HOME > 不妊治療 > IVF > 初回採卵での高い妊娠率を目標に、患者さんに適した刺激法を選択します ~体外受精の目安~
HOME > 不妊治療 > IVF > 初回採卵での高い妊娠率を目標に、患者さんに適した刺激法を選択します ~体外受精の目安~

初回採卵での高い妊娠率を目標に、患者さんに適した刺激法を選択します ~体外受精の目安~

初回採卵での高い妊娠率を目標に、患者さんに適した刺激法を選択します ~体外受精の目安~

2010冬

2010.11.25

あとで読む



不妊治療は、医師の方針や患者さんの希望などで、さまざまな治療の選択肢があるのが特徴です。
そこで今回は、5人の先生に同じ質問をしてみました。





Question2
体外受精の際、目安(理想、目標)としている成熟卵の数、子宮内膜の厚さ、受精率(顕微授精含む)、培養液の種類について、基本としている治療方針をお聞かせください。



初回採卵での高い妊娠率を目標に、患者さんに適した刺激法を選択します


ジネコ:体外受精の時に目標としている採卵数はどのくらいですか?
高橋先生:医療というのは、治療開始前に常に利益と不利益、つまりリスクを天秤にかけています。妊娠を目標と考えた場合、少々リスクがあっても排卵誘発をして、ある一定以上の採卵数が欲しいということになります。私は10個くらいが、リスクである副作用も少なく妊娠率も高い、バランスの取れた数だと考えています。

10個採卵しても受精するのが7個ほどで、3日で戻せるといい胚は5個ほどに減る。さらに胚盤胞になり本当に赤ちゃんになるのは2個か3個です。新鮮胚を1つ戻してだめでも、もう1個か2個の凍結胚で妊娠が期待できます。これが1回の採卵で10個という根拠です。逆に、それ以上でも妊娠率は変わらず、OHSSという副作用が出る可能性が高まります。しかし、10個も採卵できない場合は少なくありません。
ジネコ:では、子宮に戻す時の内膜の厚さはどれくらいがいいのでしょうか?
高橋先生:理想的なのは10~14mmくらいです。7mm以下だと着床率が非常に低いということが、世界的に知られています。過排卵をすると女性ホルモンの値も高くなるので内膜が厚くなるのですが、なかには厚くならない人もいます。

今は凍結の技術も進歩しているので、受精卵を採卵周期には移植せずに凍結し、次周期以降に薬も使いながら子宮内膜を厚くして戻すという方法はよくとられていますね。
ジネコ:体外受精と顕微授精の受精率は、それぞれどのくらいでしょうか?
高橋先生:一般の体外受精ですと、60%以上が目標です。それ以外は全然受精しない、または多精子受精といって、精子が2匹も3匹も入ってしまうことがある異常な受精です。

本来は、卵子の周りの透明帯がガードをかけて、1匹が入ると他の精子が入れないようにします。しかし、体外受精は人工的に卵子の上に精子をかけるので、ガードがうまくいかず、2匹3匹と入り、受精はしたけれど多精子受精でその受精卵は戻せないということがあるのです。

顕微授精だと80%が目標ですね。顕微授精は精子が弱い、少ないという男性不妊のために考え出されましたが、現在では女性因子の問題で行われることも多くなっています。

年齢が高い女性の場合、卵子の透明帯が硬くて厚くなっているため、精子がよくても入れないということがあるのです。ですから当院でも、年齢が高く、採卵数が少ない人には顕微授精をする場合が多いです。または10個採卵したら、5個は体外受精し、万一を考えて残り5個は顕微授精しておくという、スプリット法をご提案することもあります。
ジネコ:培養液の種類はどうでしょうか?
高橋先生:培養液は5日目まで同じものを使う考え方と、3日目で変えるという考え方があり、各社からいろいろ出ていますが、結局どれでも差はないという結果が出ています。卵子がうまく育つかは培養液ではなく、培養環境をいかに厳しく管理しているかどうか。施設の培養環境のクオリティコントロールシステムの差が非常に大きいと考えています。




広島HARTクリニック 高橋 克彦先生

慶應義塾大学医学部卒業。インターン時代に立ち会ったお産に感激し、産婦人科医を目指す。1990年に日本初の体外受精専門外来クリニック、高橋産婦人科を開業。後に広島HARTクリニックと改名。2000年、東京HARTクリニック開設。

≫ 広島HARTクリニック




 





【特集】 先生の治療方針聞かせてください!


Question1:体外受精の胚移植


着床率が高いのは一度凍結させた胚の自然周期での移植だと考えています


妊娠率を上げるために胚盤胞で凍結させた胚の移植を基本に考えています


胚盤胞まで育てた受精卵の移植で、さらにすべて凍結してシート法で戻す方法を基本としています


初回は初期胚移植で。なるべく手を入れず、シンプルにいったほうがいいと思います


良好な胚盤胞を得ることが妊娠率を上げるポイントだと考えています


Question2:体外受精の目安


目安はあくまで目安、問題にぶつかった場合に他院の先生方との連携も重要だと感じています


卵巣予備能力=抗ミュラー管ホルモン(AMH)を一番の目安としています


成熟卵を多く採ることよりも、患者さんに合った卵巣刺激法を選ぶことが大切


リスクと妊娠率のバランスを考えると低刺激法で6~8個が理想的だと思います


Question3:ステップアップについて


女性の年齢と卵巣予備能力、精子の状態、治療回数、不妊原因を総合的に加味して考えています


基本的なデータを参考にしつつもご夫婦そろって納得できるかが決め手になります


生活や個人によって基準はそれぞれ。時にはジャンプアップも提案します


ステップアップ治療は一つの目安。治療のプランや内容を知ることで不安は解消。


まずは効果的な治療方法や妊娠率などの情報を提供。ご夫婦の意思を最優先して一緒に決めていきます





あとで読む

この記事に関連する記事

この記事に関連する投稿

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

Page
top