チョコレート嚢胞の治療について | すべての広場 (632) | ジネコ

チョコレート嚢胞の治療についてすべての広場

TOP > みんなの広場 > すべての広場 > チョコレート嚢胞の治療について

さくら専業主婦 / 36歳


チョコレート嚢胞の治療について

二年前にチョコレート嚢胞と診断され、その時はまだそんなに大きくなかったので様子を見ましょうということで2、3ヶ月に1度婦人科にかかっていたのですが、先月、腹痛と出血で別の婦人科へ行ったら右の卵巣が4cm、左の卵巣が6cmの大きさになっていて、その病院ではホルモン療法の注射を半年打って、そのあと回復手術をしなければいけない。もう、様子を見ている場合ではありません、と言われました。すごくショックでしたが、そこは手術をする設備がないので、別の病院でMRIの検査をしてくださいと言われ、知り合いに勧められた病院へ行きました。まだMRIの結果は出ていませんが、その病院で診察してくれた先生は、左の卵巣は5cmで手術をするかしないかギリギリの線だし、子供が欲しいのならそっちの方向でチャレンジしてみれば?と言われ、手術もホルモン療法もすすめられませんでした。
別の病院では開腹手術を勧められたと言うと、腹腔鏡の手術で大丈夫、と言われ、医師によってこんなにも診断が違うのかと驚いています。
手術やホルモン療法は出来ればしたくありませんが、5cmや4cmの大きさの卵巣のまま何もしないで様子を見ていたのでいいのでしょうか。
ホルモン療法をするべきか、このまま子作りをしながら様子をみていくべきか悩んでいます。どうか、よいアドバイスをお聞かせください。よろしくお願いします。

2003.7.20 16:34

投稿する

もっと読む

専門家による不妊治療Q&A

ちゃん主婦 / 29歳


さくらさんこんにちは。
私は先月チョコレートのう腫の腹腔鏡下手術を受けました。
私の通っている大学病院では「この病院では4,5センチで手術を勧める方針です」と言われました。
病院・先生によって方針は様々だということです。
さくらさんの大きさなら、開腹ではなく腹腔鏡手術を勧められると思うのですが…。


私も子供が早く欲しくて個人の婦人科を受診し、チョコが発見されました。
そこでは「半年ホルモン療法をして腫瘍を小さくしてから、手術する必要がある大きさか判断すればいい」と言われましたが、「ホルモン療法をやっても確実に小さくはならない」という説明を聞いて、大事な半年を無駄にしたくないと思い、腹腔鏡手術の設備がないその個人院を離れることに決めました。
紹介で大学病院を受診・検査した所、即手術という診断を受けました。
(内膜症は不妊の要因かもしれない)という不安をずっと持っていたので
お腹の中をすっきりさせての再スタートを望んでいました。
先生方の考え方(その後の不妊治療方針等含)が自分の不安を解消してくれるものだったので、私は即手術に踏み切りました。

手術では卵巣は全て残りました。
術後2週間目の診察では卵胞も確認されました。
術後の経過も予想以上の回復ぶりで、自分自身驚いてます。
子作りも即解禁でした!(これにはびっくり)
私は黄体機能不全もあるので、今後不妊治療に通う予定です。

それぞれ病状は違いますし、手術による癒着(腹腔鏡は開腹よりずっと小さいはずです)は避けられるものではありませんから、一概に手術をお薦めできるわけではありませんが「私の場合」という一例で参考にしていただければと思います。

がんばりましょうね!

2003.8.1 09:31

私もそう思う11

ちゃん主婦 / 29歳


さくらさんこんにちは。
私は先月チョコレートのう腫の腹腔鏡下手術を受けました。
私の通っている大学病院では「この病院では4,5センチで手術を勧める方針です」と言われました。
病院・先生によって方針は様々だということです。
さくらさんの大きさなら、開腹ではなく腹腔鏡手術を勧められると思うのですが…。


私も子供が早く欲しくて個人の婦人科を受診し、チョコが発見されました。
そこでは「半年ホルモン療法をして腫瘍を小さくしてから、手術する必要がある大きさか判断すればいい」と言われましたが、「ホルモン療法をやっても確実に小さくはならない」という説明を聞いて、大事な半年を無駄にしたくないと思い、腹腔鏡手術の設備がないその個人院を離れることに決めました。
紹介で大学病院を受診・検査した所、即手術という診断を受けました。
内膜症は不妊の要因かもしれない)という不安をずっと持っていたので
お腹の中をすっきりさせての再スタートを望んでいました。
先生方の考え方(その後の不妊治療方針等含)が自分の不安を解消してくれるものだったので、私は即手術に踏み切りました。

手術では卵巣は全て残りました。
術後2週間目の診察では卵胞も確認されました。
術後の経過も予想以上の回復ぶりで、自分自身驚いてます。
子作りも即解禁でした!(これにはびっくり)
私は黄体機能不全もあるので、今後不妊治療に通う予定です。

それぞれ病状は違いますし、手術による癒着(腹腔鏡は開腹よりずっと小さいはずです)は避けられるものではありませんから、一概に手術をお薦めできるわけではありませんが「私の場合」という一例で参考にしていただければと思います。

がんばりましょうね!

2003.8.1 09:31

私もそう思う11

ブックマークする

この投稿について通報する