HOME > 女性の健康 > 女性のがん > 子宮頸がん、誤解していませんか? 正しい知識が予防の第一歩
HOME > 女性の健康 > 女性のがん > 子宮頸がん、誤解していませんか? 正しい知識が予防の第一歩

子宮頸がん、誤解していませんか? 正しい知識が予防の第一歩

インタビュー 女性の健康

子宮頸がん、誤解していませんか? 正しい知識が予防の第一歩

子宮頸(しきゅうけい)がんは、予防できる唯一のがんです。しかし、妊娠出産を考える20代から30代女性に最も多く発症しています。正しい知識を身につけて、自分の体を守りましょう。

2018.4.6

あとで読む

子宮頸がんは、誰でもかかる可能性のあるありふれた病気




子宮頸がんとは、子宮の入口部分(頸部、けいぶ)に発生するがんのことです。ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルス感染によって引き起こされます。しかも主に性交渉によって感染することもわかっています。


 


それゆえ、子宮頸がんになったことをご主人に話したら、「僕はそんな遊びはしていない、君が浮気でもしてきたんじゃないか」と言われてもめたという患者さんもいました。ただ、子宮頸がんの原因であるHPVは、性行為だけでなく、皮膚の接触によるものも含めて、女性の50歳までにほとんどの人(8割から9割)が一度は感染するありふれたウイルスです。普通に生活しているだけで感染するものなのです。


 


一般的には、感染しても1~2年で消えてしまいますが、なかには長きにわたって子宮頸部に居すわるものもあり、それががんを発生させてしまいます。
つまり、HPVは感染してもすぐにがんができるわけではありません。また、過去の性体験が他の人より多いからといって、感染率、子宮頸がんの発症率が高いわけではありません。


子宮頸がんは予防できる唯一のがん。ワクチン接種と定期検診を!


女性のがんで最も多いのは乳がんですが、その次が子宮頸がんです。特に20代から30代においてのナンバー1は子宮頸がんで、ちょうど赤ちゃんを産む年代と重なります。万が一、子宮頸がんを発症して、ある程度進行してしまうと子宮全摘となり、妊娠の機会まで奪われてしまうことになります。だからこそ、しっかり予防し、検診を定期的に受けて早期発見することが大事なのです。


 


家族や親戚にがんになった人がいると、がんにかかりやすいというイメージがありますが、子宮頸がんには、遺伝は一切関係ありません。原因はあくまでHPVというウイルスです。何が原因かが明確なので比較的予防しやすいわけです。


 


予防方法のひとつがHPVワクチン接種。WHOも推奨しています。できれば、初めての性体験前に受けておくのがベターですが、基本的にはいつのタイミングでも良いので、気になる方はぜひ受けておいてください。「年齢が上になればなるほど、ワクチンが効かなくなる」と思っている人もいますが、それは間違いです。年齢は関係ありません。


 


また、1~2年に1回、子宮頸がん検診をぜひ受けてください。検診方法はいたって簡単。細胞診といって、子宮頸部の粘膜をヘラで軽くこすって細胞を調べるだけです。細胞診で異常があれば、精密検査を受ける形となります。最近では、検診の仕方もいろいろ研究されており、将来的には費用対効果も考えて、1度検診を受けてHPVが見つからなければ、5年は受けなくていいなど、検診のやり方も進化していくと思われます。ただ、今のところは細胞診が主流で、これを1~2年に1回受けていただくペースがよいと思います。





柴田 先生より まとめ



子宮頸がんは、初期の段階では症状がまったく現れません。そのため、自分が罹患しているかどうかはわかりません。不正出血などの症状が現れるころには、ある程度進行してしまっていることもあります。だからこそ、定期的に検診を受けることが大事です。

子宮頸がんの検診は痛いのではないかと心配される方も多いようですが、決して痛みを伴うことはありません。ただ、内診台に座ったとたん、過度に緊張してしまい、体に力が入ってしまう人がいます。そうなるとかえって痛みを感じやすくなってしまいます。いったん頭のてっぺんからフーッと息を抜くように深呼吸してみましょう。どんな器具を使うのかが心配なら、医師にたずねて検診前に見せてもらうといいでしょう。

何度も言いますが、子宮頸がんは予防できる唯一のがんです。ワクチン接種や定期的な検診で予防・早期発見につとめてください。



お話を伺った先生のご紹介

柴田 哲生 先生(こまざわレディースクリニック 院長)


昭和大学医学部、医学部大学院卒業。牧田総合病院産婦人科医長、大和徳洲会病院産婦人科部長、昭和大学産科婦人科専任講師、せんぽ東京高輪病院婦人科部長を経て、平成21年、こまざわレディースクリニックを開設。日本産科婦人科学会専門医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医。プライベートでは、愛猫にメロメロ。また、ビリヤードなど趣味も多彩。

≫ こまざわレディースクリニック

image


あとで読む

この記事に関連する記事

この記事に関連する投稿

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

Page
top