HOME > 不妊治療 > その他 > 高温期9日目で出血が…基礎体温も微妙です。着床出血でしょうか?
HOME > 不妊治療 > その他 > 高温期9日目で出血が…基礎体温も微妙です。着床出血でしょうか?

高温期9日目で出血が…基礎体温も微妙です。着床出血でしょうか?

コラム 不妊治療

高温期9日目で出血が…基礎体温も微妙です。着床出血でしょうか?

2016春p43

2016.2.10

あとで読む



高温期9日目で出血が…基礎体温も微妙です。着床出血でしょうか?



相談者:アオさん(41歳)


着床出血ってこんな感じでしょうか?
高温期9日目で出血がありました。タイミング的には着床出血かなと期待しましたが、よく聞く「おりものに血が混ざる感じ」ではなく普通の生理と同じような鮮血で、それなりの量です。5カ月前に流産して以来、子宮環境が整わず周期がずれている可能性も考えられますが、今まで高温期9日目での生理は経験ありません。基礎体温もこんな時に限って微妙です。今朝、目が覚めて測ってみると36.16℃と完全に下がっていてがっかり。でも、実は真夜中でした。もう一度寝て朝に測ってみると36.86℃。なんとか高温期をキープできているような体温でした。そこからの朝の出血。前回の妊娠(体外・9Wで流産)の時は着床出血もなく、こんなことは初めてです。鮮血がしっかり出るのは良くない気がしています。もし着床出血だったとして、これくらい出血するのは大丈夫でしょうか?



 そもそも、着床出血ということ自体、普通にあることなのでしょうか?


内田先生:僕は聞いたことがないですね。着床の時に出血が起きるらしいということが、まことしやかに広がったものと思われます。妊娠しなかった人も、着床時期に出血している人はいるでしょう。理論上は、着床期の出血はないのが正しいです。


 アオさんは、高温期9日目で出血があったということですが、この状態はどう判断したらいいのでしょうか?


内田先生:41歳のアオさんが自然周期で排卵したら、高温期が10日目くらいで生理が来ることは、起こりうることです。今周期にタイミングでということですが、実際に9日目で出血があり、10日目、11日目と続いたら、まちがいなく生理だと思います。でも、そういう時期に出血するということは、おそらく何らかの条件が足りていないことの表れでしょうし、その出血がどこからなのかは、診察してみないとわからないです。


 着床時に生理と同じような量の出血があっても大丈夫?


内田先生:それはノーです。着床期に必要なホルモンが足りていない時に起きるのが出血で、その最たるものが生理です。おそらく、ホルモン環境、妊娠成立の着床環境が整っていないのでしょう。着床の時期の出血は、ないに越したことはありません。
生理が終われば次の生理まで出血がないのが普通なので、どの段階でも出血があるのは良くないですね。生理以外の時期の出血ならば、何か問題かなと思ってほしいです。がん検診は当然のことながら、悪性のものが隠れていないとは限りませんからね。


 排卵期の出血はどうでしょうか?


内田先生:排卵期には、いったん上がったホルモンレベルが下がり、排卵後に再び上がり始めます。その下がるところが実は生理が始まる時と同じような感じなので、そのホルモンレベルのタイミングがずれていると出血します。排卵出血するというのも、やはり条件的には少しずれている可能性があるということです。ですから、排卵出血もないに越したことはありません。あったとしても、ホルモン剤で補助をしたりしていけばいいと思いますよ。


 アオさんの今後の治療は、どのように考えたらいいでしょうか?


内田先生:妊娠は個人でそれぞれに違っていて、着床の時期に何か引っかかる問題があったりしても、妊娠することもあります。数字でみるとひと月約15%、100人中15人はそういう経過でも妊娠できるかもしれないということです。本来、しっかりとした排卵があって条件がそろっていれば生理以外で出血することはありません。妊娠成立の着床環境を整え、ホルモン環境的にも問題のない周期をつくろうというのが、今後の治療の基本になるのではないでしょうか。



内田クリニック 内田 昭弘先生


内田クリニック 内田 昭弘先生

島根大学医学部卒業。同大学の体外受精チームの一員として、1987年、島根県の体外受精による初の赤ちゃん誕生に携わる。1997年に内田クリニック開業。生殖医療中心の婦人科、奥様が副院長を務める内科、大阪より月1回来院の荒木先生による心理カウンセリングをもって現在のクリニックの完成形としている。この春、内田クリニックの近隣に研修ホールがオープン。年4回開催している妊活セミナー、スタッフの勉強会、講習会などの会場に使う予定。今後の展開にさまざまな可能性を抱く内田先生です。

≫ 内田クリニック




 




出典:女性のための健康生活マガジン jineko vol.29 2016 spring
≫ 掲載記事一覧はこちら





 専門家に相談してみる




あとで読む

この記事に関連する記事

この記事に関連する投稿

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

Page
top