HOME > 不妊治療 > IVF > 基本方針は、初回は分割胚、2回目以降は胚盤胞移植。着床環境や受精卵について問題点を絞り込みます~採卵から胚移植までのタイミング~
HOME > 不妊治療 > IVF > 基本方針は、初回は分割胚、2回目以降は胚盤胞移植。着床環境や受精卵について問題点を絞り込みます~採卵から胚移植までのタイミング~

基本方針は、初回は分割胚、2回目以降は胚盤胞移植。着床環境や受精卵について問題点を絞り込みます~採卵から胚移植までのタイミング~

基本方針は、初回は分割胚、2回目以降は胚盤胞移植。着床環境や受精卵について問題点を絞り込みます~採卵から胚移植までのタイミング~

2011夏

2011.6.2

あとで読む



ドクター6人に質問
先生の治療方針聞かせてください!
不妊治療は、医師の方針や患者さんの希望などで、さまざまな治療の選択肢があるのが特徴です。そこで今回は、先生方に同じ質問をしてみました。





Question
体外受精や顕微授精で採卵から胚移植までのタイミング、どう考えますか?



基本方針は、初回は分割胚、2回目以降は胚盤胞移植。着床環境や受精卵について問題点を絞り込みます



ジネコ : 患者さんによって、さまざまな状況があると思いますが、先生の治療方針についてお聞かせください。
内田先生:基本となる治療ステップはありますが、患者さんは十人十色、10人いたら10人のプログラム、治療の方針があります。不妊の原因やご夫妻の年齢などを加味し、じっくりお話ししながら治療を行うことが大切です。医療側が一方的に治療方針を決定するのではなく、患者さんご自身が「どう進めていくのが自分たちに最も合っているのか」という決定ができるよう、情報提供とサポートに努めています。
ジネコ:分割胚と胚盤胞、新鮮胚と凍結胚など、移植する受精卵の条件についてはいかがでしょう。
内田先生:当クリニックでは、初回は分割胚による移植、2回目以降は胚盤胞による移植を基本とし、胚盤胞移植に重点をおいています。なぜなら人工的な培養環境で胚盤胞にまで到達できた受精卵は、妊娠への可能性が高い良好な受精卵と考えられるからです。
ただし、これもケースバイケースです。38歳以上と年齢が高めの方や、AMHの値が10未満で卵巣予備能力が低下している方など、時間的な余裕がない方の場合は、最初から胚盤胞での移植をおすすめすることがあります。分割胚移植の場合でも、その周期で移植しなかった余剰胚を胚盤胞へと追加培養し、凍結保存しておくことをおすすめしています。
とはいえ胚盤胞移植は、ここ6~7年で一般的になった新しい治療法であり、私は胚盤胞だけがすべてとは考えていません。たとえば、胚盤胞移植では着床せず、3日目の8分割胚を移植して妊娠につながったというケースもあります。また、胚盤胞移植は5日目に行うのが通常ですが、6日目で初めて胚盤胞に到達する成長の遅い受精卵も、受精率は下がるものの、妊娠の可能性がまったくないというわけではありません。
ジネコ:凍結胚の融解胚移植を行うタイミングについて、先生はどのように考えていらっしゃいますか。
内田先生:原則として、子宮内で受精卵の着床の準備ができた時、すなわち妊娠成立の条件が整った時に胚を移植しようというのが、凍結融解胚移植の考え方です。
たとえば自然周期で排卵が確認できた場合、その2~3日後に胚移植が可能です。しかし、排卵が順調ではない時や、排卵があったとしても、着床期の条件がよくない黄体機能不全の方などには、排卵誘発剤の使用が有効となります。
さらにホルモン補充周期により、排卵後の着床環境を人工的につくり出すことも可能です。ホルモン剤を使用する期間をあらかじめ定めておいて、子宮内膜の条件と血中のホルモンの値を測定しながら、着床環境が最も整った時に移植します。この方法は排卵周期が不順な方に大変有効です。
ジネコ:着床環境、受精卵の条件など、さまざまな要因に注目されるのですね。
内田先生:はい。培養液や培養器などの培養環境も重要なファクターです。当院でも培養環境に問題が起こらないように努めていますが、現状に満足することなく、培養液の選択や最新の機器の導入には常にアンテナを張っています。着床や受精卵の条件、培養環境など、問題点を丁寧に一つずつ絞っていくことが治療において重要だと考えています。




内田クリニック 内田 昭弘先生

島根医科大学医学部卒業。同大学の体外受精チームの一員として、1987年、島根県での体外受精による初めての赤ちゃん誕生に携わる。1997年に内田クリニック開業。1階は奥様が副院長を務める内科・胃腸科、2階が婦人科。地域の産婦人科医と連携を取り、専門性の高い不妊治療に積極的に取り組む。

≫ 内田クリニック




 





【特集】 体外受精や顕微授精で採卵から胚移植までのタイミングをどう考えていますか?


受精卵の凍結やホルモン補充など状況に応じた移植でタイミングを図ります


患者さんの話をよく聞いて治療方針を決めます。自然機能を優先したうえでの胚移植だと考えています


凍結胚より新鮮胚が有効な場合もある。一つの方法にこだわりすぎないようにしています


新鮮胚より凍結胚を移植したほうが若干妊娠率が上がる傾向があります


着床率、妊娠率ともに自然周期より高いため、当院ではホルモン補充周期で戻すのを原則としています



マガジンのお申込みはこちら


ジネコとつながろう!














【人気コラム】
ユーザーストーリー~あなたに伝えたいメッセージ~



【人気コラム】
田村秀子先生の心の玉手箱



【役立つ】
不妊についてもっと知ろう!不妊とは?



【おすすめ】
フリーマガジン「ジネコ」各号記事一覧



あとで読む

この記事に関連する記事

この記事に関連する投稿

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

Page
top