HOME > 質問広場 > 不妊治療 > その他 > 流産後のいろんな事

流産後のいろんな事

2002.8.28 11:16    0 3

質問者: ニャンさん(秘密)

私は先月末、2度目の流産をしました。
たくさんいろんな事を考えすぎてぼんやりとしてしまう事も多いのですが、それよりも生理が来るまでは何もできないという今のストレスの方が心を占めています。
今回こそは不育症の検査をしてみようと決めているので、あと何日かしたら生理がくるから・・と少しでも何か動ける理由を探し、今の辛さと戦っています
お盆休み中、母と買物に行ったのですが、もう今となっては自分や夫の物を買う気持ちも無く、ベビー用品のお店の前を通るとお互いに黙ってしまう・・なんて事があると申し訳なく感じてしまいます。
母には2度目のことは余計な心配をかけるだけなので話していないのですが、私も小さい小さい靴下やおもちゃを正々堂々と見て買いたいです。
母親にも孫の物を一緒に見て買物をしたりしたいです。
父は父の田舎などに行くと、誰もあまり遊んであげなくなったもう小学生低学年くらいの少し大きくなった男の子とずっとずっと遊んでいるそうです。
この夏も汗びっしょりになって魚釣りをしたり、あの父がテレビゲームの相手をしたと聞きました。
他の親戚は自分の息子や娘に子供が居て自分の孫がいるから、なついても知らん顔なのだそうですが、父は行く前に好きそうなお菓子やおもちゃを買ったりで、こんな話をただの「おもしろい話」として私に話してくると本当に切なくなります。
誰も私を責めずに、子供に関する話題も気を使ってくれている為一切しないです。
だんだん親も年をとり、今が二人とも一番健康でそれなりによい時のような気がします。
こういう時に近くに小さい孫がいたら、もっと生活に張り合いが出て、安心できるのではと最近はこんな事まで考えてしまいます。
私が健康で元気な赤ちゃんを産む事ができたら、私達夫婦だけでなくまわりのみんなまで幸せに思えると思います。
今はどちらかといえば辛くて悲しい事の方が多いですが、こんな事を考えながら前向きに待つ事しかできないので・・ついついグチになってしまいました。
読んでくださった方、ありがとうございます。


応援する あとで読む

この投稿について通報する

回答一覧

ニャンさん

私も流産の心の傷を完全に乗り越えたわけではないので
うまくは言えないけれど,周りの人の温かさにささえられて生活しています
文章から察するとニャンさんの周りの人もとってもいい人みたいですね.
そんな人達だから余計に「なにかしてあげたい」と思うだろうけど
ニャンさんが元気で居ることが一番うれしいと思ってらっしゃると思います
あまり気を遣いすぎないで,元気になってください
お互いがんばりましょうね

7

わかこ(30歳)

私も先日流産してしまいました。
そしてニャンさんと同じように考えていて涙が出てしまいました。
私も父が親戚の子と遊んでいたり、子犬をだいている姿を
見ると私の子供だったらよかったのに・・・と思います。
今は夫婦の為だけでなく父や母の為にも早く子供が出来る事を願っています。


8

あゆ(33歳)

とりとめのないグチばかりの内容なのに最後まで読んでくれてどうもありがとうございました。
本当に血縁というか、血のつながりという物はものすごく深いものだと痛感させられます。
自分が早く元気にならなければ次に向けて動く事もできないのだから、こんな事を考えてはまた落ち込む・・なんて本当に無意味なのですが、大切な両親の喜ぶ顔を早く見たくてなんだか考え込んでしまいました。
いつか親に孫を抱かせてあげられる日がくるまで、何があってもくじけずに前に進んでいこうと思いました。
私にとっては流産の辛さを忘れるには妊娠しか思い浮かばないです。
周りの人に感謝しつつ自分も強くなっていつかは恩返しをしたいと強く思いました。

13

ニャン(秘密)

1975

この投稿について通報する

この記事に関連する記事

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

相談
する

Page
top