HOME > 不妊治療 > IVF > リスクと妊娠率のバランスを考えると低刺激法で6~8個が理想的だと思います ~体外受精の目安~
HOME > 不妊治療 > IVF > リスクと妊娠率のバランスを考えると低刺激法で6~8個が理想的だと思います ~体外受精の目安~

リスクと妊娠率のバランスを考えると低刺激法で6~8個が理想的だと思います ~体外受精の目安~

リスクと妊娠率のバランスを考えると低刺激法で6~8個が理想的だと思います ~体外受精の目安~

2010冬

2010.11.25

あとで読む



不妊治療は、医師の方針や患者さんの希望などで、さまざまな治療の選択肢があるのが特徴です。
そこで今回は、5人の先生に同じ質問をしてみました。





Question2
体外受精の際、目安(理想、目標)としている成熟卵の数、子宮内膜の厚さ、受精率(顕微授精含む)、培養液の種類について、基本としている治療方針をお聞かせください。



リスクと妊娠率のバランスを考えると低刺激法で6~8個が理想的だと思います


ジネコ:体外受精の際、たくさん卵子が採れたほうがそれだけ妊娠率も上がると考えている患者さんも多いようです。先生はどう思われますか?
京野先生:これまで、卵巣機能が正常な方にはロング法による排卵誘発が最も適していると考えられてきました。ロング法で卵巣を刺激すると、確かに12~13個ほどの卵子が採れ、なおかつ質のよいものも多く妊娠率も高いのですが、体にとっては刺激が強い。卵巣が腫れてしまうなど、OHSSのリスクも高くなるんです。採卵数が多いほうがいいと思われているかもしれませんが、実際は少なくても妊娠できてしまうことが多い。学会などでは、リスクをともないながら卵子をたくさん採る必要があるのか、という意見も最近出始めているんです。
ジネコ:もっと体にやさしい方法で、採卵数も適度に、ということですか。
京野先生:ロング法よりマイルドな低刺激法が徐々に注目され始めていて、この方法だと採卵数は6~8個ほどが目安となります。ロング法と比べると卵子の数は少し減りますが、妊娠率は大きくは変わらないと思います。何よりも注射の量が減るので、患者さんの肉体的、経済的な負担が少なくなるのがメリット。副作用も軽減されると思います。
ジネコ:刺激が少ないということで考えれば、自然周期の採卵でもいいのでは?
京野先生:確かに自然周期であれば、患者さんへの負担はほとんどありません。ただ、産まれてくるお子さんの率はどうでしょうか。
不妊治療を受けている患者さんが一番望む条件は妊娠することです。一度に卵子が採れる確率というのはだいたい7~8割程度。受精率は80%くらいだとすると、受精卵が得られる確率は64%くらいまで落ちてしまうんですね。胚盤胞まで育つのはその半分程度。それを移植して妊娠するのはさらにその半分くらいですから、15%に。流産する確率も考えると、最終的な生産率というのは1割程度になってしまう。卵子が少なければ、やはり赤ちゃんが生まれるチャンスは減ってしまうんです。
そこで、採卵数も適度で凍結も可能、なおかつ副作用が少ないロング法と、自然周期の中間である低刺激法に注目が集まっているんです。
ジネコ:強い刺激をして卵子をたくさん採って、という考え方は変わりつつあるのですね。では、体外受精による妊娠に影響があると言われる培養液の状況はどうでしょうか。
京野先生:当院では常に2~3種類の培養液を使っています。患者さんによって、合う・合わないがあるようですね。結果が出ない場合は培養液の種類を変えてみるのも一つの方法だと思います。
現在、日本で使われているのは外国から輸入しているものですが、今、日本人の体質に合わせた培養液が国内で研究されています。培養液がさらに完璧になれば、妊娠率ももっと高くなる可能性があるのではないでしょうか。



福島県立医科大学卒業後、東北大学医学部産科婦人科学教室入局。体外受精の第一人者、鈴木雅洲教授に学ぶ。1995年、レディースクリニック京野(大崎市)開院。2007年、京野アートクリニック(仙
台市)開院。

≫ 京野アートクリニック

 




 





【特集】 先生の治療方針聞かせてください!


Question1:体外受精の胚移植


着床率が高いのは一度凍結させた胚の自然周期での移植だと考えています


妊娠率を上げるために胚盤胞で凍結させた胚の移植を基本に考えています


胚盤胞まで育てた受精卵の移植で、さらにすべて凍結してシート法で戻す方法を基本としています


初回は初期胚移植で。なるべく手を入れず、シンプルにいったほうがいいと思います


良好な胚盤胞を得ることが妊娠率を上げるポイントだと考えています


Question2:体外受精の目安


目安はあくまで目安、問題にぶつかった場合に他院の先生方との連携も重要だと感じています


初回採卵での高い妊娠率を目標に、患者さんに適した刺激法を選択します


卵巣予備能力=抗ミュラー管ホルモン(AMH)を一番の目安としています


成熟卵を多く採ることよりも、患者さんに合った卵巣刺激法を選ぶことが大切


Question3:ステップアップについて


女性の年齢と卵巣予備能力、精子の状態、治療回数、不妊原因を総合的に加味して考えています


基本的なデータを参考にしつつもご夫婦そろって納得できるかが決め手になります


生活や個人によって基準はそれぞれ。時にはジャンプアップも提案します


ステップアップ治療は一つの目安。治療のプランや内容を知ることで不安は解消。


まずは効果的な治療方法や妊娠率などの情報を提供。ご夫婦の意思を最優先して一緒に決めていきます





あとで読む

この記事に関連する記事

この記事に関連する投稿

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

Page
top