HOME > 不妊治療 > その他 > 高温期15日目で生理がこなければ妊娠しているの?
HOME > 不妊治療 > その他 > 高温期15日目で生理がこなければ妊娠しているの?

高温期15日目で生理がこなければ妊娠しているの?

コラム 不妊治療

高温期15日目で生理がこなければ妊娠しているの?

不妊に関して、みんなどんなことを知りたいと思っているのでしょうか。Webジネコなどで多く検索されているキーワードをピックアップ!テーマ別にドクターに詳しく解説していただきました。

2016.8.25

あとで読む




 


Keyword ≫ 高温期 15日目


高温期15日目で生理がこなければ確実に妊娠?


生理予定日の1日後にあたる高温日15日目を迎えると、妊娠しているかどうか気になる方が多いようですね。高温期を維持したまま生理がこなければ確かに妊娠している可能性が高いのですが、すべての方が15日目に確定するとはいいがたいところがあります。排卵日ぴったりに体温が上がっていないことも多く、少しずつズレが出てくると思うんですね。15日目ではなく、13日目や14日目に反応が出始める場合もありますし、高温期が1~2日長いという人もいるでしょう。
着床が完了したら、胎のうが形成され始め、体内のホルモンバランスが変わっていきますが、15日前後のこの頃はまだ体調に大きな変化が見られないという方がほとんどです。なかには胸の張りやムカムカするという症状を訴える方もいらっしゃいますが、本格的につわりの症状が現れるのは妊娠6週、7週になってから。「何となく胸が張っているような気がするから、妊娠したのかも」と思う人もいるようですが、妊活中だと排卵日がいつかというのをわかっているから、ちょっとした体の変化にも敏感に反応してしまうのかもしれません。
妊娠の確定は基礎体温や微妙な症状だけを参考にするのではなく、やはり病院できちんと調べていただくのが望ましいかと思います。
当院では尿で判定を行っていますが、胚が着床すると分泌されるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンの尿中濃度が4週で25mIU/mL
を超えていれば妊娠という判定を、5週を過ぎて胎のうが確認できれば、臨床的な妊娠が成立したと確定します。





あいウイメンズクリニック 伊藤 哲先生

順天堂大学医学部卒業、同大学院修了。順天堂大学医学部産婦人科学講師、国際親善総合病院産婦人科医長を経て、1999年あいウイメンズクリニック開院。日本生殖医学会生殖医療専門医。

≫ あいウイメンズクリニック




 




出典:女性のための健康生活マガジン jineko vol.31 2016 Autumn
≫ マガジンの記事がすべてご覧いただけます!



マガジンのお申込みはこちら


ジネコとつながろう!














【人気コラム】
ユーザーストーリー~あなたに伝えたいメッセージ~



【人気コラム】
田村秀子先生の心の玉手箱



【役立つ】
不妊についてもっと知ろう!不妊とは?



【おすすめ】
フリーマガジン「ジネコ」各号記事一覧




あとで読む

この記事に関連する記事

この記事に関連する投稿

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

Page
top