HOME > 女性の病気 > その他 > 激痛で眠れないほどひどい生理痛。 その原因と対処法、妊娠への影響は?
HOME > 女性の病気 > その他 > 激痛で眠れないほどひどい生理痛。 その原因と対処法、妊娠への影響は?

激痛で眠れないほどひどい生理痛。 その原因と対処法、妊娠への影響は?

インタビュー 女性の病気

激痛で眠れないほどひどい生理痛。 その原因と対処法、妊娠への影響は?

ひどい生理痛の理由や原因、対処法などについて、駅前三軒茶屋 みずもとレディースクリニックの水本賀文先生にお話を伺いました。

2018.9.14

あとで読む

眠れないほどひどい生理痛。でも、病院では異常なしと言われてしまうことも……。その理由や重い生理痛の原因、対処法、さらに妊娠への影響について、駅前三軒茶屋 みずもとレディースクリニックの水本賀文先生にお話を伺いました。




重い生理痛なのに、病院で「異常なし」と言われたら……


生理痛で婦人科を受診しても、「異常はないので様子をみましょう」と言われることがあるかもしれません。私は、つらい生理痛は病気の1つだととらえていますが、いくら生理痛がひどくても、子宮筋腫や子宮内膜症などの病気が何も見つからなければ、手術治療の必要がないため「異常なし」と診断されることがあります。


ただ、激痛で寝られなかったりして、日常生活に支障をきたすような痛みがあるならば、適切な治療薬を使うべきだと思います。


ひどい生理痛の原因は? 年を取ると重くなるのは?


生理痛は、生理中に子宮の筋肉が収縮されるために起こります。また、月経血のごく一部が卵管を通ってお腹の中に漏れる際に、腹膜が刺激されるのも腹痛の原因です。それらの程度は個人差があるため、人により生理中の痛みの感じ方は違うのです。


 


年々生理痛が重くなる場合には、子宮筋腫や子宮内膜症といった病気の可能性が考えられます。これらは進行性の病気のため、生理痛がひどくなっていくのです。


また、年齢を重ねると、多くの場合女性ホルモンは減っていきますが、なかには増える人もいますし、出産により女性ホルモンが乱れてしまうこともあります。そうした女性ホルモンの変調から、生理痛がひどくなる場合もあるでしょう。


 


このほかにも、過多月経による貧血といった症状が隠れている可能性もあります。昼間でも夜用ナプキンでおさまらない量の出血があるなら、過多月経の場合もあるので、月経の量を一度確認してみてください。


ひどい生理痛の対処法は?


毎回生理の時に市販の鎮痛薬を飲んでもお腹が痛い、日常生活に支障が出るほどつらい痛みがあるという方は、一度婦人科を受診することをおすすめします


 


生理痛で受診すると、血液検査やエコー検査、画像検査などを行います。そうした検査から、女性ホルモンの量を確認でき、子宮内膜症などの隠れた病気もわかるのです。


受診するのは、生理が終わった後でも、生理中でもかまいません。生理中は、すべての検査はできないものの、血液検査などを行います。


 


検査をして何も病気が見つからなければ、鎮痛薬やピルを処方します。ピルは排卵を止めるので、生理痛を軽減することができるのです。ただし、血栓症などの副作用がでる場合もあるので、医師と相談して服用を決めていただければと思います。なお、合併症を持っている人や肥満の方、片頭痛を持っている方はピルを服用できません。


 


ひどい生理痛は「月経困難症」という病気なので、保険診療が可能です。ピルは保険治療外になりますが、一部保険がきくピルもあります。鎮痛薬などには健康保険がきくので、安心して受診していただければと思います。


ひどい生理痛は、妊娠に影響するの?


ひどい生理痛の痛みそのものと妊娠は、まったく関係ありません。ただ、生理痛の原因が子宮内膜症や子宮筋腫、卵巣チョコレート嚢胞、子宮腺筋症などの病気であれば、妊娠に影響をおよぼすこともあるでしょう。そうした病気が隠れているかどうかを確かめるためにも、痛みがあれば受診することが大切です。





水本先生より まとめ


重い生理痛に市販の鎮痛薬を使っても、それは、あくまでも痛みを一時的に止めているだけです。子宮内膜症や子宮筋腫などの病気になっていた場合には、病態はなんら変わっていません。ひどい痛みがあれば、体に何かが起きているという目で、常に自分の体をみてほしいのです。生理痛でご自身がつらいと感じる場合には、一度受診して医師に相談してみてください。







お話を伺った先生のご紹介

水本 賀文 先生(駅前三軒茶屋みずもとレディースクリニック院長)


防衛医科大学校卒業。防衛医科大学校医学研究科(大学院)在学中には、ドイツハンブルク大学付属研究所に留学。自衛隊中央病院産婦人科勤務を経て、2014年みずもとレディースクリニックを開院。「クリニックがある世田谷・三軒茶屋は、総合病院を含め、産婦人科専門医として30年近く勤務してきた愛着のある街。これからも地域で生きるすべての女性の健康に携わり、地域医療に広く貢献していきたいと考えています」。

≫駅前三軒茶屋みずもとレディースクリニック

image


あとで読む

この記事に関連する記事

この記事に関連する投稿

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

Page
top