HOME > くらし > 健康 > 【納豆とアボカドのチーズ春巻き】体にいいものを美味しく食べよう!Jineko Cooking
HOME > くらし > 健康 > 【納豆とアボカドのチーズ春巻き】体にいいものを美味しく食べよう!Jineko Cooking

【納豆とアボカドのチーズ春巻き】体にいいものを美味しく食べよう!Jineko Cooking

コラム くらし

【納豆とアボカドのチーズ春巻き】体にいいものを美味しく食べよう!Jineko Cooking

今号から新連載! 旬の食材を使った簡単で美味しいレシピをご紹介します。体は食べたものからできているので食べ物から栄養をしっかり摂って、健康な体を作りましょう! 作り方をわかりすい動画で観ることもできるのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

2020.2.25

あとで読む

※2020年2月25日発刊「女性のための健康生活マガジン jineko vol.45 2020 Spring」の記事です。


村川先生から
当院は、妊娠を望んだ方から出産・育児まで一貫したサポートをしているクリニックです。
医療の視点から、妊活の身体づくりをはじめ離乳食までひとつひとつのステージでの食育を大事にしています。新しい命を育むには食事はかけがいのないことです。食事は、美味しく頂いて幸福感を味わう、誰かおしゃべりをしながら楽しいひとときを過ごすという「心地いい」時間と空間を得られるものであり、それもまた妊活に良い影響を与えるのだと思います。食事という自然が産み出す力を味方につけ身体づくりをしてほしいと願っています。

お話を伺った先生のご紹介

村川晴生先生(仙台ソレイユ母子クリニック/院長)


〈略歴〉
1999年 新潟大学医学部卒業 医学博士
1999年~宮城県岩沼市スズキ記念病院婦人科科長
2006年~仙台市吉田レディースクリニック・IVFセンター副院長
2016年~仙台ソレイユ母子クリニック・ソレイユ生殖医療センター開業
〈有資格〉
日本生殖医学会認定生殖医療専門医
日本産科婦人科学会専門医
日本卵子学会認定生殖補助医療胚培養士
〈趣味〉
登山(春・夏山限定)

≫ 仙台ソレイユ母子クリニック

レシピ監修

萱森有希さん(仙台ソレイユ母子クリニック/管理栄養士)


2007年東京家政大学卒業、2007年より神田のベルギー郷土料理レストラン「Champ de Soleil」勤務、2011年より副料理長を務める。2016年より仙台ソレイユ母子クリニックに。調理師、国際薬膳師の資格ももつ。

レシピ


腸内環境を整えたい方に
<納豆とアボカドのチーズ春巻き>
材料(2人分)
・ひきわり納豆…2パック(100g)
・白すりゴマ…大さじ1(5g)
・アボカド…1個(正味約100g)
・クリームチーズ…2個(36g)
・春巻きの皮…4枚
・醤油…小さじ1
・黒コショウ…少々
・スイートチリソース…大さじ1
(お好みで)
・ 水溶き小麦粉…(小麦粉・水 各大さじ1)
・オリーブオイル…大さじ3
材料(2人分)
①納豆に醤油とゴマを加えて軽く混ぜる。アボカドは縦に8等分する。クリームチーズも細長く切っておく。

②春巻きの皮に①をのせてコショウを振って水溶き小麦粉をつけて包む。多めのオリーブオイルをひいたフライパンで皮が色づくまで両面焼く。

③器に盛り、お好みでスイートチリソースを添える。

▶レシピ動画はこちら


★POINT
油で揚げない簡単春巻き。抗酸化物質を含むアボカド・納豆・ゴマを使用。納豆は葉酸・亜鉛ともに手軽に摂取することができます。

ここで紹介したレシピや離乳食レシピ、育児情報などを動画で見ることができます。
妊娠・出産・子育てに役立つ「MAMADAYS」



出典:女性のための健康生活マガジン jineko vol.45 2020 Spring
≫ 掲載記事一覧はこちら


あとで読む

この記事に関連する記事

この記事に関連する投稿

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

Page
top