HOME > 不妊治療 > 男性不妊 > 夫が無精子症でTESEをすすめられましたがMD-TESEでなくて大丈夫?【京野 廣一 先生】
HOME > 不妊治療 > 男性不妊 > 夫が無精子症でTESEをすすめられましたがMD-TESEでなくて大丈夫?【京野 廣一 先生】

夫が無精子症でTESEをすすめられましたがMD-TESEでなくて大丈夫?【京野 廣一 先生】

コラム 不妊治療

夫が無精子症でTESEをすすめられましたがMD-TESEでなくて大丈夫?【京野 廣一 先生】

夫が無精子症でTESEをすすめられましたがMD-TESEでなくて大丈夫?【京野 廣一 先生】

2012.11.12

あとで読む




相談者
ポテコさん(33歳)からの投稿
■ 夫が無精子症でTESEをすすめられましたがMD-TESEでなくて大丈夫?
精液検査をしたところ、精子がゼロで無精子症といわれました。血液検査では異常なしでしたが、FSH値が正常の中でも少し高めで、睾丸も少し小さめ。精液検査をくり返していますが、精子が出るのは5回に2回ぐらいで、出ても不動精子が1個で凍結できない状態です。閉塞性無精子症か非閉塞性無精子症かもわかりません。エコーで診たところ、精子はつくられていそうということで、TESEをすすめられています。MDTESEでなくて普通のTESEで大丈夫なのでしょうか?またほかの方法があったら教えてください。



ジネコ:そもそも無精子症とは、どのような状態なのでしょうか。


京野先生:無精子症とは、精液中にまったく精子が出現しない症状で、大きく3つに分類されます。1つ目は、「閉塞性無精子症」といって、睾丸に精子をつくる能力はあるけれど、精子の通り道が詰まっている場合です。原因は、尿路感染、精巣上体炎、性行為感染症、鼠そけい径ヘルニアの手術などの既往が考えられますが、自覚症状がなく原因がはっきりしない場合もあります。2つ目は「非閉塞性無精子症」で、通路は正常だが、精巣の働きがまったくないか、非常に低下している状態です。そして3つ目は、稀なケースですが、腹部から睾丸の静脈に血液が逆流し、それが滞ってこぶ状になる「精索静脈瘤」です。


ジネコ:精索静脈瘤の手術、服薬を行っていますが、改善されないそうです。


京野先生:精索静脈瘤の手術をするだけで精子が出てくることもありますが、頻度は高くありません。ただ、症状が重い場合には、手術をすると精巣内から精子を回収する際に、精子が見つかる可能性が高まるといわれています。 ポテコさんのご主人は、クロミッドⓇとメチコバールⓇを服用していますが、これらの薬には過度な期待はできません。精子は精原細胞から約74日間かけてつくられます。ですから、3カ月薬を服用して結果が出なければ効果がないと考えて、早めに切り上げることをおすすめします。


ジネコ:現在は精子凍結のために精液検査をしていて、5回に2回の割合で精子が1個採れていますが、不動精子で凍結できない状態だそうです。


京野先生:顕微授精のための精子凍結だと思いますが、射出される精子がこれほど少ない場合、顕微授精の成績はよくありません。精子が少ない場合の凍結方法が確立していないので、精子の状態が極端に悪くなってしまうのです。もちろん、妊娠の可能性はゼロではありませんから、1度試してみる価値はあるでしょう。ただ、1回の顕微授精に必要な10〜20個の精子を、時間をかけて集めることになりますので、早めの妊娠・出産を望んでいらっしゃる場合には、TESE(精巣内精子回収法)やMD-TESE(顕微鏡下精巣内精子回収法)で、精巣内から直接精子を回収したほうが近道でしょう。


ジネコ:ポテコさんはTESEをすすめられ、MD-TESEでなくていいのかと考えていらっしゃいます。2つの方法の違いを教えてください。


京野先生:TESEは、精巣内から精子を採取する方法で、精巣を少し切開してランダムに組織を採取します。閉塞性無精子症であれば精巣内で精子がつくられていますので、手術時間も短いTESEを行います。 非閉塞性無精子症の場合には、精子がいる場所がごくわずかで限られているので、手術用顕微鏡を用いて回収するMD-TESEを行います。MD-TESEでは、精子がつくられている精細管だけを取り出します。太くて白く濁って蛇行している部分に精子があると考えられていますが、TESEを100例ほど実施した術者でないと見極めは難しく、MD-TESEを行っている病院やクリニックは限られています。採取後は、採り出した組織の中から精子を探しますが、見つからない場合には、もう片方の精巣も手術します。


ジネコ:片方の手術に約1時間、両方行う場合は約2時間かかりますポテコさんのご主人の場合はどちらの方法がいいのでしょうか?


京野先生:血液中のFSH値が10未満で精巣容量が15mL以上あれば、閉塞性の可能性が高く、90%以上の確率で精巣から精子を回収できます。しかしFSHの値が高かったり、精巣が小さかったりする場合は、非閉塞性と判断され、精子の回収率は40〜50%まで下がります。この方の場合、FSHが正常の範囲で少し高めで、精巣が少し小さめとのこと。どちらに属するのか判断に迷うところです。回収の確率を高めるために、私なら最初からMD-TESEをすすめます。


ジネコ:ほかにも方法はありますか?


京野先生:ほかの方法では難しいと思います。ポテコさんご自身の治療の記述がありませんが、おそらくポテコさんには問題がないのだと思われますので、MD-TESEでご主人の精子さえ見つかれば妊娠できる確率は高いでしょう。ただ、ポテコさんご夫婦は治療を始めて2年が経っているとのことですから、現時点で女性側の因子がゼロとも言い切れません。30代の前半になると、子宮内膜症や子宮筋腫がある可能性が2〜3割になりますので、女性側も定期的に検査されることをおすすめします。



京野 廣一先生
島県立医科大学卒業後、東北大学医学部産科婦人科学教室入局。1983年、チームの一員として日本初の体外受精による妊娠出産に成功。1995年レディースクリニック京野(大崎市)開院、2007年、京野アートクリニック(仙台市)開院。今秋の10月1日、東京都港区高輪にオープンする「京野アートクリニック高輪」の準備が着々と進んでいます。不妊症に関するセミナーなども計画中。先生は月~水を仙台、金~日に東京で診察にあたる予定だそう。





あとで読む

この記事に関連する記事

この記事に関連する投稿

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

Page
top