HOME > くらし > その他 > 見て楽しい! 参考になる! つながれる! 注目のインスタグラマー
HOME > くらし > その他 > 見て楽しい! 参考になる! つながれる! 注目のインスタグラマー

見て楽しい! 参考になる! つながれる! 注目のインスタグラマー

コラム くらし

見て楽しい! 参考になる! つながれる! 注目のインスタグラマー

妊活中の人も多く利用しているInstagram。 今回はその中でも人気が高く注目したいインスタグラマーさんを紹介します。

2018.8.25

あとで読む


妊活中の人も多く利用しているInstagram。 写真やイラスト、手描き文字を投稿して治療のことやその時の気持ちなどを発信しています。 今回はその中でも人気が高く注目したいインスタグラマーさんを紹介します。


 


※2018年8月27日発刊「女性のための健康生活マガジン jineko vol.39 2018 Autumn」の記事です。



豚子 さん (welcome.baby.365)



 


★Profile
30代前半の豚子です! 結婚3年目、妊活も3年目です。橋本病、高プロラクチン、高AMHが発覚し、不妊治療(今は人工授精)をしています。現在、体外受精に向けて準備中!


 


★Instagramを始めたきっかけ
結婚して、すぐ授かると思っていたら、あっという間に1年が過ぎていました。婦人科で検査してもらうと、橋本病という甲状腺の病気が発覚。甲状腺の病気が不妊に関係しているなんて、知りませんでした。インスタで検索すると、同じような方がたくさんいて、とっても勉強になりました。同じように不妊で悩む方が、甲状腺と不妊との関係を知るきっかけになれば…と思い、インスタを始めました!


 


★Instagramをやっていて良かったこと
仲間がたくさんいると思えたこと。自分だけがブラックな気持ちになっているわけじゃないことがわかって、自分を嫌いになりかけていた気持ちが少し穏やかになりました。メッセージやライブで仲間と話したり、投稿に温かいコメントをいただいたりすると、前向きに頑張ろう!って気持ちになれます。周りに不妊で悩んでいる友達がいない私にとって、本当に心の支えになっています!

≫ 豚子 さんのインスタはこちら


 




ひゆ さん (hiyu04)



 


★Profile
結婚3年目、30代専業主婦です。仕事は辞めて治療に専念しています。寝込むほど生理痛や貧血が酷く、妊娠を目指して体質改善に取り組んでいます。


 


★Instagramを始めたきっかけ
前の職場では妊娠を上司に止められていたため(今思えばパワハラ笑)、転勤し入籍してから1年で妊活開始。毎年子宮頸がん検診に通い、異常はなかったのですが、転勤後、酷い生理痛で寝込みました。病院に行くと内膜症とチョコレート嚢胞が発覚。妊娠しづらいとのことでした。キャリアを諦め、妊娠を最優先にしてきましたが、一人での治療は孤独で、同じ境遇の方と気持ちを共有したいと感じ、インスタを始めました。


 


★Instagramをやっていて良かったこと
インスタだと実際に治療して妊娠した方や治療中の方の生の声を聞くことができます。同じ内膜症の方の、「こうすればよかった」という意見も、治療方針を決めるうえで、大変参考になりました。また、落ち込んでいる時、悩んでいる時にたくさんの視点でアドバイスをもらえることもありがたいです。
さらには、インスタを通じてオフ会などに参加したり、同じクリニックに通う仲間にも出会うことができました。

≫ ひゆ さんのインスタはこちら


 




ゆきつへ さん (yukkyukippe_baby)



 


★Profile
不妊治療3年、9月で40歳。夫51歳。右側卵管閉塞。体外受精3回目の移殖で陽性判定→9W稽留流産。現在採卵7回。毎日の妊活ごはん、妊活情報等。☆やれる事は全部やる☆


 


★Instagramを始めたきっかけ
もともと妊活専用アカウントを分けてなかったけど、不妊治療を始めてからインスタでも治療に関する検索をするように。料理にも『#妊活レシピ 』のタグをつけ始め、治療が進むにつれ、もっと露骨にいろんなことを書きたい、流産したことで同じ境遇の方とも関わりたい、年齢の近い人と一緒に頑張りたい、自分の妊活方法が誰かの役に立てば…と思ったのがきっかけです。子持ちの友達からの軽々しいコメントからも逃げたくなったのが妊活アカを分ける最後の一押しに。


 


★Instagramをやっていて良かったこと
気持ちの切り替え、情報交換が増えました。採卵前、嫌で嫌でネガティブな投稿をしてもフォロワーさんが寄り添ってくれました。胚盤胞まで育てば一緒に喜んでくれます。「料理を参考にしてます」なんて言われた時には嬉しくて嬉しくて(笑)。軽い下ネタも書いたり読んだりして爆笑できるのも妊アカならでは。SNSで人の支えを感じ、一人じゃないって思えます。年上の方の陽性には勇気をもらい、どうか育ってほしいと、妊活で荒んだ心も人を想える気持ちを取り戻させてくれます(笑)。

≫ ゆきつへ さんのインスタはこちら


 




miiko さん (sk.km.b.miiko)



 


★Profile
結婚・妊活2年目突入。
親友のようなアラサー夫婦はポジティブ妊活がモットー。
2018年6月クリニックデビュー。


 


★Instagramを始めたきっかけ
入籍前から、結婚後すぐに授かれると思っていたものの、なかなか授かれず"不妊""妊娠したい"を検索する毎日。いろんなことが重なり、自律神経失調症を発症。このままではダメだと思い、落ち込んだり涙する毎日の中に少しでもポジティブを見つけて楽しもう! 同じように悩んでる方と交流したいと思い、妊活の記録を残すことにしました。


 


★Instagramをやっていて良かったこと
なかなか相談する相手のいない妊活。不安、焦り、迷いを同じ気持ちで共感してくれて、慰めてくれるフォロワーさんがたくさんいてくれます。悩んでいるのは一人じゃないと実感でき、同じ境遇の方からの妊娠報告もすごく励みになります。たまに、主人の愚痴を言い合って、他愛もない話でクスッとして、今の私には大事な場所です。

≫ miiko さんのインスタはこちら


 



出典:女性のための健康生活マガジン jineko vol.39 2018 Autumn
≫ 掲載記事一覧はこちら




あとで読む

この記事に関連する記事

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

Page
top