• みんなの広場
  • 専門家Q&A
  • コラム

  • すべて

  • くらし身近な話題

  • 不妊治療治療と生活・健康

  • 妊娠・出産健康と生活

  • 子育て成長・教育・家庭

  • その他医療婦人科等の悩み

  • (駄)ココロと身体

  • すべて

  • 不妊治療Q&A

  • 漢方・鍼灸Q&A

  • 婦人科Q&A

  • すべて

  • くらしコラム

  • 不妊治療コラム

  • 妊娠・出産コラム

  • 子育てコラム

  • その他医療コラム

  • すべて
  • 人間関係
  • 健康
  • 仕事
  • 美容
  • ファッション
  • 家事
  • お金
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 漢方・鍼灸
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4〜6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月〜
  • その他
  • すべて
  • 0〜6ヶ月
  • 7〜11ヶ月
  • 1歳
  • 2歳
  • 3歳
  • 4〜6歳
  • 6歳以上
  • その他
  • すべて
  • すべて
  • 雑談
  • 独り言
  • 愚痴
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • すべて
  • すべて
  • 人間関係
  • 健康
  • 仕事
  • 美容
  • ファッション
  • 家事
  • お金
  • その他
  • すべて
  • 治療デビュー
  • タイミング
  • AIH
  • IVF
  • 顕微授精
  • 漢方・鍼灸
  • 二人目不妊
  • 男性不妊
  • 不育症
  • その他
  • すべて
  • 妊娠3ヶ月
  • 妊娠4〜6ヶ月
  • 妊娠7ヶ月〜
  • その他
  • すべて
  • 0〜6ヶ月
  • 7〜11ヶ月
  • 1歳
  • 2歳
  • 3歳
  • 4〜6歳
  • 6歳以上
  • その他
  • すべて
コラム   >   その他医療の広場   >   ホルモンの「バランス」とはなにか?

ホルモンの「バランス」とはなにか?

ホルモンの「バランス」とはなにか?

2017/7/19 林 康子 先生(やすこレディースクリニック)

体の調子が悪いと「ホルモンバランスが崩れている」と言ったりします。しかし、実はホルモンがどういうものなのかも分からず、そう口にしている人が多いのではないでしょうか? そこで、的確で親身なアドバイスで定評のあるやすこレディースクリニックの林康子先生に話を伺いました。

そもそもホルモンとは?

ホルモンとは体内で作られ、血液で運ばれて様々な臓器や体の部位に働きかける物質です。ホルモンは約70種類あると言われており、体内を一定に保つために、それぞれのホルモンが働いています。

例えば、すい臓から体内に分泌されるのがインシュリン。このインシュリンは血糖値を下げる唯一のホルモンなので、糖尿病の症状の改善には欠かせないホルモンとして知られていますよね。それと寝ている間に分泌される成長ホルモンも有名です。

多くのホルモンに共通しているのは、制御しているのが視床下部だということです。

 

女性ホルモンも視床下部でコントロールされている

女性が、体調が悪いときに「ホルモンバランスが乱れている」「ホルモンバランスが崩れている」と言う場合の「ホルモン」とは、「女性ホルモン」を指していますよね。女性ホルモンとは卵巣で作られるホルモンで、「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と、「黄体ホルモン(プロゲステロン)」があります。

●卵胞ホルモン(エストロゲン)……妊娠の準備をするための役割のほか、自律神経のバランスを保つ、血管を広げて動脈硬化を防ぐ、コラーゲンの合成を促成して皮膚の潤いを保つなど、女性として生きていく上で重要な役割を果たしている。
●黄体ホルモン(プロゲステロン)……妊娠継続をサポートする。ただし、生理周期の中で黄体ホルモンの分泌が増えると下腹部痛、腰痛、頭痛、吐き気などPMS(月経前症候群)の不快症状が出る人も。

この2つの女性ホルモンも、ほかのホルモン同様、視床下部が下垂体を経由し卵巣に司令を出すことで分泌されていることになります。

 

ホルモンの働きが悪くなるのはホルモンのせいではない!

視床下部は実に繊細。ちょっとしたストレスでも過敏に反応し、うまく指令を出せなくなってしまいます。つまり、「ホルモンバランスが崩れている」から体調が悪いのではなく、体調が悪い要因があるから、視床下部と卵巣のやりとりがうまく行かず、結果的に「ホルモンのバランスを崩してしまっている」ことが多いわけです。PMSなどは、視床下部がストレス反応を起こしていることも大きな原因の一つです。

では、どうすれば崩してしまった女性ホルモンのバランスを整えることができるのか? 視床下部へのストレスをできる限り減らしてみましょう。
そのためには、やはり食生活の改善、適度な運動で生活のリズムを整えることが基本中の基本です。

 

林先生より まとめ

乱れた食生活、まったく運動しないといったライフスタイルが、視床下部にストレスを与え、卵巣から女性ホルモンをうまく分泌できなくしています。だから、体調不良の原因をすべてホルモンのせいにしては、あまりにホルモンがかわいそうです。ホルモンは悪くないのです。
ですから、体調が悪いときは、摂取している食べ物に偏りはないか、運動はどの程度しているか、仕事などでストレスをためていないかなど、原因がどこにあるのかをチェックし、その改善から始めてみましょう。

 

お話を伺った先生のご紹介

林康子(やすこレディースクリニック)

平成元年日本医科大学卒業。以後、大学病院、横浜日赤病院産婦人科など勤務を経て、2003年、どなたも安心して受診できる産婦人科を目指し、横浜市都筑区にやすこレディースクリニック開業。モットーは「女性がより良く生きるために、正しい医療を提供する」。一人ひとりの悩みの解決を手助けできることがやりがい。婦人科一般のほか、婦人科検診、ピル外来、妊婦健診、更年期外来がある。親しみやすい人柄とわかりやすい説明で人気がある。林先生自身のストレス解消法は愛犬チワワのチェリーと散歩すること。
※院長ブログhttp://yasukoclinic.doorblog.jp/

やすこレディースクリニック

 

 


おすすめ


  • 1/2

人気


  • 1/2


  • 0 Twitterでシェア
  • 0 Facebookでシェア
  • 0 Google+でシェア
  • LINEでシェア