ジネコHOME > 漢方・鍼灸 > BUNが基準値より低い
ジネコHOME > 漢方・鍼灸 > BUNが基準値より低い

BUNが基準値より低い

専門医Q&A 漢方・鍼灸

BUNが基準値より低い

2015.9.17

あとで読む

はなさん(39歳)

体外受精のため、ショート法で左の卵巣から採卵3個、右は0個。全て質も良く、全部受精しましたが3日目以降分割が停止。主治医からは「原因はわからないけど、薬が合わなかったんじゃない?右から取れなかった理由はわからないけど血行不良かな?」とのことで、自分の努力が足りなかったと思い漢方内科を受診し「水毒・オ血」と診断され通導散の内服を開始しました。

2周期お休み後の2回目はショート+アンタゴニスト法の予定でフォリルモンPを3〜5日は225mg、6日目150mgを使用し、7日目のエコーで左に1個しか卵胞が確認されず、今回は治療を中止しました。原因は特に説明されず(質問できず…)不明。

漢方内科に相談すると、オ血の症状は緩和されてきているが、BUNが基準値より低いためタンパク質不足から卵が育ちにくくなっている可能性があり、通導散を併用しながらタンパク質を意識的に摂取するよう指導がありました。同時に糖質制限を取り入れていくことになりました。

今の私は漢方内科の主治医が心の拠り所であるので信じていますが、この方向性で良いでしょうか。

夏場は手足の末端はあたたかく、靴下やスリッパを脱いでいないとがまんできないほどですが、秋〜春は逆に靴下を2枚重ねにしても冷えがとれません。昨年は自己流でお灸をやってみましたが改善は感じられませんでした。

今年もがんばってお灸も取り入れて冷え性を改善したいと考えています。お灸をするツボ、時間帯、その他注意することなどがありましたら教えていただきたいです。



お話を伺った先生のご紹介

古村 恵利子 先生 (漢方の健伸堂薬局)


薬剤師・鍼灸師。大手製薬企業や病院など、西洋の医療に携わった後に、漢方の道を志す。自身の婦人科疾患、皮膚疾患の治療を通して東洋医学と出会い、その素晴らしさや必要性を痛感する。「漢方薬は体全体のバランスを整えて、本来あるべき体質に戻すもの。原因を見つけて体質改善=治病求本、健康な心が健康な体をつくる=心身一如」を念頭に、女性のあらゆる悩みに応えている。



≫ 漢方の健伸堂薬局

はな様


初めまして。漢方の健伸堂薬局・薬剤師の古村 恵利子と申します。


2回の体外受精の結果さぞかし、お力落しのこととお察し申し上げます。

特に2回目、2周期あけ、漢方薬も飲んで万全を期して挑んだと思いますので
結果がついてこなかったことで疑問が出てもしょうがないことだと思います。

BUNが基準値よりも低いと診断され
タンパク質を積極的に
また糖質を制限するような食事指導
をうけられたのですね。

卵子も精子もタンパク質からできています。
漢方医の先生がおっしゃられているように
是非、積極的にタンパク質をとってほしいと思います。

肉、魚、卵、乳製品、大豆製品何でも構いませんので
朝昼晩にバランス良く食べるよう心がけてくださいね。

1日タンパクの理想的な摂取量は60g位です。
納豆1パックに含有されるたんぱく質は5g、豆乳180㏄で6gのたんぱく質を参考にされて
是非60g位になるように調整してみてください。

なかなか良い卵が取れないようですが、中医学的には生殖能機能は腎の働きと関連しています。
女性にとっては血が十分満たされることがとても大事です。 腎と一緒に肝の陰血を補ってあげる方が良いと思います。
体が冷えるようですので、通導散の他にも補腎陽・補陰血のお薬を処方していただいてはいかがでしょうか。



またお灸をする際にお勧めのツボは

関元、子宮、腎兪、次?等の補腎のツボ

三陰交、膈兪、肝兪、足三里、脾兪等の補血のツボ

等がお勧めです。

一度、鍼灸院にかかってツボの場所を教えてもらってはいかがでしょうか?



最後に日常生活で気をつける事ですが
ストレスをためないこと、そして身体を動かす事が大事ですね。
早寝早起きし朝の食事をしっかりとり運動をすることが冷え対策のファーストチョイスです。



それでは早くご希望が叶いますようお祈り申し上げております。







あとで読む

この記事に関連する記事

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

Page
top