HOME > 不妊治療 > 顕微授精 > 胚盤胞に育たない受精卵を移植しても無駄でしょうか?
HOME > 不妊治療 > 顕微授精 > 胚盤胞に育たない受精卵を移植しても無駄でしょうか?

胚盤胞に育たない受精卵を移植しても無駄でしょうか?

胚盤胞に育たない受精卵を移植しても無駄でしょうか?

胚盤胞に育たない受精卵を移植しても無駄でしょうか?

2013.10.16

あとで読む




相談者
まめたろうさん(40歳)
■今年1月から不妊治療を開始し、2度の体外受精を顕微授精で行いました。1度目は2個採卵し、1個を初期胚移植、もう1個は胚盤胞を目指して培養するも育ちませんでした。2度目は1個採卵して胚盤胞まで育ちましたが、凍結できる大きさにはならなかったとのことで廃棄。私の場合、胚盤胞まで育てるのは難しいのかもしれないと思ったので、次回は初期胚か桑実胚で挑戦したいと医師に伝えましたが、それはできないと言われました。胚盤胞が一番妊娠する確率が高いそうですが、どれくらい差があるのでしょうか。胚盤胞にならない受精卵を早い段階で移植しても着床せず、結局は無駄になるのでしょうか?



ジネコ:受精卵が胚盤胞まで育たず、初期胚での移植を希望しても、医師に応じてもらえないというご相談です。


渡辺先生:当院でも胚盤胞移植を推奨していますが、その理由は胚盤胞の妊娠率が一番高いからということではありません。もともと妊娠できる力を持った胚であれば、初期胚や桑実胚の時期に移植しても妊娠に至る確率は高いのです。ただ残念ながら、移植前にその胚が妊娠の可能性のある胚に育っているかどうかを見極めることは難しい。つまり初期胚移植の場合、まだ赤ちゃんになる可能性がわからないままに移植を行っていることになるのです。移植後は黄体補充ホルモンの投薬が増えるので、費用や体への負担も少なくありません。当院が胚盤胞移植を推奨するのは、無駄な移植や投薬を避け、患者さんの負担を少しでも軽減したいという理由もあるのです。


ジネコ:治療してもらう側からすると、初期胚でもしかしたら……と期待してしまう気持ちもあると思います。


渡辺先生:私は状況を説明して、患者さんが選択できたほうがいいと思います。移植できなかったことによって精神的に受けるダメージもあるでしょう。まめたろうさんのように、あるいはそれ以上に採卵しても胚盤胞にならず、胚移植できない状態が続くと、可能性は低くても移植したいという方もあり、それで妊娠に至る場合もあります。培養では胚盤胞に育たなかった胚が、初期の段階で体内に戻すことによって妊娠に至る可能性も否定はできませんが、同じ胚で比較できないので正確なことはわかりません。もしまめたろうさんが初期胚移植をしてみたいのなら、それが可能な施設に転院されるのも一つの方法かと思います。



渡辺 浩彦 先生
滋賀医科大学卒業後、京都大学医学部附属病院産婦人科、大津赤十字病院、済生会茨木病院などを経て、1971年から不妊治療を行っている父親の病院を継承。不妊治療から分娩まで手掛け、365日24時間の診療体制をとる。O型・おとめ座。最近は不妊治療がメディアに取り上げられる機会も増えて、NHKの情報番組で取材されたり、コメントを求められることもしばしばという先生。生殖医療の専門家として、社会に正しい情報を発信することも大切な使命と考えています。





不妊治療 顕微授精のコラムはこちら




あとで読む

この記事に関連する記事

この記事に関連する投稿

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

Page
top