HOME > 不妊治療 > その他 > 卵胞をコントロールしにくい排卵誘発のみより、体外受精で卵子を全部採卵するほうがより安全です~PCOSの場合の治療方針~
HOME > 不妊治療 > その他 > 卵胞をコントロールしにくい排卵誘発のみより、体外受精で卵子を全部採卵するほうがより安全です~PCOSの場合の治療方針~

卵胞をコントロールしにくい排卵誘発のみより、体外受精で卵子を全部採卵するほうがより安全です~PCOSの場合の治療方針~

コラム 不妊治療

卵胞をコントロールしにくい排卵誘発のみより、体外受精で卵子を全部採卵するほうがより安全です~PCOSの場合の治療方針~

不妊治療は、医師の方針や患者さんの希望などで、さまざまな治療の選択肢があるのが特徴です。そこで今回は、先生方に同じ質問をしてみました。

2011.8.25

あとで読む



ドクター9人に質問
先生の治療方針聞かせてください!


 



Question.1
PCOSの場合の治療方針を聞かせてください。



卵胞をコントロールしにくい排卵誘発のみより、体外受精で卵子を全部採卵するほうがより安全です


ジネコ:浅田先生のクリニックでは、PCOSをどのように診断されますか?
浅田先生:超音波検査をして多嚢胞性卵巣が見えた人は、空腹時の血糖とインスリンを測って「HOMA-R指数」というものを出すんですね。その数値からインスリンに抵抗性(インスリン作用が低下し血糖値が下がらない状態。糖尿病の原因であり、PCOSにも関与していると考えられている)があるかどうかを判断します。
PCOSは男性ホルモンの値が高いことが特徴で、一部には将来的に糖尿病の予備軍という人もいます。それでインスリン抵抗性の改善薬を使うと、男性ホルモンの値が下がって排卵しやすくなる人がいるのです。PCOSは排卵障害なので、妊娠するためには排卵誘発をしていきます。PCOSは治る・治らないというものではなく体質なので、きちんと排卵するように促していきます。また、薬物療法のほかに外科的療法もありますが、卵巣を傷つけるので私はあまりおすすめしておりません。
ジネコ:実際にはどのように治療を進めていかれるのでしょう。
浅田先生:主にクロミフェンで排卵誘発をしていきますが、なかなか排卵しにくい重症の人もたくさんいます。ただ、卵の成長というのは3周期くらいで考えないといけないので、飲み薬で効果が出ない場合は飲み薬+注射にしてみる。それでダメでも3カ月、4カ月と続けていくと、だんだん排卵しやすくなってきます。今は排卵誘発剤の種類も豊富になっていますしね。
体外受精では、近年、GnRHアンタゴニストという薬ができて、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)のリスクがあるHCG製剤を使わずに排卵させることが可能になってきました。当院では、自分の体から出る黄体形成ホルモン(LH)で排卵させるGnRHアゴニストとの組み合わせで、非常に安全に排卵誘発ができるようになったので、この治療が中心です。
排卵誘発だけの方法のほうが卵胞の発育をコントロールできないのでリスクが高いです。体外受精で卵を全部採ったほうが、より安全だと思います。ただ、いつ採卵するかのタイミングは非常に微妙です。早すぎると卵が未熟だし、遅すぎると薬の副作用の心配が高くなります。ですから、過剰刺激になる一歩手前の、一番成熟卵が採れるタイミングを計るのです。
ジネコ:そのタイミングは、どうやって見極めるのですか?
浅田先生:卵胞の大きさと、エストラジオール(卵胞ホルモン)の値と卵の数でみます。たとえれば、毎日リンゴの木を眺めて、いつもぎ取ったら一番おいしいだろう?と見極めるようなものですね。
PCOSの場合に限らず、採卵のタイミングは医師の技量に関わってきます。卵胞の成熟の仕方などは患者さんによって違いますし、年齢や卵巣の予備能にもすごく左右されるので、医師の腕の見せどころです。OHSSにならないようにしながら、そのギリギリの手前で上手に採卵する。
もしOHSSになってしまった場合も、しっかりと責任を持って治療できる技量があること。腹水がたまったら、それを清潔に抜いて血栓をつくらないようにしながら注意して点滴で戻します。そうすると回復がものすごく早いのです。そのように医師側には、前提として、すべてに責任を持って治療できる技量が必要ですね。




浅田レディース名古屋駅前クリニック 浅田 義正先生

名古屋大学医学部卒業。1993年、米国初の体外受精専門施設に留学し、主に顕微授精を研究。帰国後、日本初の精巣精子を用いた顕微授精による妊娠例を報告。2004年、浅田レディースクリニック開院。2006年、生殖医療専門医認定。

≫ 浅田レディース名古屋駅前クリニック




 





先生の治療方針聞かせてください!


Question.1 PCOSの場合の治療方針を聞かせてください。


排卵障害を治療すれば、ほぼ100%排卵できる。PCOSこそ自然排卵を促すことが不可欠


OHSSや、多胎妊娠を起こさないためにもゆっくり丁寧な治療と経過観察を


Question.2 着床率を上げる方法を教えてください。


受け入れ側の内膜の状態をきちんと調べてベストな環境に整えることも重要だと考えています


卵子の質を上げることが着床率アップのカギ。排卵誘発法の見極めが重要になってきます


胚盤胞まで育ててホルモン補充周期の移植で戻します


Question.3 サプリメントについてどうお考えですか?


足りない栄養素を補うための摂取はおすすめしますが、摂りすぎは効果なしです


医療と無関係ではない健康補助食品の一つ。食生活の改善を優先し、そのうえで補うといいと思います


治療の一環として費用対効果も考え自分に合ったものを見定めてください



マガジンのお申込みはこちら


ジネコとつながろう!














【人気コラム】
ユーザーストーリー~あなたに伝えたいメッセージ~



【人気コラム】
田村秀子先生の心の玉手箱



【役立つ】
不妊についてもっと知ろう!不妊とは?



【おすすめ】
フリーマガジン「ジネコ」各号記事一覧




あとで読む

この記事に関連する記事

この記事に関連する投稿

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

Page
top