HOME > 不妊治療 > IVF > 子宮内膜症があります 9回胚移植していますが着床しないのはなぜ?
HOME > 不妊治療 > IVF > 子宮内膜症があります 9回胚移植していますが着床しないのはなぜ?

子宮内膜症があります 9回胚移植していますが着床しないのはなぜ?

子宮内膜症があります 9回胚移植していますが着床しないのはなぜ?

子宮内膜症があります 9回胚移植していますが着床しないのはなぜ?

2013.6.20

あとで読む




相談者
猫さん(30歳)
■ 4年前に子宮内膜症、子宮腺筋症、ポリープの腹腔鏡手術をしました。以後、タイミング療法、人工授精でも結果が出ず、体外受精の治療も4年になります。これまで9回の移植をしましたが、まったく着床せずに陰性続き。採卵はホルモン補充周期7回と低刺激周期を1回です。ロング法、ショート法のいずれも経験があります。内膜症と腹腔鏡手術の影響か、卵子は2~3個しか採れません。そのうえ、受精しても育つのは1~2個。子宮口が曲がっていて細いため、移植にも時間がかかることがあります。陰性続きなのですが、事例としては珍しいのでしょうか?



ジネコ:子宮内膜症や子宮腺筋症、子宮後屈は不妊原因になりますか?


蔵本先生:内膜症や腺筋症でも、重症でなければ体外受精では特に問題はありません。しかし、チョコレート囊胞(卵巣にできた子宮内膜症)が大きくなると、採卵数が減少したり、重症例では着床率が低下する可能性があります。子宮後屈も関係ありません。しかしご相談を拝見すると、長く治療を続けて、クロミッドⓇ、アンタゴニスト法、ロング法、ショート法とあらゆる方法を行っていらっしゃいますね。そして、体外受精で9回も胚移植しながら、それでもなお着床しないのは、大変おつらいことだと思います。
できた胚の質はよかったのでしょうか。胚の質がよければ着床率は高くなります。着床障害は、子宮内膜症だけが原因ではありません。卵子や胚の質、あるいは卵巣の状態など、要因はほかにもあります。
たとえば、卵子の染色体異常もその1つになります。卵子に染色体異常が見つかるのは4個に1個の割合と高いものです。ですから、できれば10個くらい採卵できることが望ましいですね。しかし、猫さんの場合は2~3個しか採れず、しかも受精卵が育つのは1~2個とのこと。卵巣の手術などによって卵巣予備能が低下しているのかもしれません。


ジネコ:それでは、卵巣予備能の低下が疑われるということですか?


蔵本先生:そうですね。卵巣予備能の状態を知るために、抗ミュラー管ホルモン(AMH)の値を調べる必要があります。AMHは小胞状卵胞から分泌されるホルモンで、採取される卵子数が多いか少ないかを推測できるものです。またFSHの値が15を超えると、その周期の採卵数は1~2個となります。できれば採卵周期のFSH値は10以下であることが望まれます。ただ、FSH値は月経周期でも変わりますから、AMHとFSHの両方の値を調べるといいでしょう。
猫さんの場合は、卵巣を休める意味でも3~4カ月くらい子宮内膜症の薬物療法を試みてみては。ディナゲストⓇのような黄体ホルモン剤や低用量ピルを用いる療法です。この方法なら、排卵を抑制させて卵巣を休ませると同時に、子宮内膜症の症状も一時的には改善していきます。薬は弱いので大きな副作用もありませんよ。
内膜症の症状が軽くなり、卵巣も休めれば、卵子の質の改善が期待され、結果的に着床率が上がる可能性があります。それでも卵巣の状態が改善できない場合は、FSH製剤とHMG製剤を混ぜて皮下注射する方法があります。ミックスプロトコルと呼ばれる方法です。


ジネコ:ほかにも検査しておいたほうがいいことはありますか?


蔵本先生:子宮内膜の状態を見る目的で、子宮ファイバースコープ検査をすすめます。もし大きな子宮内膜ポリープが着床部近くにあれば、それが着床を阻む要因にもなりますから、大きなポリープがある場合は切除することで着床率が上がると思います。子宮内膜ポリープは切除しても再発することもあるので、一度きちんと調べたほうがいいでしょう。
それから、一つ気になったのですが、バイアスピリンⓇを服用しておられるようですね。血液検査の結果だそうですが、血液凝固系の要因があるのでしょうか。できれば自己抗体も調べておいてはどうでしょう。抗リン脂質抗体症候群の可能性の有無を調べたほうがいいかもしれません。着床できても不育症の恐れが考えられますので。さらに胚を培養する培養液を替えてみると良好胚ができることもあります。
胚の質がよければ、できれば胚盤胞まで培養してから凍結して、エストラーナテープⓇ貼付などのホルモン補充で子宮内膜を調整します。内膜が8mm以上になれば黄体ホルモン剤を投与。凍結した胚盤胞を融解して、胚の透明帯と呼ばれる殻をカットする、アシステッドハッチングを行った後、胚盤胞移植をしてみてはいかがでしょうか。状態のよい受精卵でしたら、胚盤胞移植での移植が一番妊娠しやすいですよ。
移植に際しては、経腟カテーテルの外筒は屈曲の強いものを使用して、経腟超音波で経腟カテーテルの先端を見ながら胚移植をするといいのでは。移植カテーテルの先端がよく見え、確実に胚移植ができます。


ジネコ:子宮口が曲がっていて細いため、移植にも時間がかかるそうですが。


蔵本先生:確かに、移植に時間がかかるとカテーテル内の受精卵の温度が下がってしまい、ダメージを受けて着床率が下がる可能性があります。この対処法としては、子宮頸管拡張術があります。胚移植周期の月経が開始して、数日以内の月経の終わり頃に子宮頸管拡張術を行えば、その周期は比較的スムーズに胚移植が行えると思います。子宮頸管拡張術は麻酔を用いますが、日帰りでできます。
今後、いろいろと戦略を考えていくことが必要だとは思います。体外受精から顕微授精にステップアップしてもいいかもしれません。ですが、何より猫さんはまだ30歳ですので、妊娠の可能性はあると思いますよ。



蔵本 武志 先生
久留米大学医学部卒業、山口大学大学院修了。山口県立中央病院産婦人科副部長、済生会下関総合病院産婦人科部長を経て、1990年オーストラリア・PIVET メディカルセンターへ留学。帰国後、1995年蔵本ウイメンズクリニック開院。O型・おうし座。新しいスタッフが増え、現在は総勢51人の医療・事務スタッフが勤務。充実した高度生殖医療の体制が組まれ、チーム医療による不妊治療の成果を上げている。






 専門家に相談してみる




あとで読む

この記事に関連する記事

この記事に関連する投稿

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

Page
top