HOME > 不妊治療 > IVF > ひどい生理痛に悩んでいます子宮腺筋症でしょうか?
HOME > 不妊治療 > IVF > ひどい生理痛に悩んでいます子宮腺筋症でしょうか?

ひどい生理痛に悩んでいます子宮腺筋症でしょうか?

ひどい生理痛に悩んでいます子宮腺筋症でしょうか?

2010秋

2010.9.7

あとで読む




送信者:楓さん(32歳)からの投稿
件 名:生理痛がひどくてつらいです。
今年の1月に卵巣のう腫、子宮筋腫の摘出手術をしました。タイミング療法で様子をみていましたが、取りきれなかった筋腫が大きくなってきていることもあり、体外受精にステップアップ。ロング法で7個採卵できましたが、受精に至ったのは2個だけです。お聞きしたいのは、今月の生理がびっくりするくらい痛みが激しく、救急車を呼ぼうかと思うほどだったこと。先生は気にしてませんが、私は子宮腺筋症ではと思っています。



ジネコ:楓さんは、腹腔鏡で子宮筋腫の摘出手術を行ったあと、8週ほどタイミング療法で治療されていたそうです。
渡辺先生:腹腔鏡手術後に妊娠しやすくなるのは確かですからね。特に子宮内膜症のほうがそのケースが多いです。子宮内膜症の場合、細かい病変から卵子に悪い影響を与える物質がお腹の中へ出てきて溜まっていたりするので、腹腔鏡手術によってそれが取り除かれて妊娠しやすくなる場合があります。極端な話をすれば、摘出手術をしなくても、腹腔鏡の検査をしただけで妊娠したという例がしばしばありますね。
しかし、必ず妊娠しやすくなるというわけではありません。たとえ腹腔鏡といえども、癒着を起こして妊娠しにくくなるということもありますから。
ジネコ:体外受精へ進んだ後の生理痛がひどいため、子宮の状態がよくないのではないかと心配されています。
渡辺先生:ロング法で採卵したということですが、7個採卵できるということは、自然に1個だけ排卵したときと比べて、エストロゲンの量も通常の7倍分泌されているということ。子宮内膜にかなり厚みが出ている状態だと思います。
さらに着床に向けて黄体補助を行った際、厚くなった内膜が、月経時に一気にはがれ落ちることになります。しっかりつくられた内膜はボリュームも多い。だから体外受精が不成功に終わった場合の月経は、通常より痛みがひどくなりやすいのです。大きなレバーのような塊が出てきたなどのお話を患者さんからときどき聞きますよ。
また、手術で取りきれなかった筋腫が痛くなっている可能性もないとはいえません。エストロゲンは卵子にとって栄養であるように、筋腫にとっても栄養源です。もし、筋腫が栄養を吸収して一気に大きく成長しているとしたら、月経でバタッと血流が途絶えたときに、痛みを起こしているということも考えられます。
ジネコ:なるほど。あまりの痛みのつらさに、子宮腺筋症ではないかという懸念もあるようですが。
渡辺先生:子宮腺筋症は超音波検査ではわかりにくい場合もあるので、医師と相談していただいて、MRIで検査してみるのもいいでしょう。
ただ、筋腫に痛みが出るのは、妊娠中にもよくあることです。お腹の赤ちゃんが大きくなると、筋腫も栄養をもらって大きくなります。そのうち栄養が追いつかなくなって痛みが起こり始めるということはよくありますね。
筋腫の再発が妊娠の妨げになるようなら、それを摘出する方向がよいかなと思いますが、今すぐ決める必要はないと思います。今回の体外受精の結果を待ち、先生の方針を聞いてからでも遅くはないでしょう。

渡辺 浩彦 先生



滋賀医科大学卒業後、京都大学医学部附属病院産婦人科、大津赤十字病院、済生会茨木病院などを経て、1971年から不妊治療を行っている父の病院を継承。不妊治療から分娩まで手がけ、365日24時間の診療体制をとる。O型・おとめ座。最近は近所の山科川の堤防が整備されたこともあり、気分転換にはもっぱら近隣を散歩することが多いそう。「顔色もよく、健康的になれますよ」。




あとで読む

この記事に関連する記事

この記事に関連する投稿

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

Page
top