HOME > 不妊治療 > その他 > 次にいつ生理がくるか分からず、生理不順。このまま待ち続けても…
HOME > 不妊治療 > その他 > 次にいつ生理がくるか分からず、生理不順。このまま待ち続けても…

次にいつ生理がくるか分からず、生理不順。このまま待ち続けても…

コラム 不妊治療

次にいつ生理がくるか分からず、生理不順。このまま待ち続けても…

次にいつ生理がくるか分からず、生理不順。このまま待ち続けても…

2014.12.18

あとで読む




相談者

ちょこ さん(33歳)


今回初めて体外受精に進みましたが、なかなか卵が育たず、排卵予定日前日に中止になりました。このままタイミング法に切り替わるのかと思ったら、医師から「今ある卵はきっと水しかないから(タイミングしても意味がない)」と言われ、現在次の生理待ちです。でも生理不順で次にいつ生理がくるのか分からない状態です。体外受精に入るために今回の生理も薬で起こさせました。今回の生理周期は49日。薬を使わなければまだ延びていたと思います。前回は32日、前々回は43日でした。現在は25日目です。体温はまだ低温のままです。次の体外受精がどんどん遅れていくことを考えると、起こるかどうか分からない排卵を待つより、現時点で薬を使って生理を起こさせる方向に切り替えたほうがいいでしょうか?




-- ちょこさんの治療内容について、どう思われますか?


絹谷先生: ちょこさんの場合、どうして体外受精に至ったのか、この質問内容だけではわからないですが、察するに原因不明の不妊ではないでしょうか。卵が採れるはずの予定日前日に中止になったということですから、おそらく卵巣の反応性が悪かったのだろうと思います。ただ、医師からは「生理を待とう」と言われているのだから、卵を採るのは中止になってしまったけれども排卵はあったのかも知れません。排卵がなければいくら待っても「生理」がきたりしませんから。ちょこさんはもともと生理不順ということですが、生理がくるということなので不規則なだけで全くの無排卵ということではないのでしょう。だけど生理不順があるので、薬で生理を起こしているのでしょうね。生理周期についてもまちまちで気になさっているようですが、薬をいつ服用するかによって周期は変わってきますので、そのことはあまりに気にされなくて大丈夫ですよ。

現在25日目で、低温のままという状況なので、このまま待っていても当分、生理はこないはずです。しかしながら医師は「生理を待とう」という判断をされていることが、この質問内容だけではなぜなのか分かりません。


-- ちょこさんにアドバイスをお願いします。


絹谷先生: これまでの経過が不明ですが、卵が採れていない状況で、今が既に月経周期の25日目で基礎体温が低温のままであることから、僕としては、まずは薬を使って月経を起こさせたほうがいいと思います。ただ、その後どうするかが重要です。また、生理不順でいつ生理があるか分からない方なので、きっと排卵しにくい状態にあるのだと思います。33歳と年齢的にはまだ若いですが、不妊の原因として解決しなければならない、一つのポイントでしょうね。通常は体外受精にステップアップする前に、不妊の原因は調べられているはずです。まず、なぜ排卵しにくいのかを調べ、それに対する治療を進めるのがいいでしょうね。

既に試されているかも知れませんが、内服薬やHMGやFSHの注射剤などを工夫して用い、なんとか卵を採れるようにしないと妊娠できません。ちょこさんの場合、どうやって卵を育てて採るかということがとても重要となるので、このことを担当の医師としっかりと相談して治療を進めていってください。また、もし不妊の原因についてまだあまり調べられていないのであれば、ぜひよく調べてみてください。


-- 一般的に生理不順の場合、どのような治療をするのでしょうか?


絹谷先生: まずはホルモン検査(LHーRHテスト、卵巣ホルモン、プロラクチン、甲状腺ホルモン、AMH等)や超音波検査で排卵障害の原因を特定し、その結果を踏まえて治療の方針を決めます。体外受精は卵管の代わりをしてくれる治療法ですが、卵子の状態や受精障害の有無、また胚が発育できるのかなどを知ることができます。したがって、卵管性不妊の方だけではなく、原因不明不妊の方にも体外受精を行うようになってきています。ただ、排卵障害を解決する治療法ではありません。




絹谷 正之先生


愛媛大学医学部卒業。広島大学医学部産科婦人科学教室入局。その後、東京の山王病院リプロダクションセンターにて高度生殖補助医療研修、顕微授精を修得。1999年にはカナダ、アメリカにて高度生殖補助医療研修を行う。2000年、絹谷産婦人科副院長、2002年より院長に。広島県産婦人科医会常務理事。ISO9001やJISART(日本生殖補助医療標準化機関)の認定を2010年~2011年に取得。プロ野球・広島東洋カープの野村監督辞任のニュースを受けて、「実は僕の夢は1試合でもいいからプロ野球の監督になること。自分の好きなようにスタメンを決めて采配してみたい」と野球ファンならではの夢を語っていただきました。




あとで読む

この記事に関連する記事

この記事に関連する投稿

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

Page
top