこなせるよう下準備。何事においても仕事の“効率”を優先させ、プライベートは後回しでした。

ところが挙式を済ませた途端、じわりと「赤ちゃんが欲しい」という感情が芽生えます。しばらくは排卵検査薬などを使用してタイミング療法を試みましたが、良い結果は得られず、不妊治療に踏み切ることに決めました。

 

我がままに! 贅沢に!妊活中の“特別な1年間”

「仕事と不妊治療の同時進行では、どちらも中途半端になってしまうに違いない」と、“効率”を重視して仕事を辞め、不妊治療を優先させたミルクさんでしたが、わずか1週間ほどで激しく後悔しました。ミルクさんにとって、それほどに仕事は重要な存在だったのだと思い知らされました。

「子どもがいる人生もきっと楽しいはず。でも、私には仕事という生き甲斐もある」。そう考えた時、ミルクさんはどちらかを選択するのではなく、その代わりに期限を決めました。「1年間、不妊治療を頑張ろう。それでダメだったら、また仕事を頑張ろう」と。

そして、「妊活に専念する1年間は、特別な1年間にする!」と決めたのです。そこでまず取り組んだのが、妊娠においてもっとも悪影響となる“ストレス”の排除。やりたくない! と思うものを書き出してみると、なんとその筆頭は家事でした。

「夫は本当に優しい人で、だからこそ言えたのですが、“1年間だけ怠けさせてください”とお願いしました。快く引き受けてくれたことを、とても感謝しています」と、ミルクさん。「もちろん、完璧は求めません。食事も、有機野菜や添加物のないものを取り寄せていたので、シンプルな調理法でも十分においしい。通院で大宮に行く際には、ウォーキングがてらデパ地下を歩きまわり、夫好みのちょっぴり贅沢なお惣菜を奮発して買うことも。お互いに、無理をしない範囲でやろうね、と」。

家事をしなくてよくなった分、時間も贅沢に使いました。「大学に通って、過去の論文を読んだり、自分でも書いたり。伝統芸能に触れたり、英語を始め、スペイン語や韓国語の学習もしました。女友達を誘って、ランチ女子会などもしましたよ。SNSなどで繋がっている気になっていましたが、会って話すのとはやはり違うと実感。それ以来、インターネットなどで情報を得るのはやめました」とも。

また、「妊活中こそ、自分自身を見つめる時間」ととらえ、時間を有効活用している! と思い、「無駄に時間を費やしているわけではない」と、自身を納得させたのです。

 

通うのが“楽しい”と思える、病院選び

ミルクさんが選んだ不妊治療クリニックは、小誌でもお馴染みのかしわざき産婦人科でした。

通いやすい。地元で評判がいい。産科も兼任している、という条件を満たしたからでしたが、ミルクさんは通うほどに、「この病院を選んでよかった!」と感じたそう。「先生方はもちろん、看護師さんや培養士さん、スタッフの方すべてがとにかく親切。私の、もしかしたらくだらないかもしれない質問にも丁寧に答えてくださり、嫌な顔一つなさらないのです。また、予約制だと“予約したから”と悪天候でも無理をしていらっしゃる患者さんがいては気の毒、とあえて予約制ではないので、気になることがあればすぐ行かれるのもありがたかった。私は2週に1回の通院の時でも、先生やスタッフの方とお話がしたくて毎週通っていました(笑)」。

実はミルクさん、人工授精直後に食中毒に罹りました。救急病院すべてから断られ、結局はかしわざき産婦人科で治療を受けたご経験も。「妊婦かもしれないと思ったら、流産や胎児の障害なども考え、治療を避けたい病院も多いのでしょう。地域に根差した病院に通院していたおかげで助かりました」と、振り返ります。

自然に近い妊娠を目指すかしわざき産婦人科ですが、“効率”重視のミルクさんに急かされ、一気に体外受精へ。その結果、めでたく妊娠! ミルクさんは、今年の晩夏にはママになる予定です。治療を始めてちょうど1年。「まだ凍結胚が8個あるので、計画を練って、仕事への支障を最小限に抑えながら、何人か産みたいと思います」とミルクさんは言います。

さらに「でも、もし授からなかったしとしても、私にはやり甲斐のある仕事があります。それは、それで幸せ。子どもをもつ以外にも幸せはあるのだと、奇しくも妊活中に思い知ったのです」とも。

From Doctor 治療を振り返って

「心配になるほどの“優等生”。つらい時は泣いてもいいよ!」

 

「妊活は楽しかった」とおっしゃるミルクさんですが、実は精子が弱くて受精障害がありました。顕微授精の前には卵巣過剰刺激症候群、妊娠してからも切迫流産や切迫早産の危険があって長く入院していただいたりと、本当は大変なこともいっぱいあったのですが、よく耐えたと思います。
とにかく前向きで、決断が早い。こちらが提案する治療法も、「それならやってみたい」「それはやりたくない」などとしっかりした考えのうえで、明確に意思表示をしてくれるので治療も進めやすかったですね。私としても受精から赤ちゃん誕生まで担当でき、やり甲斐を感じます。
とにかく明るいので、こちらも元気を分けていただきました。妊婦向けのエアロビクス教室でもリーダー的存在で、彼女がいるだけで場が和むので助かります。
でも、あまりに頑張り屋さんで弱音を吐かないから、逆にそれが心配だったことも時々ありました。でも、最後までよく頑張ってくれました。
先生のご紹介

柏崎 祐士 先生(かしわざき産婦人科)

京都府立医科大学医学部卒業。2000年まで日本大学板橋病院で主に不妊治療に従事し、その間、米国エール大学医学部産婦人科で研修。その後、「かしわざき産婦人科」副院長に。日本生殖医学会生殖医療専門医、日本婦人科内視鏡認定医。O型・おとめ座。

≫ かしわざき産婦人科

出典:女性のための健康生活マガジン jineko vol.35 2017 Autumn
≫ 掲載記事一覧はこちら

 

 


おすすめ


  • 1/2

人気


  • 1/2


  • 0 Twitterでシェア
  • 0 Facebookでシェア
  • 0 Google+でシェア
  • LINEでシェア