HOME > 不妊治療 > IVF > 高刺激で注射を多く打ってもほとんど卵が採れません。自然周期でもいいのでは?
HOME > 不妊治療 > IVF > 高刺激で注射を多く打ってもほとんど卵が採れません。自然周期でもいいのでは?

高刺激で注射を多く打ってもほとんど卵が採れません。自然周期でもいいのでは?

コラム 不妊治療

高刺激で注射を多く打ってもほとんど卵が採れません。自然周期でもいいのでは?

高刺激で注射を多く打ってもほとんど卵が採れません。自然周期でもいいのでは?

2014.12.5

あとで読む




相談者

あかしお さん(34歳)


現在、第1子を妊娠中で、年齢的なこともあり、今から2人目の治療について考えています。3回の体外受精(1回目ショート法、2回目ロング法、3回目ショート法)では、HMG注射を9~14回打ちました。それだけ打っても、AMH値が低いために卵ができないのと、5cmほどの子宮筋腫が邪魔をして針が刺せないとのことで、2個しか採卵できていません。AMH値が低く、いくら注射を打っても卵ができないのなら、低刺激、自然周期で採卵しても結果は変わらないのではないかと考えています。先生はどう思われますか?ご意見をお聞かせください。




あかしおさんは体外受精で3回採卵されて、数はトータルで2個しか採れなかったそうですが、3回目で妊娠。33歳の時に検査したAMHの値が0・62だったということです。


俵先生: 33歳というご年齢を考えたら、0・62というのは平均よりかなり低い数値ですね。AMHの値が1を切ってしまうと、刺激しても採れる卵の数は少なく、5個以内になってしまうケースが多いようです。卵巣の状況を考えたら、一般的には弱い刺激をしていくということになるのではないでしょうか。

刺激周期で採卵する場合、卵巣へも負担がかかっていくことを考えて、当院では3回程度というのを1つの目安にしています。やはり、お薬の使用量もだんだん増えていってしまうし、卵巣の反応も悪くなってしまう。卵巣機能の良い方だと少し休めば卵巣の力が復活するのですが、そうではない方だと注射の量が増えてしまうケースが多いですね。

最初は7本で卵胞が育ったけれど、次は8本、10本になって…というふうに。この方の場合、注射は最初が9本で、次が10本、その次が14本だとすると、結構長くかかってしまっているのかなという印象を受けますね。注射の方向性が合わなくなってきているのかもしれません。


現在、妊娠中ということですが、出産後、2人目の妊娠を考えた場合、次回はどのような形で採卵するのがベストなのでしょうか。


俵先生: 1年経つと、さらにAMH値、つまり卵巣の予備能力が低下してしまうことも考えられますが、個人差があるので、実際にどのような状態になっているかはその時に計測してみなければわかりません。

もしAMHの値が今とほとんど変わらず、前の治療から期間が空いているという条件を考えれば、1回目の採卵は刺激周期を採用してもいいかもしれません。当院の場合なら、ロング法だとそれだけ使う注射の量や数が増えて、ホルモン分泌を抑制しすぎてしまうので、ショート法かアンタゴニスト法をご提案すると思います。前回、この方はショート法で良い結果が得られたので、もう一度その方法に戻る可能性が高いですね。採れる卵の数は多くないと思いますが、年齢的には35歳とまだお若いですから、卵巣の状態がしっかりしていれば3回程度は刺激周期にトライできるのではないかと思います。

もし、AMHが今の半分くらいの数値になっていて、限りなくゼロに近いということであれば、クロミッド(R)などの飲み薬+注射という低刺激法に。自然周期も選択肢の1つになると思いますが、周期で採れる卵の数は1個です。卵巣の余力が少しでも残っているのなら、反応が良い間にある程度の刺激をして、なるべく多くの卵を採っておいたほうがいいのではないでしょうか。


いずれにしても、次の治療はなるべく急いだほうがいいですか?


俵先生: 早めに治療を開始したほうがいいというのはもちろんなのですが、出産後、赤ちゃんを母乳で育てることになると、お休み期間が長くなってしまう場合があります。なかには2年以上授乳が続いてしまう人も。AMH値が低くて、第2子の妊娠を考えていらっしゃるのなら、早めに断乳をされるなど、そのあたりからスケジュールを立てていくことが大切だと思います。


また、あかしおさんには採卵の妨げになるほどの子宮筋腫もあるようですが、これについては問題ないのでしょうか。


俵先生: 5㎝というのは結構大きな筋腫だと思います。子宮よりも大きいということになりますから。第1子の治療で採卵時に針が刺せなかったことは、次の治療の際も同様の結果になる可能性が高いですね。

2人目のお子さんの妊娠を考える時に、子宮筋腫の治療も計画に入れる必要があると思います。今回は無事に妊娠されましたが、その後の経過を見てどうされるか。当院では、6㎝を超える大きさであれば手術を念頭に入れています。


子宮筋腫があると、妊娠や出産に悪い影響があるのですか。


俵先生: 子宮筋腫は女性ホルモンの影響で大きくなるといわれています。妊娠中、それほど大きくならない人もいれば、ぐんぐん大きくなってしまう人も。妊娠中に大きくなってしまうと筋腫が変性を起こして腐ったような状態になり、腹痛や発熱の原因になってしまうことがあります。炎症が起きると子宮は収縮してしまうので、ひどくなると早産につながってしまうケースもあるんですね。また、筋腫があると帝王切開になる確率が高いという報告もあります。


妊娠中だけではなく、分娩時もトラブルを起こしてしまうことがあるのですね。


俵先生: 手術で切除するのが好ましいと思いますが、筋腫の手術の後、半年ほど避妊をしなければいけない場合もあります。それにプラスして、出産後は2~3ヵ月ほど休養をとらなければいけません。

不妊治療もなるべく早く始めたいので、この調整をどうするかですね。当院では、採卵をして一旦全胚凍結し、核出術後、妊娠許可が出てから融解胚移植をするという方法をよく取り入れています。採卵してから手術か、手術してから採卵かのタイムスケジュールについては、不妊治療の担当医と手術を担当する婦人科医と相談し、最適な方法を選んでいただきたいですね。




俵 史子先生


浜松医科大学医学部卒業。総合病院勤務医時代より不妊治療に携わり、2004年愛知県の竹内病院トヨタ不妊センター所長に就任。2007年、出身地の静岡に俵IVFクリニックを開業。来年の2月中旬、静岡駅近くにクリニックを移転。地便が良くなることはもちろん、待合いのスペースもぐんと広くなって快適に。培養室の設備や非常時対策もグレードアップ。内装にもこだわるということで今から完成が楽しみです!




【特集】 排卵誘発はどの方法が良いですか。刺激?それとも自然?


採卵では半数以上が空胞。採精した卵も胚盤胞まで育ちません。


浅田レディース/浅田義正先生


とくおかレディースクリニック/徳岡晋先生


かしわざき産婦人科/柏崎祐士先生


AMHの値が1.21と低めなので心配です。早めのステップアップは必要ですか?


醍醐渡辺クリニック/石川弘伸先生


クリニックママ/古井憲司先生


秋山レディースクリニック/秋山芳晃先生


低刺激で採卵当日に排卵…私の場合、排卵誘発はショート法しかないの?


セントマザー産婦人科医院/田中温先生


厚仁病院/松山毅彦先生


うすい医院不妊治療センター/臼井彰先生


高刺激で注射を多く打ってもほとんど卵が採れません。自然周期でもいいのでは?


俵IVFクリニック/俵史子先生


木場公園クリニック/吉田淳先生





あとで読む

この記事に関連する記事

この記事に関連する投稿

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

Page
top