HOME > 不妊治療 > AIH > 人工授精の妊娠率はどのくらい?
HOME > 不妊治療 > AIH > 人工授精の妊娠率はどのくらい?

人工授精の妊娠率はどのくらい?

コラム 不妊治療

人工授精の妊娠率はどのくらい?

不妊に関して、みんなどんなことを知りたいと思っているのでしょうか。Webジネコなどで多く検索されているキーワードをピックアップ!テーマ別にドクターに詳しく解説していただきました。

2016.8.22

あとで読む




 


Keyword ≫ 人工授精 妊娠率


人工授精の妊娠率を教えて


人工授精は、人の手を介して精子を子宮内に送り込みますが、受精、着床など妊娠そのものの成立は自然で、体への負担が少ない治療法です。一般的な人工授精の妊娠率は5~10%といわれています。当院の1回あたりの人工授精による妊娠率は10~11%程度。人工授精の妊娠率はもっと高いと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、これが現状です。
人工授精が適しているケースは、次の4つです。
(1)原因不明の不妊(しばらくタイミングをとっても妊娠に至らない場合など)。
(2)フーナー検査で不良が認められた場合(頸管粘液不全など)。
(3)軽度の男性不妊(精子数が少ない乏精子症、運動性が少ない精子無力症など)。
(4)性交
障害(EDなど)。
ちなみに40歳を超えると、人工授精1回あたりの妊娠率は数%まで低下します。また、精子の数が少ない乏精子症の場合、人工授精を2~3回を行っても妊娠しない場合、体外受精をおすすめすることもあります。ただし、性交障害であったり、フーナー検査の結果が不良など、原因が明らかな場合は、人工授精を6回以上続けることもあります。





久保みずきレディースクリニック 石原 尚徳先生

高知大学医学部卒業。神戸大学医学部大学院修了。医学博士。兵庫県立成人病センター、兵庫県立こども病院の勤務を経て、2008年より久保みずきレディースクリニック菅原記念診療所。不妊治療から周産期・小児医療まで、地域に根ざした総合的なサポート体制が整う同クリニックで、不妊治療/婦人科、産科の外来を担当する

≫ 久保みずきレディースクリニック




 




出典:女性のための健康生活マガジン jineko vol.31 2016 Autumn
≫ マガジンの記事がすべてご覧いただけます!



マガジンのお申込みはこちら


ジネコとつながろう!














【人気コラム】
ユーザーストーリー~あなたに伝えたいメッセージ~



【人気コラム】
田村秀子先生の心の玉手箱



【役立つ】
不妊についてもっと知ろう!不妊とは?



【おすすめ】
フリーマガジン「ジネコ」各号記事一覧




あとで読む

この記事に関連する記事

この記事に関連する投稿

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

Page
top