HOME > 不妊治療 > タイミング > 【Q&A】エストラジオールの数値について-北村先生
HOME > 不妊治療 > タイミング > 【Q&A】エストラジオールの数値について-北村先生

【Q&A】エストラジオールの数値について-北村先生

専門医Q&A 不妊治療

【Q&A】エストラジオールの数値について-北村先生

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)で重度の排卵障害。卵胞が育ってきているのにE2が低いのはなぜ? 明大前アートクリニックの北村先生にお答えいただきました。

2021.4.5

あとで読む





相談者:しゃけさん(37歳)



エストラジオールの数値について
私はPCOSで重度の排卵障害です。ゴナールエフとHMGでの刺激をして、タイミング法で治療をしています。なかなか排卵せずにリセットになってしまうことも多いのですが、前回初めて無事に排卵しました。しかし結果は化学流産となってしまいました。
今回の周期は、前回と同様に注射での刺激をし、卵胞が14ミリまで育ちました。その他いくつかの卵胞も少し大きくなっていました。しかし、血液検査の結果、エストラジオールは21.5でした。そして微量ですが出血もあります。ちなみに、前回排卵した周期では順調に卵胞が育った為、血液検査していません。
刺激して卵胞が育ってきているのにE2が低いままというのは、どういう状態なのでしょうか。




北村先生からの回答




レトロゾールは、アロマターゼのインヒビターなのでエストラジオールを抑制します。その為に低値になっている可能性が高いと思います。

微量の出血は、排卵が近づいていることによるものなのか、あるいはその周期には排卵し難くなって、だいぶ遅れていることで出血しているのか不明です。


 



[無料]気軽にご相談ください

お話を伺った先生のご紹介

北村 誠司先生


荻窪・虹クリニック院長を経て、2018年2月に「明大前アートクリニック」を開院。
1989年より、IVF及び内視鏡下手術に従事。子宮鏡下手術による胚移植の改善、腹腔鏡下手術による子宮筋腫、内膜症の解消・改善を図ると同時に、妊娠困難症例に対しても新しい治療法を取り入れている。また、クリニックでは男性不妊も含めた高度生殖医療にも対応。新しいクリニックは白を基調としたスタイリッシュな雰囲気。最近、スポーツバイクを購入し、通勤されているという快活な先生です。


≫ 明大前アートクリニック

image


あとで読む

この記事に関連する記事

この記事に関連する投稿

女性のためのジネコ推薦商品

最新記事一覧

Page
top