HOME > 不妊治療 > その他 > 目標を設定することとこまめな情報提供で納得していただける治療を心掛けています ~患者さんメンタル面のケア~
HOME > 不妊治療 > その他 > 目標を設定することとこまめな情報提供で納得していただける治療を心掛けています ~患者さんメンタル面のケア~

目標を設定することとこまめな情報提供で納得していただける治療を心掛けています ~患者さんメンタル面のケア~

目標を設定することとこまめな情報提供で納得していただける治療を心掛けています ~患者さんメンタル面のケア~

2011春

2011.2.25

あとで読む






Question3
患者さんのメンタルのケア、どうしてますか?(治療中のお休み、やめどきなど)



目標を設定することとこまめな情報提供で納得していただける治療を心掛けています


ジネコ:こちらのクリニックでは、患者さんのメンタルな部分をどのようにケアされているのでしょうか。
俵先生:診察中に患者さんの抱える悩みをすべて解決できればいいのですが、どうしても時間がとれなかったり、医師には相談できないこともあると思います。ですから、それをフォローするサポート態勢はしっかりつくるようにしています。
ジネコ:診察時のお話だけでは、考えていることすべてを相談しきれない患者さんもいらっしゃるでしょうね。
俵先生:そうですね。私は毎回必ず、患者さんが診察室を出られる時に、どんな表情をされているか見るようにしています。その時に「この方はまだ気になっていることがありそうだな」と感じたら、看護師に「声を掛けてあげてね」と伝えます。こういう時、「また次の診察の機会に」というタイミングでは遅いと思うんです。ですから、疑問があればその場で解決できるようにフォローをします。
そうしないと、たとえば次の診察が1週間後の場合、患者さんは1週間ずっとストレスを抱えたままになってしまいますから。予約制でじっくりお話を聞くカウンセリングも重要ですが、それだけではなく、このような日々の細やかなケアも必要だと思っています。
ジネコ:不妊治療ではつらい告知をしなければならないこともあると思いますが、先生はどのように患者さんにお伝えしていますか。
俵先生:不妊治療を頑張って続けてこられた方にとって、「どこで治療を終わりにするか」というのは、一番悩まれることではないでしょうか。今まで何も言われず、突然「もう無理ですよ」と伝えられたら、ショックを受けるのは当然だと思います。
漫然と治療を続けるのではなく、最初にある程度、目標を回数として設定し、その回数が近くなったところで「そろそろ次のことを考える時期かもしれません」とお伝えしたほうが心の準備もできるのではないかと思います。
当院の場合は、初診時のオリエンテーションで現実的なデータやリスクをお伝えすることから始まり、治療のタイミングごとに何回も情報提供をしていくことで、患者さんが納得し、後悔のない治療を受けていただけるように努力しています。
ジネコ:治療をやめる場合はもちろんですが、なかなか思うように結果が出ずに治療をお休みしなければならないことも、患者さんにとってはつらい選択だと思うのですが……。




俵IVFクリニック 俵 史子先生

浜松医科大学医学部卒業。総合病院勤務医時代より不妊治療に携わり、2004年愛知県の竹内病院トヨタ不妊センター所長に就任。
2007年、静岡に俵IVFクリニックを開業。

≫ 俵IVFクリニック




 





【特集】先生の治療方針聞かせてください!


Question.1 着床率を上げる方法


受精卵の質を高め、タイミングを見極めた治療を続けることが着床率向上には不可欠


ファーストチョイスはホルモン補充周期で融解胚移植。ダメな場合は自然周期で。それでもダメならHMG周期で融解胚移植。


子宮内膜の安定、着床に悪影響を及ぼす因子を除去することで着床率を向上させます


Question.2 子宮筋腫がある場合の不妊治療


筋腫の場所や大きさによって個別に治療方針を決めています


採卵、摘出するかは筋腫に状態でそれぞれ。妊娠希望なら、早めに婦人科検診を受けるのも有効です


子宮筋腫の手術後は体外受精も視野に入れ、1年以内に不妊治療を始めるべきでしょう


Question.3 患者さんのメンタル面のケア


治療で起こりうることを事前にお伝えし、心の準備をして臨んでもらうようにしています


医師だけでなく心理カウンセラーや看護師がお話を聞きサポートします


医師と看護師、心理の専門家がチームで支えることが大切だと考えています





あとで読む

この記事に関連する記事

この記事に関連する投稿

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

Page
top