HOME > 不妊治療 > IVF > 卵巣予備能力=抗ミュラー管ホルモン(AMH)を一番の目安としています ~体外受精の目安~
HOME > 不妊治療 > IVF > 卵巣予備能力=抗ミュラー管ホルモン(AMH)を一番の目安としています ~体外受精の目安~

卵巣予備能力=抗ミュラー管ホルモン(AMH)を一番の目安としています ~体外受精の目安~

コラム 不妊治療

卵巣予備能力=抗ミュラー管ホルモン(AMH)を一番の目安としています ~体外受精の目安~

不妊治療は、医師の方針や患者さんの希望などで、さまざまな治療の選択肢があるのが特徴です。そこで今回は、5人の先生に同じ質問をしてみました。

2010.11.25

あとで読む




Question2
体外受精の際、目安(理想、目標)としている成熟卵の数、子宮内膜の厚さ、受精率(顕微授精含む)、培養液の種類について、基本としている治療方針をお聞かせください。



卵巣予備能力=抗ミュラー管ホルモン(AMH)を一番の目安としています


ジネコ:AMHとは、卵巣の中にどれだけ卵子が残っているか、いわゆる卵巣の予備能力を知る検査ですね。この検査によってどんなことが測れるのでしょうか?
浅田先生:AMHによって出る結果は、妊娠できるかどうかではなく、不妊治療ができるかどうかの可能性を測るものだと、私は捉えています。どんな治療であれば、残っている卵子を有効に活用できるのか。それは卵巣の予備能力次第なんですね。

AMHは、年齢を重ねるほど低くなるかというと、一概にそうとは言えません。妊娠率や流産率が年齢と相関しているのは確かですが、AMHが示すのはあくまでも卵巣年齢が何歳か、ということ。実年齢にかかわらず、不妊治療をいつまでできるかを示すのが卵巣予備能力=AMHです。
ですから私は、実年齢がこれくらいだから何をやったほうがいいというのではなく、その人個人のAMHもあわせて評価して方針を立てるべきだと思います。そして、卵巣の予備能力が低い人には、他の治療よりも妊娠率が高いということで、体外受精を早めにすすめたいですね。
ジネコ:体外受精では、どれくらいの数の成熟卵を採るのが理想ですか?
浅田先生:卵巣に卵子が残っているかどうかはAMHなのですが、卵子の若さや質はやはり年齢が相関してきますから、たとえば35歳以前と40歳以上では、必要な卵子の数も妊娠率も大きく変わります。

つまり、年齢によって排卵誘発法や採卵の時期を考慮することも、とても重要なことです。若い時なら成熟卵が10個ほど採れても、年齢を重ねて同じ条件で採卵したら2~3個しか採れないということがあります。成熟卵をきちんと5個くらい採りたい場合、そこから1~2日、場合によっては3日遅らせて成熟するのを待つとか、やはり一人ひとりに合わせた方法で、より多くの成熟卵を採る方法を検証するべきです。

よく「いい卵子が採れませんでした」と言いますが、卵巣内に30~40年も残っている卵子をよい悪いでいったら救いがない。卵子が残っているということと、それを採り出す医師の技量、そして培養技術がそろって初めて〝いい卵子”の定義ができるのです。
ジネコ:培養は体外受精の根幹だと思いますが、培養液も今は何種類かあるのですよね。
浅田先生:培養液は日進月歩ですね。当院では、新しい培養液が出るたびに、同じ方の受精卵を2つの培養液に分けて、両者でどれだけ差があるかを比較し、データを出していきます。また、受精卵の成長に合わせて培養液も変えていきます。

培養液どころか、体外受精も顕微授精も、まだまだ発展途上なんですよ。それなのに「うちはこういう方法しかしません」というのは、自ら進歩しないと宣言しているようなものです。患者さんがどんどん高齢化しているなら、それを克服するために排卵誘発も培養液も変わっていくのが当然です。私自身、今よりもっとよい方法を常に検証し、追究していきたいですね。




浅田レディース名古屋駅前クリニック 浅田 義正先生

名古屋大学医学部卒業。1993年、米国初の体外受精専門施設に留学し、主に顕微授精を研究。帰国後、日本初の精巣精子を用
いた顕微授精による妊娠例を報告。2004年、浅田レディースクリニック開院。

≫ 浅田レディース名古屋駅前クリニック




 





【特集】 先生の治療方針聞かせてください!


Question1:体外受精の胚移植


着床率が高いのは一度凍結させた胚の自然周期での移植だと考えています


妊娠率を上げるために胚盤胞で凍結させた胚の移植を基本に考えています


胚盤胞まで育てた受精卵の移植で、さらにすべて凍結してシート法で戻す方法を基本としています


初回は初期胚移植で。なるべく手を入れず、シンプルにいったほうがいいと思います


良好な胚盤胞を得ることが妊娠率を上げるポイントだと考えています


Question2:体外受精の目安


目安はあくまで目安、問題にぶつかった場合に他院の先生方との連携も重要だと感じています


初回採卵での高い妊娠率を目標に、患者さんに適した刺激法を選択します


成熟卵を多く採ることよりも、患者さんに合った卵巣刺激法を選ぶことが大切


リスクと妊娠率のバランスを考えると低刺激法で6~8個が理想的だと思います


Question3:ステップアップについて


女性の年齢と卵巣予備能力、精子の状態、治療回数、不妊原因を総合的に加味して考えています


基本的なデータを参考にしつつもご夫婦そろって納得できるかが決め手になります


生活や個人によって基準はそれぞれ。時にはジャンプアップも提案します


ステップアップ治療は一つの目安。治療のプランや内容を知ることで不安は解消。


まずは効果的な治療方法や妊娠率などの情報を提供。ご夫婦の意思を最優先して一緒に決めていきます





あとで読む

この記事に関連する記事

この記事に関連する投稿

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

Page
top